カテゴリ:タイ生活 お出かけ( 1 )

トランポリンと温泉とマッサージ

変な取り合わせですが、日曜日のナツのスケジュールでした。
日曜日、夫がゴルフで早朝からいなかったので、二人でお出かけしたのですが、ナツの行きたいところを並べたら、こうなりました。

夏休みにお友達と行ったファンアリウム(巨大室内遊び場)がいたくお気に召したナツ。
特にトランポリンが大のお気に入りで、その日以来ずっと、「また とらんぽりん やりたい」と言い続けていました。
パパがいない今日がチャンスと、ナツ希望のフルコースに出発。

ファンアリウムに到着して、ナツはトランポリンに一直線。
また やりたいと言い続けたトランポリン。
最初から飛ばしぎみで弾んでいます。

d0065459_3433187.jpg
大体の子は、20回くらい飛んだら満足して、さぁ次は何しようと移動してしまうのですが、そんな中ナツはまだやる、まだやると言い続け、何と30分以上飛び跳ねていました。
トランポリンどれだけ好きなんじゃ。

さすがに疲れただろうと、そろそろ休憩しようと下ろすと、全身汗だくになってました。
ミルクティを飲みながら、しばしの休憩。
足を出し「しびれた~」と。
「なっちゃん とらんぽりん やりすぎだね」と自分で言ってました。

d0065459_3404471.jpg
休憩後は、果敢にも巨大遊具に挑戦。
しかし、一番上まで登ったと思ったら、あとはそこからずっと地上を眺めてました。
何が面白いんだろう。。。

ファンアリウムはこんな感じの巨大遊具なので、様々な関門をくぐり抜けて前に進むのが醍醐味だと思うのですが。
仕方ないので私も中に入って誘導し、何とかアスレチックをこなし、最後に巨大すべり台を滑って地上に戻ってきました。
気付けば2時間たっぷり遊びました。

さて、汗かいたね~、さっぱりしようかと、お次はファンアリウムから歩いて5分少々のところにある温泉「湯の森」へ。
そう、タイにも温泉があるのです。

日本語情報紙に載っていたこちらの広告を見て以来、またもや「おんせん いきたい、おんせん いきたい」と言い続けていました。

温泉が大好きなナツ。
しかし、それと同時にナツにとって、温泉は鬼門でもあります。
今までナツは、お風呂の中やお風呂を出た直後にてんかんの発作を起こすことが多かったので。
体が温まり過ぎるのがダメなのです。

大好きなお風呂に思う存分つからせてあげたいけど、短時間で切り上げて、出さなければならないというジレンマ。
今回も短時間で、充分気を付けて楽しもうと決意し、いざ出陣。
湯の森は、日本のスーパー銭湯をイメージしたのかな?
なかなかこじゃれた作りになってました。

脱衣場の手前で、浴衣とタオルを貸してもらえるのですが、そこで更に、「アンダーウェアいりますか?」と聞かれました。
事前に湯の森に行かれた方のブログを読んでいて、とりあえずアンダーウェアはもらって下さいとあったので、ああ、これだこれだと思って、もらって中に入りました。

脱衣場はちょっと狭めかな?と感じましたが、常時お掃除の方がいて、濡れたところもすぐ拭いてくれるので、綺麗に保たれていて良かったです。

さて、脱衣場の先はすぐにお風呂なので、果たしてアンダーウェアは使うべきなのか、さりげなく中を観察。
すると、ほとんどの人がアンダーウェアを着けている!
日本人の方が多いのかと思っていたのですが、お客さんはタイ人の方がほとんどだったようです。

本来、日本人ならば、お風呂は裸で入るべきかもしれませんが、みんなアンダーウェアを着けている中で、自分だけ素っ裸で入る勇気はありませんでした。
一人だけ裸って恥ずかしいよね。
自慢できる体でもないし、どちらかと言うと、ちょっと隠したいくらいだから、ホッとしたりして。

アンダーウェアは、伸縮性のある黒のパンツとチューブトップ型のブラでした。
上下履くと、ハイレグじゃないビキニって感じ?
ナツに「おっぱいいる?」と聞いたら「しない!」と言うので、ナツは黒パンツだけ履きました。

中にはお風呂が6種類とサウナがあって、温度設定も様々になってました。
一番熱いのが41.5℃で、ぬるめのから水風呂までありました。
タイの方達がたくさんつかってるな~と思って入ってみたら、温水プールくらいの温度でした。
これならナツも多少つかってても大丈夫だ!と嬉しかったです。

肩までつからず、腰くらいまでにして、時々水風呂に足を浸したり、途中一度脱衣場に出てお水を飲んだりと工夫しつつお風呂を楽しんで、トータル30分くらい入っていました。
ナツは全く大丈夫でしたよ。
きもちいい~、きもちいい~と連呼してました。
まだ新しくて施設は綺麗だし、お湯もとっても綺麗だしで、本当に快適でした。

露天風呂もありましたよ。
しかし、ほとんどが半透明のプラスチックの屋根に覆われていて、青空が見えるのはほんの一部だけ。
これが露天風呂?と思いましたが、あとからタイ語の先生に聞いたら、タイ人は、そもそも皆で裸でお風呂に入るなんてありえないし、外で裸になるなんて、例え誰も見ていなくても、恥ずかしくて絶対無理!と言ってました。
だからあれは、気持ちだけ露天風呂だったのでしょうね。

お風呂を満喫して続いてはマッサージ。
私はタイマッサージ、ナツはフットマッサージで、それぞれ60分やってもらいました。
さすがはタイ。
このマッサージも、温泉についている簡単なものではなくて、マッサージ用ベッドが何台もある立派な施設でした。
100バーツプラスすれば、個室も使えました。
料金は、街中のマッサージ屋さんより、高かったですけどね~。

お風呂でほどよく疲れた体にマッサージ。
もう至福でした。
私はウトウトしていたのですが、ナツはよっぽど気持ち良かったのか、すぅすぅと寝入っていました。
「うつ伏せになって~」と言ってもまったく反応しないナツに、マッサージのお姉さんは笑ってました。

終わってもまだ動きたくない~という様子で、もっとやるの~とごねてました。
また来ようねとなだめて出ましたが、お風呂のあとのマッサージ、本当にもう最高でした。
本当にまた来たいです。
タイに来てから、熱いお湯にゆっくりつかることもなかったので、本当に気持ち良かったです。

トランポリンと温泉とマッサージ。
ナツ大満足の、充実した休日になりました。

by mineyom | 2014-09-19 03:24 | タイ生活 お出かけ | Comments(2)