皆さんご無事ですか

地震から4日目です。
皆さん、大丈夫でしたか。

我が家のあたりは震度5強でかなり揺れましたが、棚のものが落ちたり、倒れたりするくらいで無事でした。
ちょうどナツは学校をお休みしていたので、地震発生時、私と一緒に家にいました。
激しい揺れにナツは泣いていましたが、ガスが直後に止まっただけで、電気も水道も通常通り使えました。
しかし、近隣地域ではしばらく停電していましたし、歩いて20分のところにある実家の地域では未だ断水したままです。
給食センターのボイラーが壊れたということで、終業式の前日23日まで給食がある予定でしたが、昨日から給食なしで、下校が12時になっています。

今はインターネットから義援金に協力するため、パソコンを使いましたが、少しでも節電に協力したいという思いでパソコンの使用を控えていました。
病院など、電気を必要とするところへ間違いなく電気を届けて欲しいと思います。
しばらく計画停電も続きますし、この後またパソコンの使用を控えたいと思います。

東北の地域の甚大な被害には、胸が締め付けられるようです。
被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
どうか、1人でも多くの方が救助されますように。
どうか、一刻も早く、支援の手が届きますように。

節電や、義援金の協力など、これからも私のできることを続けていきたいと思います。

by mineyom | 2011-03-15 11:51 | 日々の出来事

地図で世界旅行

Google Earth使ったことありますか?
ずっとやってみたかったんですが、使わずじまいで、今更はまってしまいました。
今は日本語にも対応してて、使いやすくなりましたね。

Google Earthは無料でインストールして、すぐに遊べる地図ソフトです。
衛星写真によって、宇宙から世界各地を覗き見できちゃう、新しいデジタル地球儀。
d0065459_9223853.jpg
Google Earthを起動するとまず出てくるのが、この宇宙に浮かぶ地球。
ここから目的地目指して急降下します。

まずはお約束(?)自分の家を探してみました。
今住んでいるところはあまりまだ土地勘がないので、子どものころから馴染んでいる実家を。
ギリギリまで近寄れるので、思った以上に細かいところまではっきり見えました。
よく遊んだ公園や、実家の団地前の駐車場に父の車がはっきり見えてびっくり。
今にも父が出てきて車に乗り込みそうで、怖いくらいでした。
d0065459_9225466.jpg

続いて外国へもひとっ飛び。今まで行った中で一番印象に残っているドイツのハイデルベルグに行ってみました。
地名を入れてSearchボタンをおせば、飛行機よりも早く、まるで自分が光速に乗ったようなスピードで、千葉からユーラシア大陸を横断してものの数秒でドイツに着いてしまいました。
このすっとび感が面白くてはまります。
d0065459_923788.jpg
歩いて回った街を空から眺めると、ああ、確かにこんな地形だったなぁと、別の視点から見れて面白いです。
あの時歩いた街は、変わらずそこにあるんだなぁと懐かしさがこみ上げてきました。

こうなると、いまだ行ったことのない場所を見てみたくなりますよね。
ただ想像するしかなかった、憧れの場所が眺められてしまうんですから。
Google Earthには、主要な観光地はあらかじめ登録されているので、地名を入れるだけで簡単に旅することができました。
ニューヨークのマンハッタン。
d0065459_13383850.jpg

ナイアガラの滝
d0065459_9233126.jpg

ピラミッド
d0065459_9234315.jpg

ピサの斜塔
d0065459_14423698.jpg

こうしてみて行くと、じゃああれはこれはと止まらなくなります。
私もマチュピチュ、グランドキャニオン、エアーズロック、ベルサイユ宮殿とあちこち飛び回ってしまいました。
私はまだ見てないですが、ナスカの地上絵も見えるそうですよ。

遠くから街全体を眺めたり、近くに寄って建物を探したりといろいろできちゃうのでいろんな角度から楽しめます。
学校や病院などの主要な施設や、公園、レストラン、ホテルなどを表示させることが出来るので、旅行前の下調べにもなって便利です。
今はGoogle Earthのガイド本がたくさん出ているので、参考にすると手軽に使えると思います。

しかしこのGoogle Earthを使って、私はワクワクよりも、ドキドキしちゃいました。
本来行かなきゃ見れないはずの場所、もしかしたら一生見るはずがなかった風景を見ているなんて、なんだか神の視点を勝手に横取りしたような、禁忌を犯しているような気分になりました。
空からの視線というのが余計そう感じさせるのでしょうか。
ライブで見ているわけではないのに、あまりに細部まで見えるので、自分が地球を動かして支配している気分になってしまいます。
いや、このソフトは、そこが醍醐味なのかな。

自分だけの地球という発想は本当に面白いと思います。
しかしあちこち見て歩いているうちに欲が出てきて、地球だけでは飽き足らず、Google MoonやGoogle Marsなんかもできたらいいのにと思っちゃいました。
月や火星の表面が自由に見れたら面白いですよね。
衛星写真でできないのでしょうか。
火星上に新しい発見をしちゃったりして・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いたあとに調べてみたら、「Google Moon」も「Google Mars」もすでにあるんですね。
さすが!!

ただ見てみましたが、月面は「静かの海」周辺だけですし、画像もそれほど鮮明ではないので、Google Earthのように、月を一巡りというわけには行かないですね。

しかしいずれにしても家で気軽に、月や火星の表面が見れてしまうのですから、SFファンとしては感慨深いものがありますね。
そのうち宇宙探検しているような気分が味わえるソフトが出来るといいな。

by mineyom | 2007-01-29 23:30 | 日々の出来事

思い出の本

このブログに遊びに来ていただいている方の中で、「佐々木丸美」という名の作家をご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。
もう20年以上も前になってしまいますが、デビュー作の「雪の断章」が斉藤由貴さん主演で映画化されたので、それでご記憶に残っている方がいるかもしれません。
佐々木丸美さんは、昭和50年にデビューし、その後18冊の小説を刊行されました。
しかし昭和59年を最後に休筆されていて、長年根強いファンが新刊が出るのを心待ちにしていました。

長い休筆の影響か、いつしか佐々木丸美さんの本は書店から消え、非常に手に入りにくい希少本となっていました。
ネットオークションでも高値で取引されたりしていました。
私も10年以上前に、何とか全ての著作を手に入れようと、古本屋を探し回りました。
それでも見つからなかったので、今ならインターネットになるのでしょうが、当時発行されていた「じゃマール」という売ります買います掲示板のような雑誌で、結構なお金をかけて揃えました。
本棚に全ての著作が並んだのを見たときには、感無量だったのを覚えています。

そんな長年多くのファンに新刊が待たれながらも、既刊本さえ全く見かけない、入手するのも難しいという寂しい状態が続いたのですが、昨年暮に、なんと全巻復刊されることになりました。
数年前から熱心に復刊運動をされている方がおられて、HPで復刊希望を募ったり、佐々木丸美さんご本人にお会いして、お願いに上がったりしているのは知っていました。
しかしご本人は、復刊には乗り気ではなかったようなので、大いに期待しつつも、もう佐々木丸美さんの著作が日の目を見ることはないのかと思っていました。

しかし平成17年の12月、佐々木丸美さんが突然お亡くなりになってしまいました。
まだ56歳の若さで、いつか佐々木丸美さんの新作が読みたいと思って待ち続けた多くの読者に衝撃が走りました。
その後、ファンの強い希望と、佐々木丸美さんのご親族のご好意などもあり、復刊が決まりました。
ご本人が復刊を決めかねていたのに、今こうして続々と復刊されるというのは、少し複雑な気持ちではありますが、長年書店で見ることがなくなっていた佐々木丸美の文字をもう一度見ることができ、また新たな読者の方の手に渡るというのは、とても嬉しいことです。

しかし私は著作を全て持っているので、今回復刊されるに当たって、もう一度新たに揃えるべきか非常に悩みました。
しかし復刊本には、文庫にはなかったあとがきが入れられたり、雑誌掲載だったエッセイが挿入されたりとかなり魅力的な要素がありました。
その上、発行元の「ブッキング」で全巻予約すると、特典が付くというではないですか。
内容は佐々木丸美さんに関するさまざまな資料と、佐々木さんが書き遺した作品に関する資料をまとめた50ページの冊子。
他では手に入らないというのが、たまらなくファンの心をくすぐります。
これが気になってしまい、思わず全巻予約してしまいました~。

先月、刊行第1巻の「雪の断章」が家に届きました。
美しく真新しい本を見て、感激してしまいました。
私が高校生のころ、衝撃を受けて大ファンになり、何度も読み返した本です。
d0065459_12135123.jpg

このブッキング刊の「佐々木丸美コレクション」のほかに、東京創元社より「館」シリーズも同時に復刊されました。
こちらはミステリィ色が強いですが、読み応えのある秀作です。
私は佐々木作品ではこのシリーズの「崖の館」が一番好きなので、機会があればぜひどうぞ。
d0065459_12171587.jpg

学生時代にはまった思い出の本が、また美しくよみがえる。
これから毎月刊行が続くので、しばらく楽しめそうです。

by mineyom | 2007-01-22 10:55 | 日々の出来事

体を整える

2007年がスタートして、私が自分のために一番初めにしたとことは、体を整えることでした。
年末に肩こり腰痛がひどく、体がすごく疲れているという自覚がありました。
昨年は日本への帰国辞令が出たことに始まり、引越し、幼稚園探し、保育園探しと非常に変化の多い1年だったので、知らず知らずのうちに精神的にも疲れがたまっていたようです。
なんとなくインターネットで検索していて目に留まったのが、私が以前「ママポン」の癒し特集で取材したサロンでした。
見た瞬間「ああ、これだわ・・」と思って、何かに引かれるように予約してしまっていました。

土曜日にナツを夫に預け、重い足取りで向かったサロン。
この日は全身マッサージ110分とヒーリングをお願いしていまいた。
全身マッサージは、頭から足の先まで、ゆっくりと足や手を使ってほぐしてくれます。
ちょうどよい強さでマッサージしてくれるので、本当に気持ちよかったです。
あまりの気持ちよさに途中で寝てしまい、気付いたら終わりの時間でした。
110分があっという間でしたが、体は軽く楽になっていました。

続いてヒーリング。
これは昨年10月にはじめたばかりの新しいメニューだそうで、私もどんなものか分らぬまま、でもこれ受けてみたいなぁと軽い気持ちで申し込んだのですが、こちらは心を楽にしてくれました。
やはり体と心は一体なのですね。
両方整っていないと、本当の健康にはなれないと感じました。

人間の体には、エネルギーが流れていて、各箇所にエネルギースポットがあります。
そのエネルギースポットは7つあり、その7つのうちの1つでもバランスが崩れると、体調がくずれてしまったり、気分的に落ち込んだりといろいろな不調が起こるそうです。
見ていただいたところ、私は何とエネルギースポットの2から7までが詰まっているということでした。
確かに首の辺りまで苦しくて、アップアップ状態だったのです。
「ああ、やっぱりそうなんだ」と確認することができました。

実際、ストレスがたまっているなぁと感じても、なかなかストレス解消をする環境になかったり、何とか頑張れてしまっていると、なかなか自覚ができないものだと思います。
まだ何とか大丈夫と思っているうちにストレス過剰になってしまうので、体の声をちゃんと聞いて、対処しなければいけないなぁと感じました。
私も指摘を受けてはじめて、「やっぱりそんなに溜まっていたんだ」と自覚することができました。

私は言いたいことを言わずに我慢して、溜めてしまう傾向があります。
それが積もり積もってにっちもさっちも行かない状態だったようです。
セラピストの方にバランスを整える施術をしてもらいました。
マッサージとの相乗効果もあって、終了したあとは、驚くほど体がすっきりしていました。
セラピストさんには「来たときと違って、目がはっきりした」と言われました。
最初はそんなによどんだ目をしていたのかしら・・・。確かに視界がクリアになったような気はしました。

家に帰って来ると、精神的にとても余裕が出来たことが分りました。
全て穏やかに対応することができました。
今回ヒーリングを受けて、自分の溜めやすいところがよく分ったので、意識して息抜きするようにし、なるだけ溜めないように注意することができるようになりました。
サロンに行ってから半月ほどたちますが、体は楽なまま、すっきりしています。
主婦業、母業、妻業と突っ走ることも大事ですが、時々立ち止まって、ゆっくりと体を整えることも非常に大切なのだなと感じました。
これからは月に1回くらい、自分だけの癒しの時間を持とうかなと思っています。

そして体がすっきりするのと同時に、自分の健康もかなり気になるようになりました。
実は私、ここ1年でかなり体重が増えてしまいました・・・。
全てストレスのせいにしてはいけないんですが、体重管理を怠り、好きなように食べていました。
しかしこれも「このままじゃいけない!」と一念発起して、年明けからダイエットです。
食事にかなり気を使っています。

しかし以前はダイエットというと、スタイルを美しくするということが第一の目標だったのですが、30代も半ばに近づいて、見た目よりも中身が気になってきました。
成人病も怖いし、何よりも子どものために、いつまでも健康でいなければいけませんよね。
健康で長生きできるように、心掛けたいと思います。

やはり健康のためには食事と運動。
体を動かさなくちゃと思ったときに以前買ってあったヨガのDVDが目に止まりました。
今私の体が求めているのはこれだわ、と感じヨガを始めました。
全くの初心者なので、本当はどこかで基礎を教えてもらいたいのですが、今は自分の時間は取れないので、いえでDVDを見ながら実践です。
しかしヨガって予想以上に疲れますね。
50分間のDVDなのですが、最初は息切れしてしまって最後までできませんでした。
でも効果はありましたよ。
私はとっても寝つきが悪いのですが、ヨガをしたらすんなりと眠りが訪れ、気持ちよく眠れました。
これから徐々に体を慣らして、かっこよくポーズが決まるようになりたいと思います。

今年の目標は体を整えること。
心も体も健康で1年を終えたいと思います。

by mineyom | 2007-01-21 08:39 | 日々の出来事

あけましておめでとうございます

皆様あけましておめでとうございます。
2007年も明けましたね。
今年も皆様にとって素晴らしい1年になりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はシンガポールから日本へ引っ越して、全く分らない土地に来て何もかもが手探りで慣れるのに精一杯の1年でした。
そんな中で素晴らしい出会いがいくつもあり、この土地で幸福に根を下ろすことができました。
この出会いに感謝しつつ、今年は更に深く強いつながりにして行きたいと思っています。

このブログは、日本に帰国してから更新がゆっくりペースになってしまいましたが、ナツの成長を見守り続けるためにも、これからも細く長く続けて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
今年も皆様のブログにお邪魔して、楽しいお話を聞かせていただくのを楽しみにしています。

今日は、朝ゆっくりと起きて、おせちとお雑煮を食べました。
ナツ初めてのお年玉をもらいました。
ナツはこれなあに?という顔をしていましたが、行事ごとはきちんと抑えて教えていきたいなぁと思っているので、「なっちゃんのだよ」と握らせました。
「これでなっちゃんの好きなものが買えるんだよ。お店でお金を出してこれちょうだいするんだよ」と教えました。
お年玉と一緒に、お金の価値や使い方なんかを少しずつおぼえてくれるといいなと思いました。

そして今日はこれから初詣に行ってきます。
混んでそうだなぁ。
ナツは頑張ってくれるかしら。

by mineyom | 2007-01-01 15:00 | 日々の出来事

温泉旅行

12月29日、30日と1泊で那須塩原に行ってきました。
今回の旅行のテーマはずばり温泉!しかもずっと前から憧れていた、露天風呂つきのお部屋に泊まってきました。
今まで温泉にいってもナツがいるため、どうしてもゆっくり温泉につかるということができませんでした。
のぼせないかと気にしながらバタバタと上がるので、落ち着いて温泉を楽しむということは難しいです。

今回はナツを好きに遊ばせつつ温泉を楽しむという作戦で、大満足の旅行となりました。
お部屋は10畳の和室に応接セットがついている広々とした快適なお部屋でした。
d0065459_14363333.jpg
d0065459_14365838.jpg

川を臨むベランダの半分が露天風呂になっています。
ナツもなんでこんなところにお風呂があるの!という感じで大喜び。
お風呂に手を入れて「あったか~い」と幸せそうにつぶやいていました。
d0065459_1437108.jpg
部屋に入ってしばらく休んだ後、ナツと一緒に大浴場に行きました。
部屋にも露天風呂のほかに小さなユニットバスが付いていたのですが、そこではさすがに狭くてつまらないので、体と頭を洗うために大浴場に行ってきました。
ちょうど人が途切れたところで2人の貸し切り状態で、伸び伸び過ごすことができました。
お湯も熱すぎずナツにちょうどよく、ゆっくり浸かることができました。

部屋の露天風呂には夕食前に1回と、夜ナツが寝た後に1回入りました。
足が悠々伸ばせるお風呂で、とっても気持ちよかったです。
思い立ったときにすぐさま温泉に入れるというのがいいですね。
ナツは気になるようで何回も覗きに来ていました。
残念ながらお湯の温度がナツには熱すぎて、ナツと一緒には入れなかったのですが・・・。
夜に入ったときにはちょうど雪が降り出して、お風呂に浸かりながら見る雪はとっても幻想的で感動してしまいました。
朝もう1回入りたかったのですが、みんなで寝坊してしまい、お風呂に入る余裕もなくそのままチェックアウトしてしまいました。
それだけが心残りです。

でもナツはどうしてそんなに元気なのと言いたくなるほど、始終ハイテンションでご機嫌だったので、来てよかったなぁと思ったし、私も温泉を楽しんで肌もツルツルになったので大満足でした。

ホテルをチェックアウトしたあとは、新幹線の時間まで間があったので、駅でレンタカーを借りて「那須サファリパーク」へ行きました。
高原では雪が降っていて、すごく寒かったですが、サファリバスに乗って餌やりも出来るということで、サファリパークがはじめての私はワクワク。
こんなライオンバスに乗って行きました。
d0065459_14375460.jpg

ナツは最初乗り気でなく不機嫌でしたが、出発して動物がバスの周りに集まってくると、一転してはしゃぎだしました。
自分の投げた餌を動物が食べたというのが衝撃だったらしく、「ママ、たべたー!たべたー!」とずっと興奮して叫んでいました。
よほど面白かったらしく、どんどん餌を投げてしまうので、あっという間に餌がなくなってしまいました。

動物はシマウマやロバ、シカなどどれもとっても人懐こくて可愛かったです。
ナツは下に餌を投げてしまうため、手を押さえて動物の口に餌を入れるようにしてやると、大きな口がガバッと開いて餌を食べるのが見られました。
かなりの衝撃体験だったようで、ナツは固まったまま凝視していました。

手を出しすぎて、餌と一緒に手もべろりと舐められたりもしました。
自分の手がロバの口に半分ほど入ってしまっていたので、「たべちゃったー!うぎゃー!」と大騒ぎしていました。
近づいてきたキリンにびっくりしてすぐに立ち直っていましたが。
d0065459_1439456.jpg

キリンは近くで見るとかなりの迫力。
ナツもあまりの顔の大きさにちょっと腰が引けていました。

続いてのゾウの餌やりもとっても楽しかったです。
ゾウがバスの窓の金網の隙間から鼻を伸ばしてくるので、そこに餌をどんどん入れてやります。
餌が足りないともっと入れてくれ~というようにずっと待っているのが可愛かったです。
ナツも草団子を鼻の中に入れていました。
とっても楽しい体験でした。
d0065459_14391879.jpg
近すぎてゾウの鼻しか写っていません。

ナツは始めて見る雪にも大喜びで寒さも何のその、夢中で遊んでいました。
いろんなものが見れて良かったね。
d0065459_14401975.jpg

by mineyom | 2006-12-30 13:42 | 日々の出来事

チューリップ その2

コメントいただいている皆様、お返事が遅くなって申し訳ありません。
皆さんのブログにも遊びに行きたいのですが、なかなか時間が取れません。
今日はこれから1泊で温泉に行ってきます。
帰ってきてから、ゆっくりお返事させていただきますね。

先月ナツと一緒に植えたチューリップが芽を出しました。
芽がでるまでに時間がかかるので、本当にでてくるのかと緑の芽を見るまではドキドキしてしまいました。
責任重大ですからね。

砂いじりが大好きで、気付くとプランターの砂をシャベルで掘り起こそうとするナツに「ここでお花が寝ているから静かにね」と言っていたので、「なっちゃん、芽がでたよ、お花が起きてきたよ」と言ったら、ナツは嬉しそうに「おはよー」と挨拶していました。
d0065459_9463315.jpg

とっても愛しくて、1日に何度も眺めてしまいます。
早くぐんぐん大きくなあれ。

by mineyom | 2006-12-29 09:55 | 日々の出来事

おうちで乗馬

「ママポン」冬号の発売が近づいてきて、また慌しい日々となっています。
校了まであと10日あまり、保育園と原稿に追われますが、やはり好きなことですので、がんばって乗り切りたいと思います。

さて、最近家にやってきたもの。
テレホンショッピングでよく見かける、座っているだけでダイエットという巷で有名(?)な代物。
「ロデオボーイ」が我が家にやってきました。
d0065459_18213336.jpg

夫が前々から「あれが欲しい」と言っていて、冗談だろうと流していたのですが、夫の方は本気だったらしく、とうとう買ってしまいました。
最近年のせいか腰回りが気になる夫、これですっきりさせたいらしいです。
まぁ、お腹が気になるのは私も一緒で、これで本当に痩せられるのならば、異存はないのですが・・・。

しかしこのロデオボーイ、結構存在感あります。
我が家のリビングの真ん中にデーンと鎮座していて、かなり邪魔・・・。
ナツはとっても気になるようで、何度も危ないから乗っちゃだめと言っているのに、気付くとよじ登っていて、「おうまさん、ぱかぱか」とか言っています。
それだけでは飽き足らず、動かせとうるさい・・・。
1人では危ないので、私が後ろに乗って2人でロデオしてみたら、見事にはまってしまいました。
ナツ的には、デパートにある100円入れて動く乗り物と同じ感覚のようです。
「もういっかい、もういっかい」としつこく言われて困りました。
d0065459_18221945.jpg

何はともはれ、夫はスリムボディを手に入れるべく、毎晩ロデオに励んでいます。
実は私も密かに使用中。
これで我が家が家族揃って、スリムになれるのか、こうご期待!

by mineyom | 2006-11-30 18:00 | 日々の出来事

文化の日

少し前のことになってしまいますが、11月3日文化の日に「江戸文化歴史検定」を受けてきました。
会場は水道橋の大学の校舎で、座席が階段状になった広い教室に足を踏み入れただけで、わぁ~本当に試験だぁと嬉しくなってしまいました。

年齢層はかなり高く、年配の男性の方が多かったです。
江戸通、時代劇通という感じがしました。
しかし思っていたよりも女性の比率も高く、私と同年代の女性も結構見かけました。
様々な年代の方が会場に集まっており、世代を超えて同じ趣味の人が一堂に会しているんだなぁと思うと面白かったです。

試験は90分。
今年が第1回目であったせいか、係員の段取りもいまいちで、マークシートの試験なんて受けたことがないであろう年配の方たちのこれはどうするんだという質問が飛び交う中、試験ははじまりました。

実は私・・・。10月は勉強する時間がほとんど取れないまま過ごしてしまい、これはもう一夜漬けしかないと前日にテキストを読もうと思っていたらナツを寝かしつけながら一緒に寝てしまい、結局公式テキストを半分くらいしか読めずに試験を受けることになってしまいました。

もうダメかも・・・と一瞬諦めかけましたが、奇跡を信じて受験会場に向かいました。
問題を解いていくと、公式テキストからの出題がかなり多く、しかも引っかけなどがない素直な問題ばかりで、思ったより難しくありませんでした。
しかし勉強していないところはやはり苦戦し、ちゃんとテキストを読んでいればと何度も後悔しました。
今回私が受けた3級(初級)は、公式テキストを2度くらい読み込めば、特に江戸時代に詳しくなくても合格しそうです。

試験が終わると、解答用紙と引き換えに解答がもらえました。
1ヶ月先に試験結果が送られてくるまで合否が分らないと思っていたので、あまりのあっさりさにびっくり。
すぐに結果が分ってしまうのもどうかなぁと思いました。

しかしやはり結果は気になるので、家に帰って早速答えを書き込んだ問題用紙でチェックしちゃいました。
合格は7割以上。
しかし私はわずかに70点に及びませんでした。
不合格。ガーン。予想はしてましたけど・・・。
もっとちゃんと勉強していれば・・・。私のバカ。自分が悔しいです。

来年、今度はしっかり勉強して2級(中級)を目指そうかと思います。
今回は第1回だったので、2級、3級だけでしたが、来年から1級(上級)も始まるとか。
つわものが揃いそうですね。
私もがんばって江戸通にならなくては。

by mineyom | 2006-11-11 07:17 | 日々の出来事

江戸文化はお好き?

ナツと両国の「江戸東京博物館」に遊びに行ってきました。
ここは江戸ゾーンと東京ゾーンに分かれ、江戸から明治、そして現代へと移り変わる文化の流れが体感できます。
以前2度ほど行って私のお気に入りの博物館だったのですが、今回ナツを連れて行き、一緒に楽しむことができました~。
こちらはジオラマ模型がたくさんあり、江戸の町をミニチュアでじっくり観察できるようになっていたり、部屋の様子を実物大で展示してあったりと体感型の博物館なので、非常に分りやすく江戸~東京文化を学べちゃいます。
d0065459_952932.jpg
d0065459_954015.jpg

特にナツが喜んだのは、実際に乗って体験できる乗り物。
駕籠に乗ったり、人力車に乗ったりしました。
d0065459_955518.jpg
d0065459_96664.jpg
d0065459_961852.jpg

展示の数が多いので、じっくり見ていたら閉館時間になってしまい、最後は早足になってしまったのでまたゆっくり見に来たいです。
ナツは飽きちゃうかなぁと思ったのですが、いろいろと触って見れたり、仕掛けが随所にあったりするので最後まで楽しんでいたようでした。
二人で江戸人体験ができて楽しかったです。
d0065459_963887.jpg

実は今回私がここへ来たのは、勉強のためでもありました。
来月の文化の日に、「江戸文化歴史検定」という検定試験の第1回目が行われるのですが、私それを受験することにしたのです。
昔、仕事で江戸文化についての本を担当したことがあり、その本で紹介されていた江戸文化に魅せられた私。
一時期江戸文化についての本をいろいろと読んでいたことがありました。
江戸の町ってすごいんですよ~!
上水道が完璧に整備され、ごみは完全にリサイクルされたかなり高度で機能的な町なんです。
クリーンでリサイクルな町、江戸。
その文化は現代でも学ぶべき点が多くあると思います。

ただ興味があるというだけで、江戸文化についての本を読んでいただけだったのですが、新聞で検定試験の告知を見て、非常に面白そうだなぁと軽い気持ちで受けてみることにしました。
しかし私の興味は非常に偏っていたので、公式テキストを入手して読んでみたら知らないことだらけ・・・。
この公式テキストから80%出題されるということだったので、これを読み込めば何とかなると思ったのですが、今月はあまり勉強する時間が取れず、今回の受験は早まったかも・・・とちょっと後悔しています。
第1回なら知名度もまだ低いし、1回目で合格するなんてかっこいい!なんて思っちゃったんですけどね、ハハハ・・・。
これから在宅で校正の仕事をするにあたって、1つでも多く得意分野を作っておくのは仕事受注量にも関わってくる!という思惑もあったりします。

もう1週間もないのですが、何とか詰め込みでがんばろうと思います。
本だけ読んでいると実感がわかない江戸の町ですが、江戸東京博物館でたくさんの江戸文化と触れられて、江戸のよさを肌で感じることができました。
勉強への意欲もぐぐっと上がったかな?
お勧めの博物館ですよ。
d0065459_965729.jpg

by mineyom | 2006-10-21 23:27 | 日々の出来事