サークル始動

昨日はだいぶ咳もおさまってきたので、ナツをようやく幼稚園に送り出すことが出来ました。
久しぶりの幼稚園で、病み上がりな事もあり、昨日はなんでもないことで涙が出てしまう場面もあったようですが、咳き込むこともなく過ごせたようでよかったです。

ナツが幼稚園にいっている間、私の方はとあるサークルの会合に参加していました。
まだ出来立てほやほやの、これから作り上げていく新しいサークルです。
はじまりは、メンバーのお一人のお母さんが、お子さんの障害のことで、幼稚園で大変な思いをしていらっしゃるというのを聞いて、同じクラスのお母さん達が、なんとか力になれたら、何か出来ることがあれば、と思われて立ち上がられたのがきっかけです。
1人で闘うことを余儀なくされていたお母さんの助けとなり、同じような想いの方と集って拠点を作れたらということでした。

親の会のような集まりだと、だいたいは障害を持つお子さんの保護者の方ばかりになることが多いのではないかと思うのですが、この会は、健常のお子さんをお持ちのお母さん方が呼びかけたということで、そこがすごいところだなぁと思いました。
私たちは何かあっても仕方ないとあきらめて、何か出来ないかと闘うという発想はなかったねぇ、とこのサークルに誘ってくれた友人と笑いあいました。

昨日はそのサークルの第2回目の会合。
口コミなどで集まり、現在メンバーは13名。お子さんを入れると倍以上の数になります。
今はまだ何をするのか手探り状態で、話し合いを持っている状態ですが、これから定期的に集まって情報交換したり、子ども達も交えて活動したり、行事の集まりをしたりといろいろ案は出ています。

そして私は、ブログをやっているというだけで、パソコンには全く詳しくなく、得意でもないのですが、情報管理の役目を仰せつかってしまいました。
わ~、もっとパソコンを勉強しなくては~!
責任重大だ!
将来的には、インターネットで情報発信もして行きたいと思っています。

というのも私自身、ナツが1歳6ヶ月検診でチェックを受け日本に帰って調べたときに、シンガポールに戻って果たして何が出来るのか、どういう場があるのか、一番欲しかったのが情報でした。
しかしあまり情報はなく、日本にいたほうがいいのではないかという不安を抱えたままシンガポールに戻りました。
同じ悩みを話せる仲間も見つからず、どう動いていいのかもわかりませんでした。
幸いその後、いい先生に恵まれて、いい環境におくことは出来ました。

しかし幼稚園選びに当たっては、いろいろ不安も浮上し、某幼稚園の面接を受けて、発達の遅れのため入園を断られたときには、本当にどうしようかと思いました。
その結果今の幼稚園にめぐり合え、ナツも楽しく過ごしているのでいいのですが、そのときは本当に行き場がないなぁと思いました。
日本人小学校や中学校にはチャレンジ学級があり、親の会もあると聞いたのですが、未就学児についてはどこにも居場所がないと強く感じたのです。
シンガポールの施設はあるのですが、対応は英語となります。
言葉にハンディのある子は日本語環境におきたいと思っても、行くところがありません。
今回集まったお母さん方も、大なり小なり同じ思いをされていた方が多かったようで、皆さん仲間に出会えただけでも、このサークルが作られて嬉しいとおっしゃっていました。

私はこれから情報部員として、シンガポールで誰にも言えず悩みを抱えているお母さん、シンガポールへの転勤が決まったものの、日本で不安を抱えているお母さん方に、こういう場があるよとお知らせできたらいいなと思います。
新しいことがはじまるとワクワクしますね。
どんなことが出来るか分かりませんが、第1期メンバーとして滑りだせることを幸運に思っています。

by mineyom | 2005-12-06 23:07 | 療育

スピーチセラピーにて

d0065459_610212.jpg

エレベーターホールで、久々に制服姿をパチリ。
最初の頃よりだいぶさまになって来たような気がします。

火曜日の夕方はスピーチセラピーへ。
幼稚園でとても調子が良いことを伝えると、先生もとても喜んでくれました。
確かに声がよく出てきて、言葉を繰り返して言うのもはっきりしてきましたねと言われました。
元気よく課題をこなしたあと、最近気になっていることを質問しました。

朝幼稚園に行くタクシーの中でナツといろいろと話しをするのですが、その中で「幼稚園に着いたらせんせい、おはようだよ。せんせいおはようって言おうね」とよく言っていました。
ナツはそれを覚えて、「せぇんせおはよー」と言うようになりました。
しかし、なぜか朝の登園時には言わなくて、全く関係のないときに、何の脈絡もなく突然言い出すようになってしまったのです。

言えるようになったものの、使い方が間違ってる~と思って、「せんせいおはようは、朝幼稚園で言おうねー」とその度に訂正してました。
その対応でいいのか先生に聞いたのですが、先生は、「全く直す必要なんてないですよ~」とおっしゃいました。
響きがいいのか、ナツちゃんはこの言葉をとても気に入ったのでしょうね。
だから口から出てくるんですよ。朝お母さんが幼稚園で「せんせいおはよう」と正しい使い方をしていれば、いつ使う言葉なのかは、そのうち気付いていきますから無理に教えなくていいんですよ。
また言ってるわ~くらいの気持ちでいて下さい。ということでした。
そしてナツに、「ナッちゃん、すごくいい言葉を覚えたねぇ」と言って、たくさん褒めてくださいました。

本当にそうです。
言えるようになったからといって、あわてて正しく使わせなきゃなんて考えなくてよかったんです。
よく考えたら、本当に素敵な言葉を覚えたなぁとしみじみ思いました。
それに気付かせてくれた先生に感謝です。
「いい言葉を覚えたね」という言葉に感動でした。

by mineyom | 2005-10-25 23:28 | 療育

お買い物ごっこ

今日は午後から日本人会クリニックへ、ST(言語療法)を受けてきました。
いつも、パズル、言われたもののカードを選んで取る、色合わせ、絵本を読むなど、6つか7つくらいの課題をやるのですが、今日はその中で、これはいい!家でもやってみようと思ったのが、「お買いものごっご」でした。

まず少し離れたところに、バナナ、みかん、りんごなど7、8種類の果物のおもちゃを並べ、ナツに買い物かごを持たせます。
先生が写真カードを見せながら「りんご買ってきて」と言います。
ナツはかごを持ってお店の前に行き、先生に言われたものをかごに入れて帰ってきます。
最後に買ってきた物と先生の持っているカードを合わせ、「当たりー、おんなじだねぇ」とやります。

これがなかなか大変でした。
遊びのルールが分ってないので仕方ないのですが、まずお店に行く途中で、他のことに気を取られ寄り道してしまう。
お店に着いたのはいいけれど、すでに先生がなんて言ったのかすっかり忘れてしまっているので、自分がいちばん好きなバナナを手にとってしまう。
先生がさらに「りんご。りんご買ってきて」と言ってくれるが、なかなかりんごを見つけられない。
何とかりんごを見つけたが、かごに入れず手に持ってしまう。
先生に「戻ってきてー」と言われ、帰ってくる。
でも最後に「おんなじだねー」をやったときにはすごく嬉しそうでした。
私はナツがマイペースでとんちんかんなので、おかしくて笑ってしまいました。

まずはルールがよく分っていないので、家でやってみようと思います。
これがスムーズに出来れば、言われたことをきちんと理解して記憶し、実行する力が着くでしょう。
物の名前ももっと覚えなきゃね。

ST終了後、日本人会で、Hさん&Tくんと遭遇。
2ヵ月半の長い一時帰国から帰って来たところだったのですが、Tくんはナツをちゃんと覚えていてくれていて、「ナッちゃん、ナッちゃん」と呼んでくれました。
Tくんはナツと誕生日が一日違いですが、2ヵ月半の間に背がすごく伸びていてびっくり。
日本人会のキッズコーナーで、しばらく一緒に遊んでから帰りました。

by mineyom | 2005-08-29 23:12 | 療育

OT(作業療法)訓練

ナツは現在、ST(言語療法)ともう一つOT(作業療法)訓練に通っています。
もともと運動発達が遅く、はじめの一歩が出たのが1歳10ヶ月の終わり、一人で立てるようになったのが1歳11ヶ月というスローペースだったため、マウントエリザベスホスピタルの先生に、カムデンメディカルセンターの中にあるPT(理学療法)の先生を紹介されました。
ここには1歳10ヶ月の頃から通って、平均台、滑り台、マット、階段などいろいろな器具を使って、訓練してもらいました。
しかし、使うのは遊具のようなもので、遊びながらという感じだったので、ナツも楽しんで通っていました。
2歳7ヶ月で、体のバランスもいいし、筋肉もしっかりしているので、私の出来ることはもうないと、無事卒業となりました。
そして今度は、引き続いて、同じカムデンメディカルセンター内のOTの先生を紹介されました。
PTでは粗大運動が主だったので、今度は手先を使う、微細運動の訓練です。
通い始めは、集中して通ったほうがよいということで、今は、週1回通っています。

思えば、1歳6ヶ月検診で引っかかり、日本での精密検査(特にこれといった原因は見つかりませんでしたが)の上、療育を受けさせたほうがいいというアドバイスがありましたが、シンガポールの療育事情も分らないし、英語での療育で効果があるのか、私自身、英語で対応できるのか、頭がはげるかと思うほど悩みました。
しかし今、とても良い先生に恵まれ、週1回から2週間に1回訓練を受けることが出来ています。
日本では、地方によっては療育事情が悪く、なかなか受ける機会がない、受けられても回数が少ないといろいろ問題があるようです。
それを考えると、ナツはとてもラッキーだったなと思います。
シンガポール駐在を恨みましたが、結果的には、良い道がとれたと思っています。

OTの先生は、30代前半くらいの女の先生で、ナツもなついています。
難しい話はしないので、先生の言う事はだいたい分るのですが、自分の考えをスムーズに伝えられないことが多く、こういう時には、本当に英語の勉強の必要性をひしひしと感じます。
しかし、先生とのやり取りが、すごく英語の勉強に役立ってるなぁと喜んでいたり。一定時間英語で会話する機会ってなかなかないですからね。

普段やっているのは、たたみ半畳分くらいの大きさのブランコに乗って、ボールを籠に投げ入れたり、立ったり座ったりして、ピースを一つずつ拾いながらパズルをしたりします。
バランスを鍛えるのが、すべての運動に良いのか、ずっとブランコに乗ってやっています。
ビーズのヒモ通しや、棒に穴の開いたつみきを入れていくなど、うちにもある知育玩具を使っての作業のため、「これって家でも出来るんじゃないの・・・?」と密かに思っていました。
家にユラユラはないですけどね。
ただ家で同じことをやっても、やはり私相手だとナツも甘えが出たり、私も真剣にやらないと、ついイライラして怒ってしまって、スムーズに進まないことが良くあるんです。
その点専門家の先生だと、冷静に淡々とやるので、ナツもかなりの時間集中して頑張っています。
でも50分で料金が結構高いんですよね。それだけの意味があるのか・・・と少し疑問で。

しかし今日は、すばらしい成果を見ました!
今日は、先生に幼稚園の様子を聞かれ、なかなか慣れずに泣いていると言うと、先生はしばらく考えた後「今日はマッサージを教えるわ」と言って、ブラシを持ってきました。
プラスチックの毛の柔らかい、手のひらサイズのブラシで、これでナツの腕、手のひら、足、、足の裏、背中を力を入れてこするのです。
そのあと各部分を伸ばしてストレッチして1セット終了です。
時間にして3分くらいでしょうか。これを一日に5~6セットやるように言われました。
ナツは痛がることなく、にこにこ笑いながらされていて、気に入ったようです。
赤ちゃんの頃に、発育が良くなると育児雑誌に載っていたベビーマッサージをしていたことがあるのですが、あれと似たようなものだと思います。
このマッサージの効果は、強くこすることで体が温かくなり、脳が刺激され、もっと話すようになるし、もっと手先が使えるようになるし、もっともっとアクティブになるよ!!と先生は力説していました。
わぁ、それはすごい!と思いながらも、本当にそんなに効果があるの~?と思っていた私の目の前で、ナツが突然トンネルに突進して素早くくぐり抜け、天井からつるしたタイヤにぶら下り、弾むマットをガンガン進んでいきます。
先ほどはつまらなそうにやっていた動物パズルも、今度は、鳴き声を大声で叫びながら嬉々としてやっています。
その浮かれっぷりといったら。
うっそー!これがマッサージ効果?効き過ぎて怖いくらいだよ。
そんなに脳が活性化するなら、ママも英語学習に使いたいよ。
あまりのはしゃぎっぷりにびっくり。すごいよ、ブラシマッサージ。

とりあえずしばらく続けてみたいと思います。
効果はあるのか。こうご期待!
d0065459_18123151.jpg

マッサージされるナツ。
d0065459_1812574.jpg

自分でもやってみるよ~。
d0065459_18132382.jpg

いい感じ?

by mineyom | 2005-07-21 23:20 | 療育

Speech Therapy 第2回

今日はSpeech Therapyの2回目でした。

しかし午前中2時間ガレージアドベンチャーで過ごし(今日は珍しくリズムの時間に新体操のリボンのようなものを持ってくーるくーると舞っており、ご機嫌だった)、お昼を皆でHeerenの「マルシェ」で食べ(ここはいろいろ食べるものが選べるし、お店の奥に子供の遊び場があるのでGood!)、すぐ帰ろうとしたらみんなと一緒に遊びたがるので、マルシェで少し遊ばせ、家に帰って来たもののハイテンションで一向に昼寝をせず、結局日本人会クリニックに向かうタクシーの中で、ご就寝となってしまいました。

うちから日本人会まで15分ほど。
車から降りても起きないので、そのまま予約時間にSTの先生にお部屋に向かいました。
もう1時間、時間を遅くすれば良かった。
ぐっすり寝入っているので、最初は私と先生のお話。今後の進め方について聞きました。
それから私からの相談。
現在オムツは取れていますが、幼児教室等では、先生にトイレに行きたいと伝えられないようなのです。
実際家でも、私が近くにいれば「ちっち」と言うのですぐに分るのですが、キッチンにいる私のところにまでやってきて、トイレに行きたい旨を伝え、連れて行ってもらうということは出来ません。
たぶん幼児教室でも「ちっち」とは言ってるのではないかと思うのですが、先生に訴えないので気付かれない、他の子の声に混ぎれて聞こえない、のではないかと思うのです。
STの先生は、意思を伝えるというのは、また一段上の発達なので、まだ難しいのでしょうね。幼稚園では折を見て声かけをしてもらうようにして、少しずつ自分で訴えられるようになればいいですねと言われました。

20分が経ちましたが、起きる気配がないので無理やり起こすことにしました。時間は1回40分なので、もう半分しかないし。
いつもはすこぶる寝起きの良いナツなのですが、寝足りないのか、むちゃくちゃ機嫌が悪い。泣き出していまい、お茶もお菓子もダメ。
しかし5分後、しまじろうのカメラで機嫌を直し、ナツ復活。ありがとう、しまじろう。

今日はナツの理解度を見るため、いくつかの検査をしました。
まずはじめに、「ゾウ」、「ひこうき」、「ごはん」、「はさみ」など4枚のカードを並べ、「~はどれ?」と指差しさせるというものをやり、これは12枚すべてクリアー。
次につみきの入った箱を前に置き、そこから3つつみきを抜いて、箱に戻させるというもの、それから2ピースのパズルをしました。
最後に「手を洗っている」「紙を切っている」「ごはんを食べている」カードを前に置き、「洗ってるのはどれ?」「切ってるのはどれ?」と言って取らせるものをやりました。
ナツは寝起きだった割には、これらをすべてこなし、よく理解してますねと褒められました。たまたまナツの知っている単語ばかりでしたので、ラッキーだったかも?

今日は眠ってしまって時間がもったいなかったので、来週からは、火曜日に受けることにしました。やっぱり幼児教室のあとじゃハードだよね。

by mineyom | 2005-06-20 23:37 | 療育

検査

今日、Mount Elizabeth Hospitalのクリニックで、脳波の検査を受けてきました。
ナツは、定期的に脳波検査をして、経過観察をしています。
前回は、日本で取ったので、シンガポールで検査をするのは初めて。やはり考え方ややり方が違うので、正直戸惑うことも多いです。
今日の検査はうまくいくかな・・・と少し不安になりながら臨みました。

脳波の検査自体は、特に難しいものではなく、眠らせた状態で頭に電極を貼り、脳波をとるだけ。痛くも痒くもありません。
ただぐっすり寝てくれないと動いてしまうので、眠らせるのが一番の難関です。

今日はクリニックに到着後、眠くなる薬を飲ませて、眠りにつくのを待ちました。この薬ものすごーく不味かったようで、機嫌が悪くなり、眠たくなってきたのもあってナツは大泣き。
40分後、何とか寝かせることに成功しました。

検査室にでも移動するのかなと思っていると、クリニック内の隣の部屋に案内され、そこに脳波検査の機械がありました。
日本の総合病院では、病室で眠らせ、検査室に連れて行き、検査技師の方が検査をしたのですが、今日はいつも受付にいるお姉さんが、せっせと電極をナツの頭につけていきます。
ジーパンにカーディガンという本当に普通の格好をした若いお姉さんで、「ええっ、あなたが?」と思ってしまいました。
ただの受付のお姉さんではなく、実は看護婦さんか検査技師さんだったのでしょう。
日本で言えば、小さな個人医院というようなクリニックなので、こんなところにこんな立派な検査機械があるなんてと驚いてしまいました。
小児神経の専門医のクリニックなので当たり前なのかもしれませんが、これがSpecialistというものなのね。うまく出来てるなぁと感心してしまいました。

しかしお姉さん、あまり手際が良いとは言えず、電極をつけるのにものすごく時間がかかってます。まぁ26個もつけるので、大変は大変なのですが、すでに40分経過。せっかく寝てるのに起きちゃうよ~と思っていたら、案の定全部電極は付けられたのに、最後頭を押さえる包帯を巻くのにてこずりナツが起きてしまいました!
ここまで来てやり直しはいやだったので、私が抱っこして再度寝かせにかかったのですが嫌がって暴れる、電極は取れそうになると、大変なことに。
しかし、10分ほどでまた眠りについてくれ、やっと脳波を取りはじめました。その時ふと後ろを見ると、夫が椅子に座ったまま居眠り。
「あんたが寝てどうするー!!」本当信じられないよ・・・。
夫はしばらく起きませんでした。

脳波は私が抱っこした不安定な体勢のまま取り、20分ほど寝た状態の脳波を取った後、今度は起きた状態のを取ると言う。せっかく寝たのにまた起こすんですか・・・。
しかもフラッシュの光を見ている状態の脳波を取るようで、お姉さん2人がナツに必死で呼びかけ、光を見せようとします。しかし眠たくて仕方ないナツは、そんなのどうでもいいよ状態で怒り出すし、こんなんで本当に取れたのと思いながら検査終了。
本当に疲れた・・・。

その後、先生がグラフをザーッと見て「Very Good!No problem!!」
本当ですかぁ?いや結果がいいのは嬉しいのですが。
日本と比べてはいけないと思うのですが、電極とれそうだったし、最後ちゃんと光見てなかったし、取ってる時間も短かったような(30分もなかった)。そして詳しい説明もなく「Very Good!」。
なんだかすっきりしないのですが・・・。しかも検査代はすごーく高かった。
日本でもう1回取ろうかなぁ・・・。う~む。

病院から家に帰る途中、薬が残っているナツは、ぐずりまくり、家に着くなり寝てしまいました。
今日はお疲れ様でした。

by mineyom | 2005-06-18 23:09 | 療育

Speech Therapy

昨日は、ワイヤレスネットワークが全然つながらなくて、更新できませんでした。あ~、やっとつながった。

今日は、初めてSpeech Therapy(言語療法)訓練を受けてきました。
前からナツの発達を見てもらっている先生に、STを受けたほうがいいと勧められてはいたのですが、シンガポールの先生はみんな当然英語か中国語で、 あと2年くらいで帰国すること、今後日本語で生活していくことを考えると、英語での療育はあまり意味がない上、混乱する恐れもあるということで、ST訓練についてはあきらめていたのです。
しかし、先月日本人会でひらかれた「子供たちの社会性について」という講演会に参加し、そのあとの個別相談を受けて、言葉の遅れについて相談すると、日本人のSTの先生を紹介できると言われたのです。
その先生は、日本でSTの仕事をされていた方で、こちらでも機会があれば、是非仕事を続けたいと考えていたそうです。
これから日本人会クリニックで診療を開始するということで、ナツは第一号となったのです。

実は正直、3歳前で単語は出ているし、簡単な指示にも従えるので、STを受けるほどなのかな・・・という思いはあったのです。
遅れているのは明らかですが、そこまでするほどなの・・・?と。
しかし、その先生は、幼稚園教諭、小学校教諭、養護学校教諭の免許を持ち、STの資格を持って、小児の言語指導を日本でされていたという、すばらしい経歴の先生で、こんなにいい先生にめぐり合えたのは本当にラッキーだし、2歳は今しかないんだから、出来るだけのことはしてあげたいと夫と話し合い、受けさせることに決めました。

そして当日。先生はニコニコととても優しい女の先生で、ナツも最初からリラックス。訓練というよりは、遊びに来たという感じで、私も心配なことをいろいろ相談できてとてもよかったです。
今日は初日でしたので、まずはナツの現状を知るために、私は今出来ること、出来ないことのチェックリストを記入し、その間にナツは、先生に遊んでもらいながら様子を見ていただきました。
果物のおもちゃを5つ並べて、「りんごちょうだい」「バナナちょうだい」と言われて渡したり、それを犬のぬいぐるみに食べさせてみたり、絵本を見て、指差して物の名前を答えたりということをやっていました。

最後に先生とお話しましたが、単語数が少ない、その単語もあやふやなものが多いと言われました。
私は2語文が出ればと思っていましたが、2語文の前には単語があり、単語の前には言葉の理解がある、言葉の理解がしっかりしていかないと、言葉は増えていかないし、しっかりもしてこない。
それはもう、単語を一生懸命インプットしていくしかないそうで、ナツが欲しがったのも、気にしたものをそのつど「お水ね」「コップね」「ボールね」と、はっきり言ってあげる。
ナツは発音がおかしかったり、はっきりしなかったり、言える単語も言ったり言わなかったりということがあったのですが、それは理解があやふやなせいだったのです。
あやふやを言うのを聞いて、確かにそのとおりだなぁと思いました。今までどうして?と思っていたことがすっきりしました。
はっきり、ゆっくり、短いセンテンスで言うというのは今までもやっていたので、そのまま続けてくださいと言われました。
先を急がず、言葉をどんどんインプットして語彙を増やしていていくようにしようと思いました。

しかし、「ちょうだい」「どうぞ」などのやり取りは楽しんで出来るし、情緒的にもとても安定しているので、先が楽しみですよと言われました
その言葉を励みに続けて行きたいと思います。

ST訓練はこれから週1回通うことになりました。
週1回は多いかなと思ったけれど、ナツは、遊びの延長のようで楽しそうだし、私もいろいろ勉強になるので、しばらくこのペースで続けていこうと思います。
ナッちゃん、早くママとおしゃべり出来るようになるといいね。

by mineyom | 2005-06-14 23:15 | 療育