カテゴリ:シンガポール生活( 106 )

美容院へ

昨日は、Club Streetにある美容院に行ってきました。
昨年9月に気分を変えようと、すごく久しぶりにパーマをかけたのですがどうも気に入らず、ばっさり切りたくてたまらなくなってしまい、J-Plusの美容院特集でピンときたところに電話しました。
日本人のスタイリストさんが2人いらっしゃるところです。
シンガポールでは「ここ!」という美容院にめぐり合えず、美容院ジプシーをしている私、このお店もはじめて訪れました。

今まで男性の美容師さんはちょっと苦手かなぁと思っていたのですが、今回担当していただいた方は、きちんと話を聞いてくださり、私も髪質もよく考えたアドバイスをしてくれて、とてもよかったです。
それが押し付けな感じでなく、私の髪質はこうすればよかったんだぁ!と理解できて、出来上がりも結構気に入っています。
ハイライトを入れたので明るい感じになり、すっきりと頭がとても軽くなりました。

10時にお店に入って終わったのが12時半頃。
ここClub Streetは、イタリアンの「SENSO」、「DA PAOLO」や「INDOCHINE」、「LA VOIX」などなどのおしゃれなレストランが並ぶ通りです。
d0065459_1916950.jpg

どこかに入りたいなぁと思いましたが、1人でふらりと入るような雰囲気ではないので、次はお友達と来ようと雰囲気のあるショップハウス群をあとにし、すぐ近くのマックスウェル・フードセンターまで歩いていきました。
時間も時間なのでお腹がすいていたのですが、お昼時で気になるお店はどこも行列しており、席の確保も難しそうでした。
ここで食べるのは諦め、「ピーナッツスープ」だけテイクアウェイして帰りました。
d0065459_19163364.jpg

ピーナッツの優しい甘さのスープ。
ピーナッツやゴマの餡の入った団子がまた美味しいです。

South Bridge Rd.から家の方向へ歩いていくと、チャイナタウンではあちこちにテントが張られ、たくさんの出店が出ていました。
人出も多くにぎわっており、見て歩くだけでも楽しかったです。
d0065459_19171054.jpg
d0065459_19173745.jpg

そしてテントを抜けて行き当たったのが、地下にあるウエットマーケットでした。
「Chinatown Complex」です。
ここはガイドブックにもよく「チャイナタウンの台所」といって紹介されているかなり大きなマーケットです。
私はシンガポールに着たばかりの頃に来たことがあり、初めてのマーケット体験がここでした。
その時は、独特のにおいと、人の多さと、活気に飲まれてしまい、ここは地元の人のための場所なんだなぁと思ってしまいました。
地下にあるので、暗いイメージが余計に圧倒される原因になったかもしれません。
家の近くにこんな立派なマーケットがあるのだから利用しない手はないのですが、なんとなく足が遠のいてしまっていました。

久しぶりにここを通りかかって、恐る恐る入ってみると、なんと全く楽しい場所に変わっていました!
野菜コーナーはとても広く、種類がたくさんあり、とても新鮮。何より安いのです。
鮮魚コーナーもどれにしようか迷ってしまうほど、活きのいい魚が並んでいました。
にんじん、キャベツ、ほうれん草などの野菜をたくさんと、海老、果物などたくさん買い込んでしまいました。
d0065459_19181517.jpg
d0065459_19184648.jpg

しかも以前は勢いに飲まれてしまったこのマーケットが、普通のスーパーとほとんど変わらないように見えた自分に驚いてしまいました。
それだけシンガポールに染まってしまっていたということなのでしょうか。
蛙や豚の足には相変わらずびびってしまいましたが。
安さと楽しさでまた絶対来よう!と思ってしまいました。

両手に重い荷物を抱えながらホクホク気分で、New Bridge Rd.を歩いていると、長い行列に行き当たりました。
みんな何を並んでいるのだろうと辿っていくと、BBQポークで有名な「林志源」でした。
チャイニーズニューイヤー前は行列が出来て買うのも大変と話には聞いていたのですが、本当にこんなに並んでいるなんて驚いてしまいました。
普段はすぐに買えるのですけれど。
日本人がお正月にお餅を用意するようなものなのでしょうか・・・?
こうして行列しているのを見ると、急に食べたくなっちゃいますね。
d0065459_19192332.jpg

しかし荷物が重いので並ぶ気力もなく、家に急ぎました。
今日は戦利品が多く、夕食に野菜をたくさん食べられたのが嬉しかったです。

by mineyom | 2006-01-20 23:24 | シンガポール生活

カレンダー

今日は洗濯物がたまりにたまっていたので、やっと直った洗濯機で、2回洗濯しちゃいました。
しかし、相変わらず音はうるさくて、ちょっと近所迷惑。
ドラム式はすすぎも脱水もあまくて、すっきり洗濯できないので、本当は修理じゃなくて、日本製のものに変えて欲しかったなぁ・・・と思います。

お昼にナツを幼稚園を迎えに行って、今日は午後はスピーチセラピー。
ナツは3ピースのパズルが出来るようになりました。
適当ではなく、自分で考えながら出来るようになって、手先も少しずつ器用に使えるようになってきました。
40分の訓練を終え、帰るころ雨が降り出していました。
伊勢丹までシャトルバスで行き、伊勢丹前のバス停で降り、そのままそこでバスを待っていれば、家の目の前まで行くバスが来ます。
雨降りの日は本当に助かります。
お昼寝をしないでスピーチセラピーに行ったナツは、どんどん雨が激しくなる中、雷まで大音量でなっているというのに、バス停ですやすやと寝ていました。

しばらくしてやってきたバスに乗って帰宅すると、洗濯物がぐっちょり濡れていました・・・。
2回目の洗濯物を干してから家をでたのですが、その時は強い日が射していたので、少し気にはなったものの、2時間くらいで帰ってくるし、お日様の日で乾かしたいという欲求に負けて、そのままにして行ってしまったのです。
うちのベランダは雨が吹き込んでしまうので、半分もう一度やり直しになってしまいました。
やはり雨季には油断してはいけません。
たとえ短時間でも、出かける時には洗濯物を家に入れておかないと、ただの2度手間です・・・。

夜、夕飯の支度をしていると、突然ガスが切れてしまいました。
シンガポールでは、都市ガスを引いているところもありますが、まだプロパンガスのところも結構あります。
たいていご飯の支度中に突然切れるのでとても不便です。
しかしガス業者に電話すれば、だいたい30分以内で持って来てくれるので、今日はもう夕飯の支度が出来ないということはありません。
今回は20分ほどでおじさんが来てくれ、さっと新しいのに変えて、空のボンベを持って帰って行きました。

今回は1月だからか、今年のカレンダーを置いて行ってくれました。
見ると縦書きのカレンダーです!
タクシーに乗ると、よく中華系の運転手さんがこの縦書きの小さいカレンダーを掛けていて、私は密かに、ずっとこれに憧れていたのです。
最初に見たときは、カレンダーが縦書きだ!と衝撃を受けたものです。
見るときには、横書きのカレンダーに目が慣れてしまっているので、日にちの確認がしにくく、使いずらいだけなのですが、単純に面白いなぁと思ってしまいます。
日本も昔は縦書きだったはずなのに、いつから横書きカレンダーを受け入れてしまったのでしょうか。
縦書きを守り続ける中国人の心意気が素晴らしいです。

やはり実用的なのは横書きの卓上のもので、それならば、夫が会社からいろいろ持って帰って来るので、今までカレンダーを買うチャンスはありませんでした。
たったカレンダー1つなのですが、縦書きカレンダーを手に入れてとっても嬉しいのでした。
d0065459_11431953.jpg

by mineyom | 2006-01-17 23:15 | シンガポール生活

お正月準備?

昨日は午前中、洗濯機の修理の方がやって来て、1時間ほどかけて洗濯機を直してくれました。
試運転も問題なしで、ホッと一息ついていたところ、「部品がまだちゃんと接着していないから今日は使わないで」と。
明日の朝からならOKと言われてしまいました。
ガーン!今日も洗濯出来ないんですか!
すでに洗濯物はたくさんたまっているし、今日もいいお天気で洗濯日和だと喜んでいたんですけど~。
まぁ、仕方ないですね。
洗濯ものがたまっているのって気分よくないですが、見ないことにして明日まで我慢と決めました。

というわけで午前中はおじさんがやってくるのを待ち、おじさんの修理が終わるのを待ちとしていて、外に出られなかったので、その時間ナツのおやつを作ることにしました。
ナツは3歳前くらいまで、好き嫌いはないもののあまり量を食べる子ではなかったので、おやつもあまり欲しがらず、3食食べるだけで精一杯な感じでした。
しかし幼稚園に行き出し、断乳したことで、急によく食べるようになりました。
嬉しいことなのですが、おやつも考えて出さなくてはならなくなりました。
「めんめん~」というリクエストが多いので、午後3時ごろスパゲティをゆでさせ、1日4食しっかり食べているナツです。

今日は帰りも幼稚園からバスで帰ってくる、初めての日。
お腹を空かせているであろうナツに、すぐにおやつを差し出せるように、久しぶりにお菓子を作ってみま」した。
炊飯器を使って作るお菓子ですが、とっても和風なお菓子だったので、お正月に作ろうと思っていて、チャンスがなかったお菓子でした。
2層に分かれていて、上段は上新粉に抹茶を入れたモチモチケーキ、下段は餡にココナッツロングが入っています。
写真がイマイチで硬そうに見えますが、見た目より美味しかったです・・・。
d0065459_194716.jpg


準備万端でロビーまでナツを迎えに行きました。
10分ほど前からドキドキしながら待っていると、定刻を少し過ぎてナツの乗ったバスがやってきました。
中を覗くと、ナツはすぐに私に気付いてにっこりと笑いました。
全く泣いている様子もなく、バスアンティさんに抱っこされて降ろされました。
それからバスが去っていくまで、「ばいばーい」と手を振っていました。
行きも帰りもとってもスムーズでした。

ナツの手を引いて家に帰って、私はすっかり手がかからなくなっちゃったなぁと思いました。
もちろんイヤイヤ真っ盛りのナツには手を焼くことも多いですし、手をかけることはもちろん多いのですが、今まで幼稚園まで送り迎えしていたことを考えると、ロビーまで降りていけば、ナツが自分1人で幼稚園に行って、帰ってきてくれるなんて恐ろしいほど楽です。
気が抜けるほどあっさり手を離れてしまったなぁという感じがします。
こうして私がしてあげなくても、1つ1つ自分でできることが増えていくのでしょうね。

家に帰るとナツはいつものようにおやつの催促。
和風ケーキを出すと、喜んで食べてくれました。
洋風のケーキのほうが喜ぶかなと思ったのですが、気に入ったようです。
お替りを欲しがって、切り分けてないほうにたくさんフォークの跡を残してくれました。
やっぱり君も日本人なのね。
夜、食後にこれを食べた夫は、「草もちが分離したみたいなケーキだね」と言っていました。
そう、確かにその通り!!

チャイニーズニューイヤー準備と称して、買ってきたお飾りを寝室の入り口に飾ってみました。
d0065459_1943324.jpg

毎年ニャーニーズニューイヤーは旅行に出ていることが多くて、特にお正月を祝うことがなかったのですが、今年はせっかくシンガポールで過ごすことだし、お正月気分に浸ろうと思っています。

by mineyom | 2006-01-16 23:42 | シンガポール生活

ボタニックガーデン

日曜日もシンガポールは晴れ。
週末に天気がいいと嬉しくなりますね。
お出かけしよう!という気になります。
この日は、ナツが朝早く起きてしまったのもあって、パパを起こして珍しく午前中から行動開始しました。

まずは夫の提案で、ボタニックガーデンへお散歩に。
午前中だと、まだそう暑くなく、木陰は涼しいくらいでとても気持ちよく歩くことが出来ました。
芝生は湿っていて、座ったり寝転がったりは出来ませんでしたが、少しアップダウンがあるのが楽しいのか、ナツもご機嫌でかけっていました。
d0065459_13141460.jpg

d0065459_13144456.jpg

大きい葉っぱに大喜び。
d0065459_1315828.jpg

d0065459_13153989.jpg

やっぱり緑の中を歩くのはいいですね。
いつもは抱っこばかりのナツも、頑張って歩いていました。
最終的には抱っこになってしまいましたけど・・・。

ここには蓮の花が咲く池もあります。
d0065459_1316615.jpg

ぐるりと1周回れるようになっていて、鯉や亀、めだかなど池の生き物を観察することが出来ます。
トンボもたくさんいて、日本では見たことがないような、真っ赤や水色、羽の先だけ透明なトンボなどいろいろな種類のものが見られ、とても楽しかったです。
伸びをしたまま動かない亀も並んでいました。
d0065459_13163087.jpg


1時間ほど歩き、気分もすっきり、でものどが渇いたころに、ボタニックガーデンを後にして、お昼ご飯を食べに行きました。
今日のランチは、星日報に載っていた「ビストロウエストレイク」。
もともと「ウエストレイク」という日本人にも人気の中華料理屋さんがあって、その支店を改装して今回フランス料理店としてオープンしたのです。Queen's Rd.のHDBの中の2階になります。
d0065459_13171374.jpg
d0065459_13401935.jpg

ナツはお散歩のせいかちょっとお疲れ?
店内は庶民的な雰囲気ですが、清潔でいい感じでした。

メニューにはエスカルゴやフォアグラなどの高級食材を使ったものもありますが(それでも高くはないです)、入り口の看板に載っているセットミールがお手ごろ価格で美味しそうだったので、そちらを頼んでみました。
d0065459_13404361.jpg

私のビーフストロガノフ(上)と、夫のジンジャーポークライスはそれぞれ4.8ドル。
d0065459_13413432.jpg

ナツ用にスパゲティが付いていたフレンチセットミールは8.8ドルと、量も多くてお安く嬉しくなりました。

お味のほうは、フランスの家庭料理らしく、手作りの素朴な味で美味しかったです。
マッシュルームのパイ包みスープ、デザートに頼んだ紅茶のプリン、ヤム芋アイスクリームも美味しかったです。
デザートは各2ドル。
お腹にもお財布にも満足なお店でした。

ここでは、「ウエストレイク」から中華料理も注文できるそうです。
いろんな料理が食べてみたいときには、それも嬉しいかも。
私はウエストレイクの「ヤム芋バスケット」が好きでそれを久しぶりに食べたかったのですが、フレンチだけでお腹いっぱいになってしまったので断念しました。

お昼を食べたあと、Hollandに場所を移してお買い物。
雑貨や家具屋さんを見て回り、前から欲しかったマガジンラックを買い、チャイニーズニューイヤのお飾りも買ってきました。
買い物が終わると、そろそろナツが眠くなってきていたので、慌てて家に戻りました。
朝から行動すると、1日が充実していいですねぇ。
週末どちらも晴れて、お出かけできて嬉しかったです。

by mineyom | 2006-01-15 23:00 | シンガポール生活

ナイトサファリ

今日もシンガポールは晴れ。
雨季で外出もためらってしまうほどでしたが、週末にやっとお天気がよくなってくれました。
お出かけだ~と勇んでいたのですが、今日は洗濯機の修理が来るということで、家で待機していなければなりませんでした。
もうかなり前から洗濯機の調子が悪くて、脱水時には工事中?というような騒音がするし、入居時からすでに洗濯機が臭くて、ずーっと中の解体清掃をして欲しいと頼んでいたのです。

何度か催促して、やっと修理業者を手配してもらえました。
しかし修理の人がこれるのは土曜の午後。
土曜日の午後って一番貴重な時間なのに・・・。
しかも時間は未定。
ナツがかなり暇をもてあまし気味で困ったなぁと思っていると、午後2時くらいにおじさんが1人やってきました。

中の様子をしばらく見ると、本体と洗濯槽をつないでいる軸がもうだめになっているので交換するといいます。
しかしなんとその換えの部品を持ってくるのは月曜日の午前中。
今日中に終わらせてよ~と力が抜けてしまいました。
シンガポールの修理ってなぜか1回目は様子を見るだけで終わっちゃうんですよね。
こういうところが変だって言っているんだから、予測して部品なりを持ってくればいいと思うのですが、たいていは次回になっちゃいます。
今回も「また来る」とだけ言い残して修理のおじさんは帰って行ってしまいました。
あとにはすっぽり洗濯槽を抜かれた洗濯機が残されました。
月曜日まで洗濯ができません・・・。
ああ、せっかくお天気がよくなったのになぁ。

すっかり出かけるタイミングを逃した我が家は、今日はこれからが本番だと、「ナイトサファリ」に出かけることにしました。
夕方家をでて「Chinatown Point」の「マウスレストラン」で炒飯や煮込み料理の夕ご飯を食べ、そのままナイトサファリに向かいました。
夜7時ごろにはもうチャイナタウンはライトアップされていて、先日見た戌達が輝いていて、街は華やかになり、とてもきれいでした。

ナイトサファリは夜19時からオープンしている夜の動物園です。
徒歩やトラムに乗って、動物の夜の生態を観察することが出来ます。
夜の動物園というだけでなんとなくワクワクしてしまう、不思議な場所です。
我が家がここへやってきたのは約2年ぶりでした。
日本からのお客さんの案内に、まだ1歳のナツを連れてきたのですが、夜遅いし、暗くて見えないのでナツは全く喜びもせず、途中ですーすーと寝てしまいました。
夜に遊びに行くのは早すぎたなぁと機が熟するのを待っていたのです。
明日は幼稚園もお休みだし、今日は昼寝もして万全です。

夜7時半ころ、ナイトサファリに入場しました。
d0065459_1934262.jpg

トラムの時間までにまだ余裕があったので、少し徒歩で回ってみることにしました。
歩いたのは、カワウソやベンガルヤマネコ、マメジカなどが見れるフィッシングキャットトレイル。
距離が短くて歩きやすいルートです。
出発~。
d0065459_19345691.jpg

ナツはかなり張り切っていて、動物を見つけては指差して喜び、柵につかまって一生懸命見ていました。
暗くて分らないかなと思ったのですが、ちゃんと見つけられたようでした。
ちょうどえさの時間で、係員の方がえさを投げるとたくさんの動物が集まってきて、食べている様子をよく見ることが出来ました。
ナツは興奮して、動物達が食べている間中、「あむあむ、あむあむ」と言いながらその様子を見ていました。

トラムの時間が近づいてきたので、ルートを逆戻りしてトラム乗り場へと急ぎました。
トラムは40分ほどかけて園内を回り、全体の75パーセントほどの動物を見ることが出来ます。
日本語トラムに乗れば日本語の解説が付き、徒歩で回らなくても快適に楽しむことが出来ます。
トラムのすぐそばを動物が通ったりして、暗いせいもあってドキドキ感も高まります。
大人でも目を凝らしたりして見るので、ナツは大丈夫かと思いましたが、ちゃんと動物を見つけ、寝ている動物は「ねんねー」と教えてくれたりしました。
右側を見たり、左側を見たりとなかなか忙しいのですが、最後まで飽きずに楽しんでいました。
d0065459_19353627.jpg

すごく暗くて分りにくいですが、こんなトラムに乗って行きます。

トラムが元の位置に戻ってくるともう9時。
歩いて回るルートは、3つあっていつか絶対全部歩いて回ってみたいと思っているのですが、いつもトラムに乗るだけで時間切れとなってしまいます。
ナイトサファリは午前0時までやっていますが、ナツ連れではそんなに遅くまでいることは出来ません。
次はトラムには乗らず、最初から歩いて回ってみようかなと思いました。
トラムと違って徒歩には徒歩のよさがあり、夜のジャングルの中を探検隊気分で歩くことが出来ます。
暗がりの中、周りに人が途切れると、動物園内だと分っていても、思わず早足になるほどドキドキします。

ここでは動物達にストレスを与えるため、フラッシュを使っての写真撮影は禁止されています。
神秘的な世界を自分の目に焼き付けておかなければいけません。
しかしそれではちょっと寂しいので、お土産やさんに並んでいた木の動物達と記念撮影。
d0065459_193604.jpg

キリンがとても可愛くて、家に連れて帰りたくなりました。

by mineyom | 2006-01-14 23:48 | シンガポール生活

アリ、アリ、アリ!

ここのところずーっと雨続きで、気分もじっとりしてしまったシンガポールですが、金曜日は久しぶりに晴れ間が見れて、気持ちの良い日となりました。
しかし今うちが悩まされているのはアリ。
体長1ミリくらいの小さい小さいアリです。
この家に越してから10ヶ月、ヤモリにもゴキにもアリにも全く遭遇することなく、とっても快適な生活を送っていたのに、ここへ来て突然ありが発生しました。
とっても憂鬱です。

思えば前に住んでいた家も、新築で虫とは無縁の生活をしていたのに、やはり雨季が始まったころにアリが突然出始めたんですよね。
その時はどんどん出没範囲を広げていくアリに、「ギャー、こんなところまで!」と叫び続け、ノイローゼになりそうでした。
さすがに人間慣れるのか、今回はそこまでパニックになることはありませんが、本当にイヤでたまりません。
見つけるたびに「ああ~」と鬱々とした気分になってしまいます。
アリの発生って雨季と関係あるのでしょうか。
そうだとしたら雨続きから脱したようなので、ちょっとはましになるのかな。

シンガポールのアリって不思議で、なぜか水の入っていたコップの中にいたり、ひたすら壁を歩いていたりして、特に甘い物によってくるというわけでないんです。
ナツのお菓子の食べこぼしや、食べ終わったアイスやフルーツの皮が入ったゴミ箱などは無視。
なのでごみを出さないようにしたり、きれいに掃除をしたりしてもあまり効果はないんです。
前の家のときはアリコンバットが結構効いたのですが、今回のアリたちには全く効き目なし・・・。うんざりしてしまいます。
今日、西野薬局へ行って「アリメツ」を買ってきたので、これは効いてくれるかな。
早くアリとの生活はおさらばしたいです。

午後、ナツを幼稚園へ迎えに行くと、見たことのないズボンを履いていました。
どうしたのかと思ったらトイレで失敗したとのこと。
最近は昼間の失敗は、全くなかったので珍しいなと思ったら、お漏らしではなく、トイレでおしっこをするときに濡らしたようなのです。
この日は着替えにワンピースを持たせていました。
外遊びが多い日はズボンのほうがいいですが、そうでない日はワンピースのほうが涼しいし、同じクラスの女の子はワンピースを着てる子が多いなぁと、たまたまあまり考えずに持たせたのです。

しかしトイレではそれが仇になったようです。
トイレに座ったあと、ワンピースを前でたくし上げて持っていないので、勢いよく出てしまうと濡れてしまうようです。
先生も注意を促してくれているのですが、今回は間に合わなかったということでした。
確かに家でも、すその長いシャツのときに濡らしてしまったことがありました。
シャツでそうなのですから、ワンピースならそうなるのは目に見えています。
やっぱりズボンじゃなくちゃダメだなぁと気軽に持たせてしまったことを反省しました。

これから濡らさないで注意してすることも教えなければなりません。
ただトイレでできるというだけでなく、最初から最後まで、自分ひとりでちゃんとできるというところがゴールなのですね。
これからはトイレマナーが課題です。


今日の読書
「夜のピクニック」 恩田陸
2005年本屋大賞の第一位ということで読んでみました。
ただ一昼夜、24時間歩きとおすという高校の行事を書いた物語です。
さわやかな青春小説です。

今年、全国の書店員が選んだ一番売りたい本というコンセプトの本屋大賞という雑誌を買ったので、今まで読んでいなかった作家と出会えてなかなかの収穫でした。

by mineyom | 2006-01-13 23:01 | シンガポール生活

チャイナタウン2

昨日もチャイナタウンに行ってきました。
今度はお友達と手芸やさんめぐりです。
お友達のKさんが、ベビーチェアによく付いてるウエスト部分でカチッと止めるバックルを探しているというので、お付き合いしてきました。
シンガポールで手芸やさんと言ったら「スポットライト」というくらい、大きな手芸やさんが「プラザシンガプーラ」にあるのですが、ここには在庫がないということで、ほかのお店を探していらっしゃいました。
シンガポールでは、ここに限らず、売り切れたらおしまいというところがあって、「じゃあ、取り寄せしましょう」なんてことはあまりありません。
次いつ入荷するんですかと聞いても、「いつか分らない」、「しばらくは入らない」と言われることがざらにあります。
というわけで、違う店を探したほうが早いということが良くあるのです。

私は普段手芸をしないので、手芸やさんには縁がなく、「スポットライト」以外の手芸やさんを知らなかったのですが、Kさんがチャイナタウンの「ピープルズ パーク センター」にあるという話を聞いてきていたので、探しに行って来ました。
このショッピングセンターには、4年位前に日本から来た友人と行ったきりで、それ以来足を踏み入れたことはありませんでした。
しかしそのときと比べると、すっごくきれいになっていて驚いてしまいました。
前はものすごく雑然としたイメージがあったのです。
今は通路が広く取られ、お店が探しやすくなっていました。

しかし教えてもらった「ゴールデンドラゴン」という手芸やさんはなかなか見つかりません。
諦めて「チャイナタウンポイント」に歩道橋で渡ろうと向かった先に、そのお店がひょっこり現われました。
思わず「あったー!」と叫んでしまいました。
もしここへ行かれる方がおられましたら、フラマホテル側のショッピングセンターの一番端っこになります。
d0065459_194558.jpg

「ゴールデンドラゴン」は、「スポットライト」のような大きさはありませんでしたが、個人の手芸店にしては広く品揃えもなかなかでした。
よく見ると日本の製品もたくさんあり、アイロンで止めればすそ上げが出来るテープや、ペンチのような形をしていて、パチンとすればスナップボタンが留められる道具など、便利グッズがたくさん置いてありました。
日本って本当にこういうものを作らせたらピカ一だなぁと感心してしまいました。
スポットライトにない商品があったりと、手芸好きな方なら使えるお店だなぁと思いました。
ただKさんがお探しのバックルは、小さいサイズしかおいてなく残念でした。

ピープルズパークセンターには、もう一つ手芸やさんがあってそこも覗いてきました。
こちらは「ゴールデンドラゴン」より小さいですが、ボタンやビーズなどがいろいろ種類をそろえていました。
ここにもバックルはあったのですが、ほしいものより小さいサイズ。
ここでも希望のものは見つかりませんでした。
しかしこのバックル、私は最初どこに売っているのか皆目検討が付かなかったのですが、手芸やさんにおいているのですね。
リュックやバックを手作りするときに、ふたの部分に使うようです。なるぼど。

もう大きいサイズのはないのかも・・・と少し諦めかけたころ、歩道橋をわたって「チャイナタウンポイント」に向かいました。
そこで私に1つひらめきが。
以前ここに来たときに、何気なく入ったアウトドアやさんがありまして、アウトドア好きの夫が非常に気に入って長居したことがあったのです。
そこは間口は狭いのですが奥に広いお店で、さまざまなアウトドア用品が置いてありました。
キャンプや登山をする方なら気に入るお店ではないでしょうか。
ここはグッズだけでなく部品のようなものもある専門的なお店だったので、ここならもしかしたらあるかもしれない!と思ったのです。
d0065459_1953779.jpg

Kさんがレジにいたお兄さんに聞いてみると、こともなげにああ、バックルねという感じで、大小4種類のバックルを出してくれました。
そこには希望の大きさのものも!
ここにあったのか~と力が抜けてしまいました。
欲しかった物が無事購入できてよかったです。
私も最後に何とかお役に立てて嬉しかったです。

気分もすっきりして、2人でコーヒーを飲みながら少しおしゃべりをしました。
しかし今日は半日保育の日なので、すぐにお迎えの時間になってしまい、バタバタとお店を出ることになってしまいました。
せっかくチャイナタウンに来たのに残念です。
次は美味しいものを食べに来たいなぁ。

ナツをお迎えに行くと、先生から嬉しいお話が。
朝のバスが思った以上に調子がいいので、全日保育の日は、帰りもバスに乗れることになりました。
帰りはみんなで帰りのお歌を歌って、そのままみんなで順番にバスに乗り込んで出発するので、行きよりも楽しいし、スムーズに行くのではないかと思います。
その上、水曜日も全日保育となり、これで週3日全日保育の日となりました。
僅かずつのステップですが、確実に前進しているのが嬉しいです。
いきなり全日保育でバス通園するよりも、親の私の方も少しずつゆっくり子離れできるので、それもよかったかなぁと思います。

by mineyom | 2006-01-12 23:12 | シンガポール生活

チャイナタウンは戌でいっぱい

先日チャイナタウンを車で通りかかったら、クリスマスは影を潜め、すっかりチャイニーズニューイヤーの飾り付けに変わっていました。
もうそんな時期なのねと活気づく街を眺めていました。
この年末年始は、日本のようにお正月気分は盛り上がらず、普通に過ぎましたが、中国系の方にとっては、これからが本番!
今年は今月末のチャイニーズニューイヤーに向かって、盛り上がっています。

今日は曇り空のものの、雨は降っておらず、久しぶりの傘なしの日となったので(折りたたみ傘は携帯していますが)、午後、ナツとチャイナタウンに散歩がてら行ってみました。
うちからチャイナタウンの中心部までは、歩いて10分弱くらい。
お手軽な散歩コースになります。
途中ホーカーや果物屋さん、漢方の店など、たくさんの店が並んだ通りを通るので、眺めているだけでも楽しめます。

EU TONG SEN STとNEW BRIDGE RDにでると、大通りはチャイニーズニューイヤーの飾り付けがされ、大きな戌たちが並んでいました。
愛嬌のあるワンちゃんたちがたくさん並んでいるので、なかなか可愛いです。
風に吹かれて左右に揺られていました。
d0065459_10383537.jpg

毎朝ここを通勤のために通る夫は、「あの戌たちは微妙に動いている」と言うので、何か電動のしかけでもあるのかと期待していたのですが、私にはただ風に吹かれて首を振っているようにしか見えませんでした。
そしていつも、メンテナンスのおじさんが、上に登って戌たちを修理しているそうです。
張りぼてなので、壊れやすいのでしょうね。
毎日のように登らなくちゃいけないおじさんたちも大変でしょうが、連日激しい雨に見舞われているワンちゃんたちもさぞ大変なことだろうと思いました。
d0065459_1039478.jpg

こちらは「Chinatown Point」の正面。
こちらにもよく見るとワンちゃんたちが顔を覗かせているのが分ります。
チャイニーズニューイヤーなのに、なぜ風車とピサの斜塔なのかは謎です。
しかもクリスマスの時の飾りつけをはっきりとは覚えていないのですが、これってただのクリスマスの使い回しのような気がするんですが、気のせいでしょうか。

チャイナタウンでは、いたるところでチャイニーズニューイヤーのお飾りを売っており、華々しく輝いていました。
d0065459_10392951.jpg

赤と金で目が痛くなりそうですが、本当に中国らしいなぁと思いました。
派手ですが、天井からつるすものは見た目もきれいなので、1つ買ってみようかなぁと思いました。
家でもチャイニーズニューイヤー気分が盛り上がるかもしれません。

通りをぶらぶら歩いているとナツが疲れたようなので、OGデパートの3階にある「ウエストレイク」で休憩しました。
このお店はいくつか支店があり、ここはカジュアルなファーストフードのような店になっています。
d0065459_10395316.jpg

白いふわふわの皮に、柔らかく煮たお肉をはさんで食べるPork Bunが有名で、時々ショッピングセンターなんかでも出店を出しているのを見かけます。
これがpork Bun。
d0065459_10402129.jpg

アツアツなのでナツが吹いて冷ましています。
甘辛いたれがBunに染みて美味しいです。
見た目よりくどくなく、1つくらいぺろりといけちゃいます。
ナツは白いパン部分だけ食べていました。
周りの方は、ご飯、おかず2品、スープが付く、いつくかあるセットメニューを食べている人が多かったです。

休憩後、OGデパートを出て、Peoples Park Complexのほうに向かうと、その間に小さな出店がいくつもあり、その中に私が一番お気に入りのエッグタルトやさんを見つけました。
d0065459_10405284.jpg

前にあるのはナツの頭・・・。
このお店、時々ショッピングセンター内で出店を見つけるものの、期間限定なことが多いので、食べたいときに食べられないことが多いのです。
朝食用に、大を2つ買いました。
これがエッグタルト。
d0065459_10412249.jpg

皮がパリパリしていて、中の卵部分が、クリーミープリンのようで美味しいです。
ナツも好物なので、あっという間に食べられてしまいます。
ナツは中身しか食べないんですけど。

嬉しいお土産も手に入り、家に向かいました。
その途中、HDBに囲まれた公園があるのですが、そこでナツが立ち止まり、遊んでいくといいます。
馬に乗ってご機嫌。
d0065459_10415254.jpg

ここは、たくさんの人が集ってのんびりくつろいでいて、活気があるのにのんびりした空気があって、好きな場所です。
ここには5つ乗り物があるのですが、ナツはそれを2巡しても、まだ帰らないと言います。
楽しく遊ぶのはいいですが、空が暗くなってきて風が出てきました。
もうすぐ雨が降るよーと説得して、急いで家に戻りました。
少し雨が切れたと思いましたが、1日中雨なしということにはなりませんでしたね。

by mineyom | 2006-01-11 23:47 | シンガポール生活

週末

土曜日。
朝は前日に作った伊達巻を食べました。
もうお正月は終わってしまったし、お節作りは来年ねと思っていたのですが、めるさんのブログを見たら、簡単で美味しそうな伊達巻の作り方が載っていて、これなら私にも出来そうと作ってみることにしました。
元旦に手を抜いてしまったことを、ちょっと反省していたせいでもあります。

めるさんのレシピは豆腐を使うものでした。
ヘルシーでいいなと思いました。
厚焼き玉子を作り、巻きすで巻いてあら熱が取れるまで輪ゴムでとめておくということだったのですが、これでちゃんとあの伊達巻になるのかドキドキ。
すっかり冷めたので巻きすを外してみると、確かに伊達巻だ~。
焦げ目がイマイチ上手くつかなかったけど、味も食感も伊達巻でした!
d0065459_191770.jpg

朝食を済ませた(伊達巻だけじゃないですよ)後、週末は晴れていたら動物園、雨だったら水族館に行こうと考えていたら、土曜日は降ったりやんだりのはっきりしないお天気。
やはり大事をとって水族館かと考えていると、ナツが軽い下痢をしていたので、家で様子を見ることに。
普段あまり飲まない牛乳を、この日はなぜか気に入って欲しがるので、飲ませすぎたかもしれません・・・。
ほかに症状はないので、家でゆっくりする日となってしまいました。

日曜日。
今日もお天気は悪く、雨続き。
ここのところ雨の日が多くて、気分もどんよりしてしまいます。
昨日のうちにナツの下痢はよくなったので、今日はお出かけすることに。
まずはお昼ご飯を食べに、グレートワールドシティのフードコートへ。
前にお友達の家で、ここの中の韓国料理屋のビビンバをテイクアウェイしていただき、とっても美味しかったので、次は熱い石焼き鍋で食べたいなぁと思っていたのです。
テイクアウェイした時のほうが量が多くて、美味しかったような気がするのですが、気のせいかな。作る人が違うから?
卵入りでアツアツのが食べられたのは満足でした。
d0065459_1914413.jpg

ナツはジャパニーズフードのストールの焼きうどん、夫はカツカレーを食べていました。

昼食を終え、雨が激しく降っていたので、今日は悩むことなく水族館!に決定して、セントーサ島のアンダーウォーターワールドに向かいました。
こんな雨の中来る人がいるのかなと思っていましたが、逆に雨で行くところがないからか、水族館は結構混んでいました。
d0065459_1921236.jpg

入り口を入ってすぐのところにフロア2階分の筒のような水槽が迎えてくれます。
前回来たのは1年以上前で、ナツもあまり興味を示さず、ただ眺めるだけで終わってしまったのですが、今回はかなり興味しんしんで、水槽に手を伸ばして喜んでいました。
d0065459_1923933.jpg

きれいな魚がいっぱいの水槽。
d0065459_1932258.jpg

大きな魚にも嬉しそうに近づいていきました。触りたそう。
d0065459_193479.jpg

水草の一部にも見えるシードラゴン。
d0065459_1971110.jpg

隠れくまのみ。
d0065459_1974089.jpg

近くにいた子供達が興奮して「!ファインディングニモ!」としきりに叫んでいました。
ナツも「ファインディングニモ」のDVDは見たことがあるのですが、その時はあまり興味を示さずにすぐにどこかへ行ってしまって、私だけが楽しんでしまったのです。
魚が好きになったし、今見たなら楽しめるかなぁと思いました。
d0065459_198175.jpg

くらげ。
d0065459_1985589.jpg

そしてこの水族館の一番の見せ場。
海の中のトンネル。
エイやジュゴンまでいて、楽しかったです。
ナツがどんどん先に進んでしまい、気付くと2周していました。
ナツは魚はもちろんですが、動くベルトコンベアーが気に入ったようで、ジャンプしたり、後ろ向きになったりと楽しんでいました。
放っておいたら、3周目も行きそうだったのですが、「じゃあ、ママとパパはここで待ってるから行っておいで」と言ったら慌てて逆向きに走って戻ってきました。
d0065459_1993217.jpg

最後に入り口近くのタッチプール。
魚の入った水槽に自由に触ることが出来ます。
ナツは魚を追いかけるよりも、水遊びに夢中でした。

シンガポールの水族館は、あまり規模は大きくありません。
日本の立派な水族館を見慣れていると、ちょっと物足りないかも。
しかしナツくらいの子と一緒に見て回るにはちょうど良い大きさです。
今回はナツが喜んでみてくれたので、私達もとても楽しめました。

by mineyom | 2006-01-08 23:45 | シンガポール生活

お正月

ようやくブログの世界でも2006年が明けます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月1日は、大晦日に夜遅くまで起きていたため、家族全員朝は遅め。
あまり新年というすっきりとした気分でないまま、のんびりと2006年が始まりました。
しかしあんまりゆっくりしている暇はありません。
この日は夫の会社の同僚の方が家族を連れてタイからシンガポールへ遊びに来ていたので、シンガポール駐在の家族も集まって、新年会をすることになっていました。
ナツに朝ご飯を食べさせて慌てて支度し、3人でカールトンホテルへ向かいました。

この日の会場は「ワーロック」という中華レストラン。
飲茶が美味しいところです。
4家族、同世代の方ばかりだったので、和気藹々とした楽しい会となりました。
ナツのほかに2人お子さんがいらして、ナツは一番年上のお姉ちゃんらしく、おとなしく食事をしていました。麺ばかりでしたけど・・・。

店内は大変な混みようで、店の外の通路にもいくつもテーブルを出してお客さんを座らせているほどで、それでもまだ入れない人がたくさん待っていて驚いてしまいました。
以前来たときは、狭い部屋に通されて、この店あんまり大きくないのねと思いましたが、実は大広間がどど~んとありました。
思っていたよりずっと広い、立派なレストランだったのです。
私達は大きな円卓で、たくさん飲茶を頼み、美味しい料理を堪能しました。

新年の挨拶も済ませて、気分よくホテルをあとにしました。
家に帰ったあとは寝正月?とばかりテレビを見ながらゆっくり過ごしました。
年末仕事が忙しかった夫が、「俺は今日は何もしない。だらだらする」と言うので、私もいろいろ目に付くところがあっても気にしないようにし、のんびりさせてもらいました。

ただ夕飯だけは作らねばと、気合を入れて起きだし、お雑煮を作りました。
それから買ってきた伊達巻とこれだけは作った栗きんとん。
お節は以上。
毎年「お節あっても食べないよ」と夫が言うので、夫が好きな伊達巻と栗きんとんだけ用意していました。
栗きんとんは自分で作ると甘さが調整できていいですね。
今年はNHK「今日の料理」で見たかぼちゃを使う栗きんとん。

しかし夫、あんなに甘いもの好きだったのに、「何だか、甘いのが首にゾクゾク~っとくる」と・・・。
三十ウン歳にして、ようやく大人の味覚に目覚めたようです。
その代わり、ナツが目の色を変えて伊達巻をほおばっていました。
子どもって伊達巻好きだよなーと改めて思い出しました。
大人の好みの味になった夫と伊達巻大喜びのナツ。
来年は気合を入れてお節を作るべきでしょうか。

シンガポールにいると、お正月という感じがしないので、大晦日だからそば食べないとーとか、お正月はお雑煮食べないとねーと自分で気合を入れないと、知らぬ間になんでもない日として過ぎてしまう危険があります。
今年はまぁ、何とかお正月の体裁は繕えたかなという感じで終わりましたが、来年はナツのためにももうちょっと頑張ろうかなぁと思いました。
d0065459_12522661.jpg

お雑煮をいただくナツ。
お餅は小さく切って少し入れただけなので、それでは足りないだろうとナツのはそば入り。
2006年も麺から始まったのでした。

by mineyom | 2006-01-01 23:27 | シンガポール生活