カテゴリ:シンガポール生活( 106 )

お知らせ

先日コメントをいただいたAmyさんへ。
何度もメールをお送りしたのですが、エラーになってしまって送ることができませんでした。
しかしお力になりたいと強く思いましたので、このような形でお知らせすることにしました。

シンガポールでのサークルのHPを「LINK」のところに載せましたので見てみてくださいね(「ぽこ・あ・ぽこ」です)。
メールのアドレスもありますので、質問されてみたらいろんな疑問が解決されると思います。

これからシンガポールへ行かれる方が、少しでも安心して出発されることを願っています。

by mineyom | 2006-11-08 08:44 | シンガポール生活

シンガポール最後の日

日本に帰って早1週間が経ってしまいました。
住むところがないのでとりあえず実家に落ち着きましたが、気候に慣れるのと新しい生活基盤を作るのとで落ち着かない日々を過ごしていました。
お花見には間に合って、数年ぶりに綺麗な桜が見られたのは良かったですが、日本はまだまだ寒いですね。
天気が悪い日も多く、日本に戻って数日は、コタツから出たくない~!という日が続きました。
そうかと思うと、ナツのほうはさすが子供は風の子。
あっという間に日本の気候に順応したようです。
風邪も引かずに元気に過ごしています。
日本に着てからもいろいろあるのですが、まだシンガポール生活にきちんと幕を引いていないので、まずはシンガポールで過ごした最後の日々について書こうと思います。

3月30日にコンドミニアムの引渡しとなったのですが、これがかなり揉めました。
私達はここに1年しか住まなかったのですが、契約では1年2ヶ月経たないと出られない事になっていました。
通常ならば2か月分支払わなければいけないのですが、ここの家は入居した時から問題が山積み。
あちこち故障していて、それを逐一申告したのですが、水周りなど生活に必要最低限のもの以外はずっと放っておかれ、何度修理、撤去をお願いしても無視されていました。
それにかなり頭に来ていた夫、「そっちが契約を無視し続けたんだから、こちらも従う義理は無い」と、2か月分の支払いを突っぱね、最後は怒鳴りあいの大揉めになってしまいました・・・・。
しかも元から故障していた箇所を、最初はこんなふうになっていなかったとオーナー側のエージェントが言い出したため夫が切れてしまい、話が落ち着くのにすごく時間が掛かってしまいました。
何もやることのない私とナツは、何もない家でただウロウロ。
結局、和解できないまま引き取ることになってしまいました。
あとは会社が何とかしてくれると思いますが、すっきりしない終わりとなってしまいました。
悩まされた家から解放されて、これで終わったねと夫と2人で清々しい気分にはなりましたが。

車いっぱいに手荷物を詰め込み、ホテルへ移動しました。
宿泊先はシャングリラホテルです。
シンガポールを去るときにはずっと泊ってみたいと思っていたところで、ナツ連れではちょっと気後れしてしまう雰囲気でした。
引越し直後なので、スマートには行かなくても仕方ないのですが、ボーイさんにカートででかいダンボールやスーパーの袋に入った洗濯物を運ばれてしまったのが恥ずかしかったです。

しかしスタッフの方はさすが顔色一つ変えず、蘭の花をナツにくれ、スムーズにチェックインしてくれました。
お部屋は広々としていて、とても落ち着ける部屋でした。
街中なのに、窓の外には緑がいっぱいでとても気持ちよかったです。
d0065459_1685799.jpg

バスルームが最高に快適で、広いバスタブにテレビが付いており、ナツがいなかったら何時間でもここでのんびりするのに~と思ってしまいました。
この日はホテルに入るのが遅くなってしまったので、ラウンジでドリンクやスナックのサービスがあると聞いて、とりあえずラウンジでお茶だけして寝てしまいました。

31日は、ゆっくり起きてゆっくり朝食をとろうと思っていましたが、夫はこの日まで出勤。
後任の方への引継ぎもあり、最後まで仕事に追われていました。
私とナツは時間を気にする必要がないので、「The Line」で、のんびり朝食をとりました。
朝のビュッフェも種類が多くてよかったです。
その後日本人会に会員証を返しに行きました。
日本人会では、図書館で本を借りたり、色んな講座を受けたり、キッズルームでよく遊んだりといろいろお世話になったので、もう今日が最後なんだと思い、感慨深いものがありました。

ロビーでのんびりしているとはせくみさんから電話があり、お暇だったらとランチをお誘いしました。
はせくみさんとDragonくんが日本人会まで来てくださり、「どんぐり」で最後のお食事となりました。
食後ナツはDragonくんとキッズルームで遊んで楽しそうでした。
2人で寂びしかったので、最後にはせくみさんとDragonくんに会え、一緒に遊ぶことができてうれしかったです。
いい思い出になりました。

日本人会をあとにしたあと、少し買い物をし、最後のOT訓練に行きました。
ナツはブロックに熱中し、最後までマイペースでした。
今日は何時になるかわからないという夫を待つわけにも行かず、帰り道にタングリンモールの「スパゲッティーズ」で夕飯を食べました。
シンガポール最後といっても「どんぐり」、「スパゲッティーズ」と普段どおりのところでいつも通りの食事をし、1日が終わりました。

4月1日は、シンガポール最後の日です。
この日の深夜便でシンガポールを去りました。
ようやく仕事から解放されて、夫が最後のシンガポールを楽しめる日でもありました。
しかし夫は朝から郵便局へ行ったり、携帯電話の解約に行ったりと結局あまり落ち着いてホテルで過ごすことはできませんでした。
せっかくホテルに泊ったのに、寝るだけでゆっくり寛ぐ暇がなく可哀想でした。

家を引き払うまでは何かと忙しかった私ですが、この日は何もやることがなかったので、スーパーへ買い物に行ったり、荷作りしたり、部屋でごろごろしたりと私のほうはホテルライフを満喫してしまいました。
ナツも家のように寛いでいて、とっても居心地がよかったです。

夕方にやっと用事を済ませた夫と合流し、ホテル内の中華レストラン、「香宮」に行きました。
数年前から「シンガポールでの最後の晩餐はなんだろうね」と話していましたが、私の最後に北京ダックが食べたいというリクエストで、中華になりました。
d0065459_1610115.jpg

北京ダック、ダックのお肉を使ったジンジャー炒め、海老のわさびソース和え、イーフー麺を頼んで、美味しくお腹いっぱいになりました。
d0065459_169372.jpg

ただ北京ダックは「レイ・ガーデン」のほうが美味しかったなぁと、ちょっと心残りになってしまいました。
「香宮」は、お店の雰囲気も良くて、サービスもよかったですが。

食事のあと、空港に行くには少し早かったので、オーチャードまで歩いていき、お店をのぞきながらぶらぶらお散歩しました。
もう来れないかもしれないと思うと寂しくもあり、5年間でいろんな場所に思い出ができたなと嬉しくもありました。
最後に3人で街を歩けてよかったです。
時間が迫ってきたので、ホテルに戻りタクシーで空港に向かいました。

空港には友人や会社の方たちが見送りに来ていてくださり、とても嬉しかったです。
シンガポールから帰国する時は誰も見送りの人がいなくて寂しく帰るかもねなんて、来たばかりの頃に夫と笑い話にしていたのに、実際には何人も空港まで来てくださり暖かく見送られながらの帰国となりました。
とても嬉しかったです。
空港まで来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。
私はお別れのときに涙が出そうになってしまって、わざとお別れだと思わないようにして、涙を抑えてしまいました。
ナツはいつまでも皆さんに手を振っていました。
シンガポール、とっても楽しかったね。

飛行機では興奮してしまったのか、疲れているはずなのにナツがなかなか寝てくれず、苦労しました。
離陸の際に泣き出し、何とか宥めようとするのですがまったく手に負えませんでした・・・。
シートベルトのサインが消えたらトイレに駆け込もうと思っていたのに、この日はあいにく気流が乱れているということで、なかなかサインが消えません。
そのうちナツが、「トイレー、トイレー!」と大声で叫びだし、あまりの必死さにスチュワーデスさんが、「機長に了承を得ましたのでいいですよ」とトイレに案内してくれました。
その後私はこのままトイレの中で6時間過ごすのかしら・・・と思いましたが、1時間ほどでようやく寝てくれ、無事席に戻ることができました。
そして3時間くらいで朝食が運ばれてくるのと共に起きてしまい、ぐずるかと心配しましたが、その後はご機嫌で日本に到着することができました。

日本での生活基盤を作るのはまだこれからで、いろいろと不安もありますが、またここで足を踏ん張って頑張っていこうと思います。
のんびり育児日本編もこれからよろしくお願いいたします。

by mineyom | 2006-04-01 23:34 | シンガポール生活

荷物出し完了

昨日、無事船便と航空便を出しました。
今回ナツがいたため、前日までにキッチリ仕分けをし、全部船便で出してくださいというふうにしておきました。
実際の作業中は、出すもののほとんどない寝室に、ナツと2人でこもっていました。
ただ、ナツはすぐに飽きてしまって外に出たがり、そのナツを抑えておくのに苦労しました。

引越し屋のお兄さんがおもちゃを梱包していると、寄って行って、おもちゃを出そうとしてしまいます。
ナツも名残惜しかったのかな。
でもまたすぐ遊べるからねと、納得させました。
遊べるようにおもちゃは少しよけておいたのですけどね~、使えないものの方が魅力に感じるらしいです。

午後3時半頃作業が終了し、ほっと一息つけました。
1つ大仕事が終わった感じです。

夕方、rayさんがyouくんと一緒にお別れに来てくれました。
寂しい気持ちになっていたのでとっても嬉しかったです。
なぜかyouくんはとってもハイテンションで、ずっと激しく動いていました。
ナツもそれに影響されたのか、一緒に走り回ってはしゃいでいました。
昼間欲求不満だったので、思い切り体を動かせてよかったようです。
とても楽しかったです。どうもありがとう。

昨晩は寝るだけなので、そのまま家で過ごし、今日ホテルに入ります。
ホテルで2泊し、次の日飛行機に乗る予定です。
今日からインターネットは使えなくなってしまうので、シンガポールからの記事はこれで最後です。
今まで読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。
シンガポールでこうしてブログが出来たこと、本当に良かったと思います。

ブログをはじめることによって、たくさんお友達も出来たし、シンガポール生活もより充実しました。
本当に楽しかったです。
次は日本からお送りしますので、また遊びに来てくださいね。
シンガポールの皆様、本当にお世話になりました。

by mineyom | 2006-03-30 12:10 | シンガポール生活

持ち寄りパーティー

月曜日は、私とナツの送別会でお友達が持ち寄りパーティーを企画して下さり、Sさん宅にお邪魔してきました。
ママ6人、子ども6人が集まり、とってもにぎやかに過ごしました。
ナツも最後にお友達と遊べて、とっても楽しそうでした。

持ち寄りパーティーということで、皆さんが様々なお料理を用意してくださっていて、どれもすごく美味しく、たくさんの種類があって食事も本当に楽しめました。
お宅をお借りしたので、子どもも伸び伸び遊べ、私もゆっくり皆さんとおしゃべりできてよかったです。

ナツは遊びつつも、お料理が気になるようで、フライング気味でたくさん食べていました。
普段私が作らないようなものもいろいろあったので、とても気に入ったようでした。
またこんなパーティーをしたいなぁと思ったので、これで最後というのが寂しかったです。
でも最後にみんなと遊べて、お別れできたので良かったです。

火曜日は、休息日&翌日の船便、航空便出しを控えて荷造り。
数日前から少しずつ片付けていたので、スムーズに終了しました。
ナツはずっと、「アンパンマン~、しまじろう~」と騒ぎ続けていました。
ケーブルテレビは解約し、ロクラクのレンタルも返却し、DVDプレーヤーもフリマで売ってしまって、ここ数日何も見るものがなくなってしまったのです。
プレーヤーがないのに、何度もDVDを出してきてしまって、「もう見れないんだよ」と言い続けるのに疲れてしまいました。

そして1つ驚いたこと。
私達はこちらに来るときに日本からマウンテンバイクを2台持ってきたのですが、こちらではほとんど乗ることなく、ずっと地下の駐車場に置きっぱなしになっていました。
いつの間にかサドルは盗まれ、ほこりをかぶってすっかり惨めな姿になっていました。
今回持って帰るか悩みましたが、元はいい自転車で、乗って上げられかったのがかわいそうだったので、日本に持って帰ってメンテナンスして乗ろうと、持って帰ることに決めました。

しかし船便出しのためにチェックに行くと、なぜかいつの間にか、新しいサドルが付けられ、見たことのない自転車と一緒に並んでチェーンでつながれていました。
もう廃棄されたんだと思った方が、知らぬ間に自分のものにしていたようです・・・。
実は船便の規定がギリギリで、自転車を持って帰ると規定を超えそうだねと心配していた私達。
このまま捨てておくのは可哀想だけど、誰か使ってくれる方がいるならば願ったりです。

新しいサドルがついた姿を見て、「いい人にもらわれて良かったね」と思いました。
これからシンガポールの街で活躍してくれるはずです。
そんなこんなありましたが、なんとか荷物の仕分けは出来ました。
後は船便出しを待つばかりです。

by mineyom | 2006-03-27 23:31 | シンガポール生活

赤ちゃん♪

数日前に出産されたお友達に、病院まで会いに行ってきました。
生まれたての赤ちゃんは、本当に小さくて可愛く、お顔を見ているだけで癒されてしましました。
シンガポール名物(?)のおくるみグルグル巻きで、本当に安心した様子ですやすやと眠っていました。
お腹がすいた時にだけ声をあげるという、とってもおりこうさんな赤ちゃんです。

ママのOさんも2人目の余裕もあって、出産すぐとは思えないほど、元気でゆったりと過ごしていました。
病室は広々とした個室で、まるでホテルのよう。
これなら寛げるだろうな~と、やっぱりもう1人シンガポールで産んで帰りたかった!と羨ましくなってしまいました。

Oさんは、シンガポールから他国へ異動されることがほぼ決定ということでしたが、今はインターネットがありブログがあるので、離れていてもお互いの様子が分かり合えていいですよね。
まだまだ交信しようねと約束すれば、お別れもそんなに寂しく感じなくてすみます。
しかも先の見えない駐在員同士は、お別れも付き物ですが、また将来どこかの国で会えるかもしれないねと明るい希望も持てます。
そんなふうに過ごすのも楽しいですね。

Oさんとは、ナツが1歳の頃に知り合って、仲良くしていただいていたので、最後に赤ちゃんにも会え、ちゃんとお別れできてよかったです。
お互い新天地で頑張りましょうね!

さて、3月に入ってからみんなに「忙しいんでしょう?」と心配そうに聞かれていた私、「それほどでもないのよ~」とのんきに答えておりました。
本当にあまりやることがなかったんです。
しかし今になって、俄然忙しくなってきました。
寸前にならないと解約できないものも多いし、ここへ来て問題が発生したりして、かなり慌しくなっています。
帰国までのスケジュールを作り、何とかこなす毎日です。

しかも、家の引渡しまで数日になって、お風呂のヒーターが壊れました・・・。
この家には、入居時から困らされ、あらゆるところを修理してきましたが、ヒーターにはあと1週間頑張って欲しかった・・・と思いました。
エアコンもあちこち水漏れしてきているし・・・。
うーん、この家には最後まで悩まされそうです。

by mineyom | 2006-03-23 23:03 | シンガポール生活

ボタニックガーデンで朝ご飯

火曜日はお友達とボタニックガーデンに行ってきました。
この日はナツが午前保育のため、ランチではなく、朝ご飯で設定していただきました。
ビジターセンターそばの「カフェレザミ」です。
ここは、とってもカジュアルなオープンエアのお店。
午前中でも、子供連れのママさんや、ワンちゃんのお散歩に来ている人など、思っていたよりにぎわっていました。
d0065459_1054283.jpg

メニューはローカルとウエスタンがあり、私はピータン入りポーク粥を注文。
ピータンはいまいちでしたが、お粥の味はなかなかでした。
大きなボールいっぱいに入っていてお腹はいっぱいになりますが、値段は高めです。
観光客値段なのかも?

この日は曇り空で涼しかったので、緑を見ながら食事をするのが気持ちよかったです。
最後にボタニックガーデンにも来れて嬉しかったです。
私達はカフェでずっとおしゃべりしていて、公園内は歩かなかったのですけどね・・・。
d0065459_1054306.jpg

しかしこの日のメンバーの中のSさんも、同じくこの3月で日本に帰国なのですが、年末にSさんに帰国を告げられたときには、まさか自分も日本に帰ることになるとは全く思っていませんでした。
「お別れするのが悲しいよ~」とか言っていたのに、1週間後の飛行機でSさんを追いかけることになろうとは、予想もしませんでした。
本当に人生どうなるか分かりません。

ナツのお迎えの時間になってしまったので、バタバタとタクシーで失礼しましたが、最後にゆっくりお話できてよかったです。
Sさん、日本でもお互い頑張りましょうね~!

さて、ナツは毎日幼稚園にバスで通っています。
ナツの乗るバスは、人数がそう多くないので、小さなバスです。
前に2列シートがあり、後ろは3人ずつ6人が向かい合わせに座れます。
今までナツは前の2列のどちらかに座っていたのですが、突然そこに座るのを拒否しだしました。
小さい子は前のほうに座ることが多いのですが、なぜか嫌になったようです。
そして後ろの席に座りたがるのです。

最初はアンティさんが前に座るように説得していたのですが、なんとその様子を見て、後ろに座っていたお姉ちゃん、お兄ちゃんが、「なっちゃん、こーこ!なっちゃん、こーこ!」と声を合わせて合唱しだしました。
ナツが隣に座ったって、お姉ちゃん達はあんまり面白くないと思うのですが、一生懸命呼んでくれるのです。
アンティさんは日本語は分からないのですが、皆が何を言っているのかはだいたい分ったようで、ナツは無事後ろの席に座れました。
お兄ちゃん、お姉ちゃんに挟まれて嬉しそうです。

ナツはバスの中でもとっても楽しく過ごしているようです。

by mineyom | 2006-03-21 23:32 | シンガポール生活

シンガポールらしいもの

金曜日は、同じ幼稚園のお友達がうちまで遊びに来てくれました。
子供達が幼稚園に行っている間です。
うちはすでに玄関からダイニングにかけてダンボールで占領されていて、落ち着かなく申し訳なかったですが・・・。
友人はうちの近所のバレエ教室に通っているので、レッスンの前に寄ってくれました。

このバレエ教室、私も通っていたところです。
帰国になったので続けられなくなり残念です。
せっかく体がほぐれてきたところだったのになぁ。
友人が参加しているのは、下のお子さんを連れての産後のリシェイプバレエ。
赤ちゃんを連れてバレエを習えるなんていいなぁと思いました。
私も妊娠してマタニティバレエ、そしてリシェイプバレエに通いたいなぁと思っていたのですけどね。
叶わぬまま帰国になってしまいました。

さて、最近あちこちのお店を覗いてシンガポールの思い出になるものをと探し歩いている私ですが、この間こんなものを買いました。
スターバックスで待ち合わせをしていて見つけたものです。
シンガポールオリジナルタンブラー。
d0065459_313346.jpg
d0065459_3131973.jpg

このデザインが新しいものなのか、どれくらいの頻度でデザインが変わるものなのかは分りませんが、これはとってもシンガポールらしいデザインだなぁと思いました。
中華系、マレー系、インド系、ユーラシアンの女性が4人輪になっています。
みんな踊りだしそうな愉快な絵です。
シンガポールは多民族国家。
4つの民族が協調し、仲良くやっていくことを目指しています。

このタンブラーを持ってスターバックスに行くことはあまりないかもしれませんが、飾っておくだけでもかわいいしと、思わず買ってしまいました。
特に立派なものでなくても、こんなさりげないものでシンガポールを感じられるのはいいなぁと思いました。

by mineyom | 2006-03-17 23:44 | シンガポール生活

雑貨屋めぐり

早めに対処したのがよかったのか、ナツの咳は次の日にはほとんどおさまっていました。
私はホット一安心で、ナツを幼稚園に送りだしました。
ひどくならなくて良かったです。
ナツは1日ハッピーモードだったようです。

私のほうは、この日はお友達と雑貨屋めぐりでした。
帰国前にアジアン雑貨をいろいろ買って帰りたい私と、弟さんの結婚祝いをさがしているという友達とで、気になっていた2軒の雑貨屋に行きました。
1軒目はアッパーブキティマRd.の「バンヤン・ツリーギャラリー」。
ビンタンを始め、モルディブやプーケットにホテルがあるバンヤンツリーのショップです。
d0065459_10103597.jpg

店内は奥に広く、品物がゆったりと配置されていました。
d0065459_10105525.jpg

雑貨のほかに、ホテルのスパで使われているお香やバスグッズ、ボディケアグッズなどが置いており、バンヤンツリーのスパがお気に入りの人には嬉しいお店だなと思いました。
私は葉っぱの大皿2枚と、陶器のソープディスペンサーを買いました。
陶器のディスペンサーは洗面所におくとナツに壊されそうですが、プラスチックにはない、暖か味があって気に入りました。
ほかにも気になるものがいろいろあって、長い時間店内をじっくり見て回りました。

買い物を終え、お店近くのバス停からバスに乗り、クレメンティの駅まで行きました。
そこからMRTでオートラムパークまで行き、そこから今度は徒歩で10分の距離にあるお店に向かいました。
2軒目のお店は「emギャラリー」。
d0065459_10111581.jpg

日本人女性が開いているお店で、以前は自宅をショップとして開放していましたが、年末に新しくショップをオープンしたということで、一度訪れたいと思っていたお店でした。
テキスタイルに力を入れているようで、クッションカバー、テーブルライナー、ストールや布のバックなど、素敵なデザインのものがたくさんあって、私と友人は、このお店がすっかり気に入ってしまいました。
日本人スタッフの方が、商品についていろいろ解説してくださり、飾り方などをアドバイスしてくれるので、イメージしやすいです。

オーナー自らデザインして作らせている商品が多く、オーナーが日本人女性のせいか、日本人の好みの、こういうものが欲しかった思えるデザインのものが多かったです。
雑貨屋さんというよりは、インテリアショップという感じでした。
しかもこちらの品物はどれも質がよいです。

お店でいろいろ見ていると、自分の家のインテリアを一新して、いろいろと揃えたくなります。
しかしどれも素敵なので、友人はまずは自分の家の家具の色と、サイズを確認してどういう方向で行くか考えなきゃ決められないと、再度お店に来訪する決意をしてました。
私もテーブルライナーにも壁掛けにもなる織りの入った布が気に入ったのですが、いいデザインがたくさんあってなかなか1つに決められませんでした。
夫とアジアンの布を買って帰りたいねと話していたので、ここで買おう!と決めたのはいいのですが、それなりのお値段もするため、夫に相談しようと、夫と一緒に来訪することに決めました。

5月には店舗スペースを広げてグランドオープンするそうです。
ますます楽しみなお店です。

何も買わなかったものの気分よくお店を出て、1時を過ぎていたので、慌ててタクシーに乗り、ランチに向かいました。
この日のランチはリージェントホテルのハイティー。
ハイティーにも最後に行っておきたいと、3段トレーのハイティーを楽しんできました。
ほかにもハイティーで気になるお店はあるのですが、ナツのお迎えを考えると、2時や3時スタートのところは難しいです。
ここは1時スタートなので、お昼代わりになり便利です。
そして私がここが何より好きなのが、いつも空いていて、静かでとても落ち着けるところです。
ソファにもたれて寛いでると、寝てしまいそうになるほど、のんびりしてしまいます。

食事のほうも、足りなければお替りを持ってきてくれるので、ばっちり食べられます。
3段食べるだけで、充文お腹いっぱいになりましたけどね。
ケーキの皿のチーズケーキとシュークリームが美味しかったです。
雑貨を見て楽しみ、ハイティーで寛ぎ、とっても素敵な1日でした。

by mineyom | 2006-03-10 23:23 | シンガポール生活

お買い物

昨日の記事のあとお誘いメールを下さった皆さんどうもありがとうございます!
こんな素敵なお友達と出会えただけで、私のシンガポール生活悔いはないと思いました。私の財産です。

帰国日が決定した途端、俄然やる気が出てきて、帰国準備に邁進している私です。
まぁ、やってることといえば、不用品の処分くらいなんですが。
引越し荷物には量の制限がありますし、家は今より確実に狭くなります。
出来るだけすっきりして帰りたい。
今は本とVCDの整理をしています。
インターネットのフリマで売ったり、古本屋へ持って行ったり、日本人会のドネイションボックスに入れたり。
特にVCDはフリマに出したら数時間で売れてしまいました。
古いドラマが多かったので、どうかなと思ったのですが、やはりVCDは人気ありますね。

今週はその引渡しでチョコチョコ外出します。
昨日は午前中にそれで外に出たので、そのまま買い物に行くことにしました。
日本へのお土産&自分のためのお土産探しです。
まずはラッフルズシティを一通り回り、「PRESTAT」というチョコレートショップで「オーガニック・ホットチョコレート・ドリンク」を購入。
このお店、1902年創業の英国王室御用達のチョコレート専門店なのだそうです。
本店はイギリスですが、ここにシンガポール1号店が出来たということでした。
ホットミルクに入れて飲むと美味しいよという店員さんの甘い言葉につられて1箱買いました。
チョコはいろんな種類がありましたが、「ナポレオンⅢ世トリュフ」という品が有名なようです。
次はチョコも買ってみようかなぁ。

ラッフルズシティにはほかに心惹かれるものがなかったので、バスに乗ってチャイナタウンに向かいました。
まずは裕華へ。ここは1階のチャイナテイストの洋服と漢方を始め、中国色溢れるデパートです。
2階には食材もあり、見て歩くだけでも楽しいです。
私は頼まれたチャイナ柄のパジャマを探していたのですが良い物は見つからず。
隣のピープルズパークコンプレックスも行きましたが、目的のお店が休みだったのもあって収穫はなし。
結局、1時間半ほどウロウロ歩き回ったのに、戦利品はこれ1つだけでした。悲しい・・・。
d0065459_7494145.jpg

お土産買いなんて簡単に済むだろうと思いきや、結構時間がかかるかも・・・?
もともとウロウロ買い物して歩くのがあまり好きではないので、とっても疲れてしまいました。

お昼時になっていたこともあり、ずっと改装中だったピープルズパークコンプレックスのフードセンターが最近きれいになってオープンしたので、どんな感じなのか行ってみました。
中央にテーブルとイスがずらりと並ぶ、なかなか大きなフードセンターです。
まだ入ってないストールもいくつかありましたが、お店は結構多いです。
チャイナタウンという場所柄か、お客さんも多く活気がありました。
私は再オープン前の情報を元に、気になるお店を発見。
店先にダックがたくさんぶら下った「道記」へ。
ここはダックライスとチャーシューライスが人気だそうで、お客さんがひっきりなしに来ていました。
私はチャーシューライスを頼みましたが、チャーシューは全くしつこくないのに、かめばかむほど旨みの出る美味しいチャーシューでした。
d0065459_7503284.jpg

3ドルをあっという間に完食です。
あとからチャーシューとダックをミックスして頼めるということに気付き、失敗したぁと思いました。
今度はダックライスも食べてみたいな。

お腹が膨れたあと一通りどんな店があるのか回ってみると、餃子の「Fong Kee」を発見。
ここは美味しい冷凍餃子があるよとお友達と何人かで共同購入したことがあるお店です。
お弁当に大活躍と友人が喜んでました。
ここでは冷凍餃子も扱ってましたが、店先でお店の方が3人並んで、次々とと餃子を包んで蒸したり焼いたりしていました。
すごいスピードです。
私は夕飯用に蒸し餃子をテイクアウェイ。
6ドルで12個とてんこ盛りに盛られていました。
d0065459_7505051.jpg

皮がモチモチとしていますが、癖のない美味しさでパクパク何個でもいけちゃう感じです。
パックしてもらうのを待っていると焼き餃子を注文しているお客さんが続いていました。
こちらも美味しそうだったな。
しかし1人で12個の焼き餃子をみんな買っていたのですが、餃子ばかり一気にあんなに食べちゃうのかしら・・?持ち帰りじゃないんですよー。
このフードセンターほかにも美味しいお店がたくさんありそうでした。

午後は幼稚園から帰ったナツを昼寝させたあと、日本人会のスピーチセラピーへ。
STの先生に帰国のことを伝えました。
現在週一でセラピーが受けられるという恵まれた環境なので、日本に帰っても続けて受けることができるのかとても不安でした。
千葉に帰ると言うと、東京の辺りは盛んだから大丈夫との事、少し安心しました。
先生も新居予定の近辺にいい施設があるか調べてくれるということで、とても心強いです。

先生はもっとナツちゃんの成長を見たかったと残念がってくれましたが、こんなときでもナツはマイペース。
昨日は元気いっぱいでかなりはしゃいでいました。
エレベーターで下に降りるときに、浮かれて突っ走っていったので、勢い余って奥の壁に激突。
ここのエレベーターはほかより奥行がないのです。
奥の壁にどーんと手をつこうとして、勢いがつきすぎてしまったようです。
ナツは唇を切り、赤く腫れてしまいました。
今まであまり動きまわないうえ、慎重だったのでずっと怪我とは無縁の子だったのですが、最近無駄な動きが多い上、まだあまり注意力がないので、怪我することが増えてきました。
口を切るなんていうのはよくある軽い怪我だと思いますが、活発になったのを喜ぶべきでしょうか。

by mineyom | 2006-03-07 23:21 | シンガポール生活

お知らせ

昨日はママサークル「ぽこ・あ・ぽこ」の会合の日でした。
先週の療育サークルに参加した感想や意見を述べ、これから新しく立ち上がるHPの概要について話され、新しいメンバーさんの自己紹介がありと和気藹々と盛り上がる中、私はつらい発表をしなければなりませんでした。
この度我が家は日本へ本帰国することになりました。

実は2月に辞令は出ていたのですが、帰国日がなかなか決まらず、3月末になりそうだ、いや5月になるかもなど話が二転三転どころか五転も六転もし、ここのところずっと落ち着かない日々を送っていました。
しかし先日とうとう最終決定が下り、シンガポール生活もあと1ヶ月足らずとなってしまいました。

辞令が出たと夫から聞かされたときには、全く打診も内示もなかったこともあり、まさに青天の霹靂で一瞬頭が真っ白になってしまい、夫婦そろって真剣に驚いてしまいました。
最初の驚きから脱したあとは、帰りたくないという気持ちがふつふつと沸いてきました。
思えば5年前、シンガポール駐在が決まったときに、赴任期間は原則5年と言われ、何て遠い先の話だろうと思いました。
来たばかりの時には新しい環境に慣れず、5年経てば帰れるんだと思っていたこともありました。
しかし少しずつながらも、こちらでいろんな出会いがあって縁を結んでいき、気が付けば簡単には切れない絆がたくさん出来ていました。
最初は一時的な住まいだと思っていた場所が、5年間でとても大切な場所になっていたのです。

やはり日本から離れて外国へ来ているので、心細いこともあり友人関係も強いものとなりました。
これが本当のお別れじゃないし、世界中に友達がいると思えばいいのですが、やはり今の居心地のよい場所を置いていくのは寂しいですね。

そして一番残念に思ったのは、幼稚園です。
ナツのことをそのままでいいよと優しく迎え入れてくださり、時間をかけて、幼稚園で楽しく過ごせるまでにしてくれました。
ここまで頑張って、せっかくこれからどんどん楽しくなるところだったのに、残念でなりません。
ナツは幼稚園の「お帰りの歌」が好きでよく口ずさんでいます。
ナツが楽しそうに歌えば歌うたび、「その歌はもう歌えなくなっちゃうのよ・・・」と泣けてきます。

でも今まで積み上げてきたものは決して無駄にはならないし、ナツの新しい生活での大きな糧になるだろうと思います。
シンガポールから去る悲しみに少し慣れた今は、日本でのナツの幼稚園のリサーチに燃えています。
今の幼稚園のように、出来る出来ないで子どもを判断するのではなく、一人一人をしっかりと見てくれる、こじんまりとしたのんびり園に入れたいなぁと思っています。
ただこれから年少で入れるのはかなり大変なようなのですが・・・。
日本で子育てするのははじめてて、日本の状況もよく分らないし不安も多いですが、前向きに取り組んで行こうと思います。
もしどなたか東京近郊で、ここはいい幼稚園ですよ!という情報をお持ちでしたら、ぜひ教えてください!

ブログは日本でも続けるつもりです。
しばらくは家探し日記や幼稚園探し日記など、日本の生活に慣れるまでのドタバタ劇になると思いますが、このブログは出来るだけ続けて、ナツの成長記録になったらいいなぁと思っています。
シンガポールでのブログは、滞在期間があと1ヶ月を切ったこともあり、シンガポールで心残りのないよういろんな物を食べまくる、怒涛の食ブログになるかもしれません。
今までだって充分食べていますけどね。
ただ3月21日以降予定ががら空きで、ちょっと寂しい予定表になっていますので、皆さんぜひいろいろと誘ってください!

by mineyom | 2006-03-06 23:11 | シンガポール生活