カテゴリ:幼稚園( 40 )

ちょっと、へこんだ~

金曜日は英会話のはしご、の予定でした。
午前中は日本人会で、午後はオーチャードでプライベートレッスン。
英語漬けの1日で頭が痛くなりそうだ・・・と思っていました。
しかし午後1時に学校に着くも、いくら待っても先生が来ない。
事務の方が「もうすぐ来るからもう少し待ってください」というので待っていましたが、私のほうもナツのお迎えがあるので、そう時間に余裕があるわけではないのです。
結局先生は25分遅れてやってきました。
しかも2時からクラスを持っているので、今日はレッスンできないとのこと。
なんですってー!!
そんなことなら最初からそう言ってよ。
今回のことは事務の方の連絡ミスなのか、先生の確認ミスなのかよくわからないのですが、私のほうもバスを使ってわざわざ来ているのだし、そういうのはとっても困ります。
レッスンがないならないで、いろいろ用事も済ませられたのにー!
私の時間を返せー!!


さてタイトルの「ちょっと、へこんだ~」はこのあとのことです。
ナツのお迎えに行ってタクシーに乗り込み、私がまずするのは連絡帳を読むこと。
1日の様子が書いてあるのでとっても気になります。
最初のころは泣いてましたと書いてあることが多かったので、落ち込むこともありましたが、最近は幼稚園での楽しそうな様子が伝わる言葉が多いので、読むのがとても楽しみになっていました。
この日も連絡帳には、ナツの好きなダンスをキャーキャーいいながら嬉々としてやっていたことが書かれていてほっとしました。
そして、連絡帳にはさまれているお便りを読みました。

それは来月行われる「パフォーマンスディ」のお知らせでした。
パフォーマンスディとは、昔ふうにいうと幼稚園の学芸会や発表会のようなものです。
ナツのクラスは英語の手遊びや、日本語の歌のダンスなどを披露するそうです。
それはとっても楽しみだなぁと思いました。
ダンスはA、Bの2つのグループに分かれてするそうで、ナツはAグループに入っていました。
同じグループの子は誰かなと見ていくと、あれれ?同じ年のお友達がいない・・・?
よーく見るとN1クラスからナツ1人だけNPクラスの中に入れられてる。ガーン!
NPクラスとは、もともとN1クラスは1歳半から3歳児(年少前まで)の子がいて、年齢の幅が大きいので、最近主に2003年4月生まれ以降の小さい子を集めて新しく作ったクラスです。
普段の活動はN1、NPクラス一緒にやっていることが多いのですが。
ナツはその2003年生まれの子達の中に入っていたわけです。

ダンスの内容を見ると確かにBグループのほうがちょっと複雑そうです。
ナツには難しいのかもしれません。
う~ん、そうかぁ、そうかぁ、そうだよねぇ。
先生もなにも意地悪でこんなグループ分けをしたんではないと思います。
無理にBグループに入れて出来ないとなるよりも、Aグループで踊って楽しんだほうがずっといいと思われたのでしょう。
ナツが楽しめるようにとよく考えてくださったのだと思います。
それはよくわかっているのですが、こんなようなことがあるたび、私は毎回落ち込んでしまいます。
辛いというほどではなく、ちょっとへこむなぁという感じ。
ナツのことはよく理解して、ナツのためによりよいことをと思っているのですが、ちょっと現実を見ただけでへこむ、へなちょこな母なのです。
でも毎回落ち込むのが親というものなのかなぁとも思います。
慣れるということはないですね。

しかしそんなふうにへこんでいたのも、ほんの2時間くらいだけ。
ナツが昼寝から起きて、元気に遊び始めたら、どうでもいいかぁとスパーーンと上昇しました。
Aグループのダンスは、子どもがそれぞれ「たぬき」「うさぎ」「へび」に扮装して踊ります。
ナツはたぬきが好きなので、たぬきを希望します。
たぬきに見える服を用意するということなので、茶色い服を探して丸い尻尾もつけちゃって、可愛いたぬきに変身させよう!と考えています。
ナツがみんなと躍るのを見るの楽しみだなぁ。
パパとママとではりきって応援に行っちゃうよ!

by mineyom | 2005-11-18 23:28 | 幼稚園

全日保育

昨日から週2回の全日保育にチャレンジしているナツ。
毎週月曜日と金曜日は、ランチ後みんなと一緒にお昼寝して、午後3時にお帰りです。
昨日は1週間のお休みの後ということもあり、ちゃんと泣かずに過ごせるか心配でしたが、1日ハッピーでお昼寝もできました。
すんなりと寝つき、30分ほどで「おはよー」と言って機嫌よく起き、後の時間は別室で楽しく遊んで過ごせたそうです。
昔から寝つきの悪い子で、泣かずにちゃんと眠ることができるかが一番心配だったので、ほっと一安心です。
やはりみんなと一緒だと違うんだなぁと感心します。

しかし今日、半日保育だから楽勝でしょう!と足取りも軽くお迎えに行くと、久しぶりに長時間泣いていたとのこと。
朝から機嫌が悪くて涙が止まらず、自分でも泣くのを押さえられない感じだったということでした。
やはり全日保育は疲れるのかな。
前回1度、1日だけ全日保育をしたときも、その当日は機嫌がよく、ちゃんとお昼寝が出来たのですが、やっぱり次の日が堪えるようで、調子が悪く疲れているようだと言われたのです。
私からすると午後はお昼寝をするだけだし、普段午前だけで家に帰っても昼寝は少ししかしないで元気に遊んでいるので、全日保育でもそんなに変わらないだろうと思うのですが、やっぱり幼稚園で1日過ごすというのはナツにとっては、大変なことなのでしょうね。

しかしこればっかりは、少しずつ体力が付いていくのを待つしかないので、しばらく週2日全日保育にして様子を見たいと思っています。
無理をしないよう、疲れがたまらない程度で頑張りたいと思います。
少しずつしっかりして行ってくれるといいな。

さて、1週間ほど前からナツは「No」という言葉を覚え、「これは使える!」と思ったのか毎日使いまくっています。
私が何を言っても返事は「No!」。「No」の嵐。
素直に言うことを聞くのが嫌なようです。
これがイヤイヤ期というものなのね・・・と眺めています。
幼稚園でも言いまくって先生を困らせているのかなぁと思います。

しかしナツの「No」は、「のぉ~」というちょっと間延びした迫力に欠けるもので、牛の鳴き声みたいと聞くたびにおかしくて、あまり腹は立ちません。
本人は真剣なんですけどね。
「のぉ~」が聞きたくて、つい何度も言わせて楽しんだりしちゃってます。
こういう変な発音や舌足らずな言葉も少しずつしっかりしていくんだろうなと思うとちょっと寂しい気もします。

by mineyom | 2005-11-07 23:45 | 幼稚園

ハロウィーン・パーティーとオープンハウス

土曜日、ナツは再び8時前に目を覚ましました。
私もその気配で起きました。
土曜日ですが、この日は、幼稚園でハロウィーン・パーティーがありました。
昨日の夕方の時点では、明日のパーティーは行けないなぁと思ったのですが、その後たっぷりな睡眠で飛躍的に回復し、風邪症状も全くなかったので、行かせることにしました。

時間が迫っていたので、あわてて支度をして夫の車で幼稚園に送っていきました。
パパの車で来たのですっかりお出かけモードになっていたのか、幼稚園に着くとグズグズ言い出すナツ。
気分を盛り上げようと「おはよう!」と元気よく園長先生が迎えてくれたのですが、白塗りで殿様に仮装しているのが怖かったのか、ギャーっと泣き出すナツ。失礼な・・・。
先生になだめられて、部屋に入っていきました。

園内はハロウィーンらしく可愛く飾り付けられ、子ども達はドレスやマントなどで華やかに仮装してました。
ナツにもドレスを着せようかなと思っていたのですが、お店でいろいろ試そうとしたら嫌がったので止めました。
七五三で大騒ぎされたことが頭に残っていたので・・・。
お姫様のような可愛いドレスが、安くたくさん売られているので、来年は是非着せてみたいと思います。
今日のナツは、普段幼稚園でははかないスカートにしました。
白いふんわりした可愛いスカートで、髪も結わいたらいつもと違う雰囲気になりました。
d0065459_1521382.jpg

今日の幼稚園はパーティなので、12時で終わり。
ナツを送りとどけたあと、お迎えの時間まで、私と夫は、日本人会のオープンハウス&チャリティーバザーに行くことにしました。
これは年に1回行われている行事で、いろんなお店が出たり、手作り品などが多く出品されるバザーが行われます。
しかし実は、我が家がこれに参加するのは、今年がはじめて。
すごい人出で、盛況ぶりに驚いてしまいました。

食品や小物が売っているお店を眺め、出店で唐揚げ、フランクフルト、ぜんざいを楽しみました。
しかし、出店のほうはお昼頃から活気が出てくるのか、午前中はまだ準備中のところもあったりで閑散としてました。
隣でお買い物をしている人たちを眺めながら、パクつく私たち。少し恥ずかしかったです・・・。
d0065459_15251385.jpg

そして今日のメインイベント(?)、チャリティーバザー。
毎年このバザーの話は聞いていて、一度行ってみたかったのです。
11時オープンで10時から入場整理券を配るというので、10時5分くらいに会場に行ったら、すでに第1回目の整理券はありませんでした。
このバザー、混雑のため、30分入れ替え制でやるそうです。
第2回だと11時半からなので、幼稚園のお迎えのため15分位しか見られないのですが、とりあえず整理券を貰い時間まで図書室で時間をつぶしました。

時間が来て入場すると、思ったほどの混雑はなく、ゆったり見れました。
時間があまりないので、ざっと1周して、オーガニックの野菜3種類と額に入ったバティックを買いました。
バティックとは、東南アジアの伝統のろうけつ染めのことです。
私が買ったのは、きれいな水色の背景に、ランの花がかかれたものです。
最近、帰国が近づいてきたなぁという気持ちもあって、少しずつシンガポールの思い出になるようなものを買い揃えています。
気に入ったものが見つかって満足でした。
夫のほうは収穫なしだったそうで、残念そうに会場をあとにしました。

お迎えに行くとナツは、お化けを貼り絵した袋にお菓子を貰ってご機嫌でした。
ハロウィン・パーティー楽しめたようです。

by mineyom | 2005-10-29 23:43 | 幼稚園

久しぶりの登園

昨日、ナツは約半月ぶりに幼稚園に行きました。
日本で過ごしたのは楽しかったものの、一番心配だったのがこれでした。
一時帰国前、ほとんど泣かなくなっていい調子だったので、それがしばらくお休みするとこによって元に戻ってしまったら・・・と心配していたのです。

月曜日にしっかり休養をとったので、ナツは朝すっきりと起きてきました。
しかしタクシーを降り、教室の前まで行くと、私にしがしがみついてなかなか離れません。
先生が呼びかけてもプイッと後ろを向いてしまい、少し涙が出てきてしまいました。
あら~と思いながらもナツを先生に託し、私は英会話のため日本人会に向かいました。

12時過ぎ、どんなふうに過ごしたかなぁと気にしながら迎えに行くと、ナツは先生に手を引かれてニコニコと出てきました。
最初は少し泣いたものの、おおむね楽しく過ごせたそうです。
久しぶりの登園だったため、クラスのみんなに「なっちゃん~!」と言われ、嬉しそうに手を振っていたそうです。
はぁ、本当に安心しました。

ナツの中では半月のブランクはあまり関係なかったようです。
そういえば、日本でも時々思い出したように「せぇんせ、おはよ~」とか言ってましたし。
幼稚園で習った歌もよく歌っていました。
少しずつ幼稚園が楽しい場所になってきている気がします。
今日も朝から泣くことなく、ハッピーで過ごせていたそうです。
特に外遊びは、大好きな車や、犬のブランコに乗れるのでお気に入りのようです。
本当にうれしいです。


そうそう、ナツは日本にいる間に、1人で靴が履けるようになりました。
少し大きめの靴だったのが良かったようです。
お出かけでもないのに、気付くと玄関にいて靴を履いてました。
やる気が出てきたのが嬉しいです。
「出かけるよ~」と言うと玄関にやってきて、1人で靴を履いて準備完了。
これがとっても楽!素晴らしい!
そして勝手に鍵を開けて、ドアを開けて外に出て行ってしまいます(これはちょっと困る・・・)。
d0065459_341781.jpg

by mineyom | 2005-10-18 23:42 | 幼稚園

ナツの作品と飛行機準備

ナツの幼稚園は4学期制で、今日ターム3が最終日だったので、ターム3で取り組んだクラフトを持ち帰ってきました。
明らかに、これ先生がやったでしょ・・・というものもあれば、この日はなんとか頑張れたのかなぁと努力のあとが見られるものも。
泣いて全く取り組めなかった日も多いと思うので、3か月分にしては作品が少ないとは思うのですが、私としては、あれだけ泣いていてこれだけの作品を持ち帰ってくれば充分満足です。
d0065459_2115568.jpg

なかなか出来のいい数枚は壁に貼りました。


今日は夕方、明日のフライトに備えての最終買出しに行きました。
飛行機には何度乗っても、毎回心配がつきません。
成田へは私とナツの2人で行くので、万全な準備が必要です。

まず悩んだのがオムツ。
ナツはすでにオムツは取れていて、今はほとんど失敗はないのですが、たまに月1回か2回、明け方におねしょをしてしまいます。
たまのことなので普段は夜もパンツで、シーツを洗えばいいや、くらいなのですが、今回は飛行機。
しかも深夜便なので、ずっと寝ていくことになります。
万が一シートの上でおねしょしてしまったら大変なので、紙パンツをはかせることにしました。
う~ん、抵抗しないですんなり履いてくれるといいな。

それからジュース、ストロー、ラムネ。
ナツがはじめて飛行機に乗ったのは生後2ヶ月。
それから半年おきくらいで乗っているのですが、ずっと離着陸で耳を痛がることがありませんでした。
起きていても水も飲まず平然としていて、逆に耳つまらないの?と心配になったほどです。
しかし、2歳近くなって突然、耳を痛がるようになってしまいました。
最初のときは私も予想していなかったので、何も用意がなく、ほとんどパニック状態で耳を押さえて泣き叫ぶナツにおろおろするばかり。
水を飲ませようとしても、わけが分らずただ泣くばかりなので、シートベルトのサインが消えてトイレに駆け込むまで、号泣のナツを抱えて針のむしろでした。

それからは普段あまり飲ませないので、見せるだけで喜ぶジュースや、飴などを用意したのですが、あまり効果はありません・・・。
特に飴は、のどに詰まらせるのが怖かったので、棒つきにしたのですが、上手くなめられず、手のひらから手首までべたべたになり大変でした。
今回は、ナツの大好きなアンパンマンのラムネにしてみたのですが、気に入ってくれるかどうか。

おもちゃとしては、クレヨンとシール、こどもちゃれんじの最新号(まだ見ていないやつ)を入れました。
本当はこれらを使うことなくすんなり寝てくれること希望ですが・・・・。

あと1時間ほどで家を出て空港に向かいます。
金曜日の分の日記は、日本についてから、無事到着の報告とともにお送りしたいと思います。

by mineyom | 2005-09-29 23:49 | 幼稚園

何食べてるの?

幼稚園から帰ったナツの口が、たま~にびっくりするくらい臭いことがあります。
子供の口とは思えないほどニンニク臭いのです。

ナツの通う幼稚園のランチは園内で手作りしてて、美味しいと評判です。
日本食も週何回か取り入れており、ご飯におかずがいくつかついていて、仕切りのあるプレートにこまごまと乗せてあるのが、園長先生の自慢です。
シンガポールの幼稚園では、ご飯におかずを乗せた1品スタイルが多いのです。
それもシンガポールらしいし、食べやすくてよいなぁと思うのですが、ナツが毎回ランチを残さず食べてくるところを見ると、きっとランチがとても気に入ってるのねと満足しています。
そんなランチでも、時にはニンニクたっぷりのメニューが出て、やっぱりシンガポールだなぁと思います。
暑いからスタミナをつけるためかな。

ナツの幼稚園生活も3ヶ月が経ちました。
最近は1日機嫌よく過ごすこともありますが、やはりよく泣いてもいるようです
粘土遊びがやりたくないと言って泣いたり、お友達にワーッと言われて泣いてしまったり、疲れ気味な日は、外遊びを拒否して部屋で1人ごろごろしていたり、ダンスだけは楽しんでいたり、みんなの輪に入れなくて、先生を1人占めして手遊びをしていたりとその日によっていろいろですが、そうかと思うと、ウォータープレイが楽しくて、お友達とコミュニケーションをとりながらはしゃいで、そのまま1日ずっと機嫌よく過ごせる日もあります。

今までは、一日泣かないで過ごせるようにとだけ思ってきましたが、これはこれで見方によっては、感情豊かに幼稚園で過ごしていると言えるのではないか、ナツはナツなりに順応してて、これがこの子のスタイルだと思えばいいのかなぁと思い始めました。

みんなが「先生」、「先生」と言うからでしょう。
「せぇんせ」という言葉も覚えました。
先生は好きなようです。
今日ST訓練で、日本人会クリニックに行ったら、いつも「今日はお話の先生のところに行くよ」と言っているのを覚えていたようで、クリニックに上がるエレベーターの前で「せぇんせ、せぇんせ」と言い出してびっくりしました。
クラスのお友達の言うことをよく聞いて、しっかり吸収しているんだなぁと思って嬉しかったです。

by mineyom | 2005-09-27 23:54 | 幼稚園

お祭り

土曜日、午後から美容院の予約を入れていたので、ナツを夫に頼み、日系の美容院へと向かいました。
ここ数年ずっと短くしていたのですが、フラを習いはじめてから、フラはロングヘアということを知り、伸ばそうかなぁと思っていました。
ただ私は髪の量が多いので、すぐにうっとおしくなってしまいます。
今回は長さを変えずに上部をすっきりさせ、いつも代わりばえしないスタイルなので、毛先にパーマをかけてみることにしました。
パーマかけるなんて、6、7年ぶりです。
どうなるのか不安もありましたが、人気のある美容師さんだったので、お任せすることにしました。

2時間半後。できばえは・・・。
うーん。想像よりもかかりすぎてしまいました。
もっとナチュラルな感じがよかったんだけど。
見慣れないからかな。

美容院終了後、幼稚園でお祭りがあったので、夫とナツと合流して3人で幼稚園へ向かいました。
お祭りは、ゲームコーナーあり、出店あり、バザーありと盛りだくさんな内容でした。
すでにたくさんの親子連れが集まっており、とてもにぎやかでした。
まずはゲームーコーナーで輪投げをしました。
しかしナツは輪投げではなく、輪入れになっていました。
d0065459_8283018.jpg

景品ももらえました。
d0065459_8302775.jpg

ゲームはあとボールを投げて缶を倒すボーリングと、ボールプールの中に手を入れておもちゃを探す宝探しがありました。
ナツは私の手を借りて、なんとかゲームをこなしました。
年長のお兄ちゃんお姉ちゃん達は、はしゃいでとっても楽しそうでした。

ゲームがすむとお腹を満たそうと、フードコーナーへ。
あらかじめチケットを買っていて、コーン、ソーセージ、チキンナゲット、オタ、ムーンケーキ、アーモンドゼリーの6つで1セットになっていました。
どれも本格的な味で美味しかったです。
量が多くて全部食べきれず、持ち帰りにしました。
d0065459_8403629.jpg

庭にはみんながそれぞれ家庭で作ったランタンが並んでつるされており、一番気に入ったものを投票できるようになってました。
自分達の作ったランタンに入れたい気もしましたが、ストローと割り箸で組んだカラフルなランタンに投票することにしました。
どのランタンも工夫が凝らされ、そのアイデアに感心してしまいました。
ナツはアンパンマンのランタンに心を奪われていました。

最後にバザーを覗き、子供たちが作った作品を買いました。
このお金は、施設に寄付されるそうです。
ここでは無理に寄付するのではなく、気に入った作品があったら買ってくださいということでしたが、どれもとても上手に作ってあり、ナツがビーズをつないだネックレスを気に入ったのでそれを買うことにしました。

思っていた以上に盛大なお祭りで、先生達は準備が大変だったろうなぁと思うとともに、子供たちの喜びように感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ナツの担任以外の先生もみんな声をかけてくれ、すごく暖かい雰囲気を感じました。
ナツちゃんは、泣き虫ということで知れ渡っている気もしましたが・・・。
どの先生にも「Happy?」と聞かれ、ナツは「ハッピー!」と答えていました。
泣きそうになりながら答えている場面もあって、いつもこうして気分を盛り上げてもらっているんだろうなぁと思いました。

幼稚園がさらに楽しい場所になってくれたかな。

by mineyom | 2005-09-17 23:26 | 幼稚園

幼稚園のバースディパーティ

昨日は幼稚園のクラスでのバースディパーティーでした。
毎月その月お誕生日の子のママたちがケーキを用意して持っていくと、いつも軽いおやつを食べているモーニングティーの時間にパーティをしてくれます。
そのパーティにはお誕生月の子のママたちも参加できます。
今月のお誕生日の子は、ナツを含めて3人でした。

上のお子さんも同じ幼稚園に通っているというママさんに、ケーキをお願いしてしまい、私は手ぶらで9時にナツを幼稚園へ送っていきました。
モーニングティは9時半からなので、ナツのいるN1クラスからトイレを挟んだ奥のキッチンルームで時間まで待たせてもらいました。

幼稚園の様子が垣間見えるし、8月のバースディパーティーには嬉しそうに参加していたというのを聞いていたので、自分が主役の今月はすごく喜ぶんじゃないかなぁと、私も内心とても楽しみにしていました。
しかし、9時に悲しい気持ちで別れた私が突然30分後に現れたら、かなり動揺してしまうのではないか、しかもパーティー後また去ってしまったら大泣きになってしまうのではないかとかなり心配でもありました。
そんなことを考えながら待っていると、9時15分ごろ部屋の向こうから明らかにナツの泣き声が聞こえてきました。
あらら~。やっぱり泣いてるわぁ。

しかしここで見つかってはまずいと、必死でドアの陰に隠れてやり過ごしていると、5分ほどで泣き声は聞こえなくなりました。
その後ほかのママさんたちもやってきて、9時半過ぎごろ「用意が出来ました」と先生に呼ばれて教室に入りました。
お誕生日の3人は、正面の机にケーキを前にして座り、ほかのお友達は向かい側に3つのテーブルに分かれて座っていました。

ナツは私の顔を見たとたん、甘えたように泣き始めてしまいました。
ハハハ、やっぱりね。
みんなが歌を歌ってくれたり、先生手作りのバースディカードをお友達が手渡してくれたりしているのに、ほとんど聞くことが出来ず。
d0065459_1814599.jpg

泣きすぎだろ・・・。みんなに失礼だよ。

しかしろうそくを吹き消すころになって、ようやく気持ちも落ち着いてきました。
d0065459_1811571.jpg

そしてケーキが切り分けられ目の前に出されると、すごい勢いで食べてました。
ママたちもいただきましたが、フォーリーブスのイチゴショートで、クリームは甘すぎず軽い感じで、癖がなくとても美味しかったです。
子供たちはみんな嬉しそうにケーキを平らげていました。

ここで1つ判明したことが。
ナツが幼稚園に行き始めてから、ご飯の前に手を合わせて「ちゃーちゃーちゃー、いただきます」というようになったのです。
それまでは「いただきます」だけだったので、きっと幼稚園でいう言葉があるんだろうなぁとは思っていたのですが、本当はなんと言っているのかずっと気になっていたのです。
正解は「Thank you for these food、いただきます」でした。
全然違うじゃん・・・。
家でも練習しよう!

パーティのあと、次は外遊びの時間だったので、靴を履いたりと支度している間にナツに見つからないようにそっと消えました。
その後どうしていたのか心配でしたが、ナツはパーティーで泣いてはいたものの楽しかったようで、それで気分が盛り上がったのかそのあとの時間はハッピーで過ごせたそうです。
親子ともとっても楽しい時間でした。

by mineyom | 2005-09-15 23:30 | 幼稚園

どうしたらいいのかな?

ナツが幼稚園へ行き始めて、そろそろ2ヶ月半が経とうとしていますが、ナツはいまだ泣いております。はぁ、なかなかしぶといですな。
一時泣かずに通えていたことがあったのが信じられないほど、最近は毎日泣き続けです。
先生もよく気を配ってくださるのですが、ご飯のとき以外は、何かあるとすぐ泣いてしまうそうです。
もともと大人しい子で、嫌がって抵抗したり、逃亡したりということがなく、連れて行かれればそのままなので、実際ナツがどう思っているのかよく分りません。
本当に嫌でたまらないのかなぁ・・・。

でも歌やダンスは大好きで、泣いていても耳はちゃんとキャッチしているようで、幼稚園で習った歌を歌ってくれたり、手遊びをしてくれたりします。
歌が好きなので、家でもよく歌っているのですが、「ちょうちょ」を歌うと、必ず私の両手を取って、一生懸命上下に振っているので、きっと幼稚園では「ちょうちょ」を歌う時こうしているんだろうなぁと思って、微笑ましい気分になります。
楽しくないわけではないんですよね。きっと。
こうして頑張って通い続ければ、いつか笑って過ごせるようになるのでしょうか。
先が見えないので、ちょっとつらくなってしまいました。
10月に日本に一時帰国するので、そこで少し一休みして、また新たな気持ちで通い始めたら何かいい結果が出るかなと今は期待しています。

しかし、ナツの泣く気持ちも私、少しはわかるのです。
というのも、私も幼稚園嫌で嫌で毎日泣き続けた口なのですよ・・・。
全く自慢にはなりませんが、年少(今でいう年中さんです)で入園して、実に1年間泣き続けました。
当時4歳だったので、しっかり記憶にも残っています。
お母さんと離れるのが、悲しくて仕方がありませんでした。
ナツはまだ3歳になったばかりだし、通いはじめて2ヶ月だし、まだまだですよね。
今になって母の気持ちがよく分ります。
しかしこれだけ泣き続けた私も、トラウマにはなっていないし、それなりの大人になっていますので、まぁそれほど心配したことでもないのかもしれません。

私が泣かなくなったきっかけは、お友達が出来たことでした。
私は年少のころからバレエを習っていて、踊るのが大好きでした。
年長になって同じクラスに民謡を習っている女の子がいて、その子と仲良くなり、自由遊びの時間に、お互いバレエと民謡を披露し合い、楽しい時間をすごしました。
ナツにもそんな素敵なお友達が出来てくれたらいいなぁと望んでいます。
自分の好きなことを見つけるのも大事ですね。

今は辛抱しどきと通い続ければ、いつか楽しめるようになってくれるかな。
家ではなるべくリラックスして、楽しく過ごせるよう心がけたいと思います。

d0065459_1645463.jpg

写真は、5色に色分けされた棒に、それぞれ同じ色のリングを通し、それと同時に1から5の概念も自然に身につくという優れものの知育玩具。
ナツは、今まで何度教えてもどうしてもこの色分けが出来ませんでした。
違う色の棒にさしてしまい、色が分るまでに苦労しました。
いつも、もうこれは出来るようにならないのかも・・・と諦めかけたときに、不意に出来るようになったりするんですよね。
突然色をじっくり見て、正しいところに入れだしたのを見て、私の方が大騒ぎしてしまいました。

ほかの子よりもずっとゆっくりだけど、1つ1つ獲得していってます。
確実に前に進んでいます。
それでいいんだよね。

by mineyom | 2005-09-13 23:20 | 幼稚園

嬉しいなぁ

d0065459_4381792.jpg

今日ナツを幼稚園へ迎えに行ったら、頭がこんなに可愛くなってました。
朝はいつもどおり髪を下ろして行ったので、自由遊びの時間に先生がやってくれたようです。
思わず「可愛い~!!女の子みた~い」と言ってしまいました(女の子ですから)。
いつも結んであげてもすぐに取ってしまうので、下ろしっぱなしなのですが、たまには女の子らしくヘアアレンジしてあげようかなぁと思いました。

こんなふうに遊べる余裕があるということは!
今日は幼稚園に行き始めて初というくらい、幼稚園を楽しめたそうです!
朝のお別れのときは泣いていたので、今日もだいぶ泣いちゃうのかなぁと思っていたのですが、すぐに泣きやみ、あとはいろいろ楽しんで取り組めたようです。
コミュニケーションブックにも、「昨日よりも涙のりょうがぐ~んと減り、笑顔で遊べています。今日も歌やダンスをとても楽しんで何度も繰り返していました」と書いてありました。
そうだよね、家でもずっと歌っているもんね。楽しいんだね。
嬉しいよぅ。
たとえお別れのときは泣いても、教室に入ったら涙も止まって、みんなで楽しく過ごせたらってずっと思っていたんです。
すごくいい感じ。
このまま調子よく行くといいな。

幼稚園から帰ったあとお昼寝をして、今日は午後から久しぶりのST(言語療法)訓練でした。
先生が夏休みを取られていたので、3週間ぶりです。
お休みのあいだ、いろいろ教材を用意されたようで、楽しい教材が増えていました。
ナツは課題をする時は椅子に座っていられたものの、そのあとはあちこちが気になって、ちょろちょろ動き回るわ、勝手に引き出しを開けておもちゃを出して遊んでるわで、好き勝手やってました。
先生は、「前はこんなに動かなかったよね。活発になって、声もよく出てきたね」とニコニコ見てました。
課題をやるときも、前は手元をあまりよく見てなくて、注意も払わず適当にやってる感じだったのが、じっくり見て考えながら取り組めるようになってきました。
違っててもそのままだったのが、「ん?これは違う」と入れ直していたのが驚きでした。

言葉のほうは、最近やっと2語文が出てきたものの、使うのは1パターンのみで、「○○いた」というもの。
最初は「ワンワンいた」「ブーブーいた」などしか言わなかったので気付かなかったのですが、最近少し口数が増えてみたら、何にでも「いた」を使ってる。
大好きなうどんを見て「めんめんいた」、靴を履くときも「クックいた」、脱ぐときも「クックいた」。
一番わかりにくいのがおしっこしたい時も「ちっちいた」、出たあとも「ちっちいた」、トイレを見ても「ちっちいた」。
すべて「いた」で表現するナツ。動詞はもっといっぱいあるのよ~。

先生は、まだ「いた」だけだけど、本人は単語でなく文章で話そうという意欲が出てきてるので、とってもいいですよとおっしゃっていました。
それから、単語の数がまだ少ないかなと言われました。
ナツは1度言っただけでは覚えられず、何度か繰り返し聞くことで少しずつ習得していくので、私があまりたくさんの単語を使うと混乱するかなぁと思って、飴でもチョコでもクッキーでもみんな「おかし」、ニワトリでもアヒルでもスズメでもみんな「とり」というふうに話していたのです。
でもこれからは、もっといろんな単語を使っていこうと思いました。
単語の底上げですね。
すぐにいろんな言葉は話せなくても、数年後は使える単語が増えているでしょう。
今日はご機嫌のうちに訓練を終えて、少し日本人会のキッズコーナーで遊んでから帰りました。
d0065459_4384391.jpg

滑り台独り占め。

by mineyom | 2005-08-23 23:35 | 幼稚園