ジンボリー

今日は、タングリンモールのジンボリーへ。
ジンボリーは子供の室内遊び場で、たくさんの遊具があります。
日中からだを思い切り動かさせるには良いところ。
ただ利用料がかかりますが・・・。
普段は年齢別で体操教室をやっているのだけど、だいたい毎日午後12時から14時までフリーの時間で開放しているので、週1回通っています。

日本に一時帰国していたF子さん、みーちゃんとは3週間ぶり。
2人ともかなりはしゃいでいました。
ナツはみーちゃんが大好き。2人ともおとなしいタイプなので気が合うのだろうか。
ふたりで跳ねたり寝転がったりと真似っこして笑い転げていました。

しかし、ナツは来月から幼稚園に行くので、ジンボリー通いも今月いっぱいで終わりです。
最初はたくさんいたジンボリー仲間も、本帰国したり、幼稚園に通い始めたりと徐々に減っていき、今は2人になってしまいました。
みーちゃんもそろそろ幼稚園を考えているそう。
最近は、ジンボリーに来ているのは0歳代から1歳代の子達が増えていて、ああもう卒業なのねと寂しい限りです。

最初に行ったのは10ヶ月のときでした。
あの頃はまだつかまり立ちしか出来なくて、滑り台につかまってただ立っているだけでした。
それからしばらくは、1時間しっかり楽しんで欲しいのに、30分くらいで嫌がって泣く、自分から遊具に近づかない、私が誘ってもすぐやめてしまうということが続きました。
正直もう通うのやめようかなぁと思うときもあったけど、2歳過ぎごろから徐々に積極的になってきて、今は、自分からどんどん遊具に登って行ってしまうし、終わりの時間になっても帰らないと言うほど。
本当に成長したね。

今度のステップは幼稚園。本当に頑張って欲しい。
幼稚園で、積極性とやる気を身につけて欲しいな。
今回幼稚園に入れるのを決めたのも、2歳位からどんどん周りのお友達が幼稚園に通いだし、すごくしっかりしたり、自立したのを見てうらやましいのと、遅れをとってはならないと思ったから。
でも決して、焦ったわけではないのです。
ちょうど1年前、こういうのんびりな子は早めに集団に入れた方がいいよという先生のアドバイスで幼稚園を探したことがありました。
しかしその頃はまだ歩けなかったし、集団生活をさせるのはどう考えてもまだ無理だと、うやむやになってしまいました。
しかし今、まだまだ不安は山積みなものの、今なら園へ行っても楽しめるのではないかと思えました。
幸いとてもよい園に出会えたし、幼稚園で成長することを私自身が期待できる。
きっといい時期に来たんだと思います。
ナツ、ママと幼稚園生活を楽しもうね。

by mineyom | 2005-06-09 23:46 | ナツの毎日