クリスマスムード

まず1つお知らせです。
先週の土曜日の日記で「和食ビュッフェ」について書いたのですが、6日からクリスマス用のビュッフェに変わっていて、今は和食ビュッフェはやっていないそうです。
昨日お出かけになっためかぶぅさんからお聞きしました。
私の書いた記事を見て、和食ビュッフェに行かれた方がいらっしゃいましたら、調査不足で無駄足を踏ませてしまって申し訳ありません。
お気をつけください。


土曜日は午後から日本人会へ。
「どんぐり」でご飯を食べ、図書館で本を借り、キッズコーナーで遊ばせるというまるで週末の典型みたいなスタイルで過ごしました。
最近夫が日本人会図書館の本にはまり、2週間おきに行っています。
日本人会の図書館は、大人用も子ども用も次々新刊が入るし、蔵書も多く本当に立派な施設です。

日本人会で楽しんだあと、いったん家に戻り、ナツを昼寝させてから、再び外に出かけました。
今度はマウントフェーバーまでドライブです。
「星日報」で新しいスポットが出来たと紹介されていたので、早速行って見ました。
それは、マウントフェーバーの麓ですでにちらちらと姿が見えました。
そして山を登りきると、目の前に光の塔が現われました。
d0065459_8110100.jpg

これはシングテルの旧通信タワーで、取り付けられた1万個以上の電球が毎晩光り輝く、クリスマスツリーです。
この写真は全体を入れるため小さくなってしまいましたが、近くで見るとライトが鈴なりになってとてもきれいです。
高さは61メートルで、「世界一のっぽのクリスマスツリー」としてギネスブック入りを申請するそうです。
マウントフェーバーは小高い山で、夜景もとてもきれいですが、それにツリーも加わり、ますます雰囲気のある場所となりました。
しかしこの日は土曜日で、このツリーはまだ新しい名所なので、車が列を作って並び、渋滞を起こしていました。
駐車場を見つけるのも大変なくらいでした。

このそばの、ケーブルカーステーションもきれいに改装され、「ジュエルボックス」という名前で生まれ変わり、素敵なレストランやバーも出来ました。
以前の寂れたケーブルカーステーションは見る影もなく、見違えるようです。
しかしなぜかこの日、レストランが貸切だったのか、建物の中に入れてもらえませんでした。
公共の施設なのだと思ったのですが、どういうことなのでしょう。
たまたまナツがトイレに行きたいと騒ぎ出したので、トイレだけ貸して欲しいと頼み込み、スタッフの方に付き添われてトイレだけ借りれました。
ぱっと見ただけですが、中もすごくきれいになっていました。
雰囲気がよくていい場所だと思うのですが、普段は一般客も利用できるのでしょうか。
すっきりしないまま、またクリスマスツリーを眺めながら山を降りました。
マウントフェーバーはそれほど高い山ではないのですが、下りる時は耳がつんと痛くなって、こんなに低くても山は山なのねと感心してしまいました。

さて、街のあちこちでクリスマスムード高まる中、我が家でもクリスマスアイテムをまたそろえました。
クリスマスストッキングです。

今年のナツへのクリスマスプレゼントは例年になく悩んで、なかなか決まりませんでした。
というのも、9月の誕生日に欲しい物は買ってしまい、12月になってもほかに特に欲しい物は浮かばなかったのです。
すでにおもちゃはたくさんあるので、正直もう増やしたくありません。
ほんとに必要なものだけこれからは買いたい。
ナツもプレゼントにこれが欲しいとはまだ言わないのでリクエストもなしです。
いいものが思いつかぬまま、「今年はなしでいいかー」とも思いましたが、それではちょっと寂しい。

そこで思いついたのが、私自身のクリスマスの思い出でした。
私の両親はクリスマスにこれといってプレゼントをくれたことはありませんでした。
年の近い兄弟が4人だったので、大変でもあったろうと思います。
しかし、クリスマスの当日、枕元には必ずパンパンに物が詰まった靴下が置かれていました。
中に入っていたのは、お菓子、みかん、100円玉など。
喧嘩になるのでみんな同じ数、たくさん詰められていました。
みかんや100円玉というところが、思いっきり日本人で、サンタらしからぬ内容なのですが、私はこの素朴なサンタが好きでした。

一番下の弟が7つ年が離れていたので、私がかなり大きななってもこのイベントは続けられていました。
母が懸命に詰めている姿を想像するとおかしかったです。
しかし不思議とサンタがやって来る現場を見ることはありませんでした。

クリスマスのプレゼントは、その内容よりも、クリスマスの朝に何が入っているのか待ちきれない思いで開ける、そのワクワク感が醍醐味ですよね。
素朴だけど大好きだった、このサンタイベントを、ナツにもいい思い出として残してやりたいなと思いました。
これから何年続くか分りませんが、高揚感とホンワカした気持ちを与えてあげたい。

ただそれには自分達の靴下では、見栄えがよくなかったんですよね。
子ども心にもオシャレじゃないなぁとは思っていました。
そこで、アメリカにお住まいのMinnieさんのブログで、クリスマスストッキングなるものを見たのです。
見た瞬間、可愛い!これ欲しい!と思いました。
シンガポールでいろいろ探した結果、薄い布の安っぽいストッキングが多い中で、お気に入りの一品を見つけることが出来ました。
Tanglin Mallの#02-02の「Scandic Wonders」というお店です。
このお店は大小さまざまなキャンドルを置いている店で、キャンドル立てやクリスマスのオーナメント、サンタ人形などクリスマス用の可愛い雑貨がたくさんありました。

クリスマスストッキングもいろんな色の組み合わせや柄のものがありました。
私はさんざん迷った挙句、やはりクリスマスカラーの赤と緑のものを選びました。
しっかりとした作りで手触りもよく、これなら何年も使えると満足です。
これにいろんなものを詰めて、サンタクロースの夢をとどけたい。
喜びながら中を探るナツを見るのがとても楽しみです。
d0065459_8122257.jpg

by mineyom | 2005-12-10 23:23 | シンガポール生活

街中のカフェ

金曜日は午前中、日本人会で英会話。
そのあといつも友人のOさんと一緒にお昼ご飯を食べています。
実は私は英会話レッスンより、このランチのほうが楽しみだったりするので、金曜日が全日保育となり、お迎えに行く時間が遅くなって、好きな場所へランチに行けるようになり、より一層楽しみになりました。

この日もシャトルバスに乗りオーチャードへ出て、お昼のお店探し。
私が行きたいと思っていた店が、開店時間まで間があったので、Oさんが通りかかってなかなか雰囲気がよかったという、「Scotts Shopping Center」の前のカフェに行くことにしました。
店名は「Il Caffe Di Roma」。
オープンスタイルのカフェですが、3方が壁に囲まれており、落ち着いた雰囲気を作っています。
かといってガラスが使われているので明るく、インテリアも小粋なかんじでした。
人通りも車通りも多い通りに面しているのに、喧騒を感じさせない作りは見事です。

私たちは、サンドイッチまたはパスタにサラダとスープが付くランチセットを頼みました。
サラダは2種類、スープは3種類から選べ、サンドイッチのパンも選べました。
サンドイッチかパスタか悩みましたが、メニューの写真のサンドイッチがかなり立派で美味しそうだったので、サンドイッチを選びました。
パンは詳しくないので、お店の方にオススメのパンを選んでもらいました。
食べてみると硬いのですが、噛めば噛むほど味が出るというような食べ応えのあるパンでとても美味しかったです。

注文後、まず出てきたのがお水。
ウェイターが置いた瞬間、「わっ」と叫んでしまいました。
コップがぐらんぐらんと揺れているのです。
よく見るとグラスのそこが丸くなっていて、絶妙なバランスをとるグラスなのでした。
この不安定さがなんとも言えなく、この水が出てきてすぐに、この店只者ではないなと感じました(おおげさ)。
d0065459_77233.jpg

続いてスープ、サラダと続きました。
どちらもセットの付け足しでなく、立派な1品で、量も多くとても美味しかったです。
d0065459_7826.jpg

メインのサンドイッチも具たくさんで、味もよかったです。これはスモークサーモンのサンドイッチです。
ウェイターさんのオススメのパンもとても気に入りました。
ほかのパンも試してみたくなりました。
場所が街角の一角だったので、ファーストフード的なものを想像してしまったのですが、きちんとしたもの出しているなぁと感じました。
店員さんの感じもよく、とても満足できました。
次はパスタも試してみたいなぁ。

ゆっくりランチをとってから、伊勢丹スーパーで買い物し、家にいったん帰って荷物を置いてから、バスで幼稚園に迎えに行きました。
全日保育は、買い物まで済ませられるというゆとりがなにより嬉しいです。

幼稚園のナツのクラスは、今日は月1回のバースディパーティの日でした。
ここのところ体調がイマイチで幼稚園に行ったり休んだりを繰り返していたナツですが、今日だけは行ってこい!と送り出しました。
ナツはハッピーバースディの歌を歌って、ケーキを食べるこのイベントが大好きなのです。
今日もニコニコ楽しんでいたということでした。
ママ1人で美味しい物食べたら悪いもんね。
ナツちゃんもケーキでご機嫌でよかった、よかった。


≪今日の読書≫
「一度でいいから・・・・ハワイ」 立原えりか著
最近以前読んだ本を読み返したり、雑誌のようなものばかり読んでいてちゃんとした本を読んでいなかったので、久しぶりの今日の読書です。
この本は、60歳を過ぎたおばあちゃんフラダンサー5人組が、ハワイで踊ることを夢見て、大会に出られるよう奮闘する物語です。
登場人物達が長い人生を生きているので、いろんな過去、背景を背負っていて、深みのある話でした。
いくつになっても大きな夢は見れるし、実現できるんだなぁと私も頑張らなくちゃと思わせてくれる物語でした。

by mineyom | 2005-12-09 23:28 | シンガポール グルメ

雪体験

昨日の午後は、夕方からOT(作業療法)訓練でした。
先生が休暇を取っていたこともあり、約1ヶ月ぶりのOTでした。
ナツはパズルをするスピードもアップし、もくもくと課題をこなしていました。
途中音楽療法を取り入れて、ヘッドフォンを聞きながら作業する場面があるのですが、ナツはこのヘッドフォンがかなり気になるらしく、両耳ヘッドフォンの上から手でカリカリ掻いているのがおかしかったです。
流れているのはクラッシックなんですけどね。
先生は「5分だけ我慢して~」とナツの手を押さえてました。

1時間のOTが終了して、5時過ぎにお隣のTanglin Mallに移動。
今日はお友達と約束して、Tanglin Mallの名物の雪を見に来たのです。
毎年やっているイベントなのですが、ナツはまだ喜ばないだろうと思っていて、参加するのは今年がはじめてでした。
「大したことないよ~」という声も聞いていたので期待はしていなかったのですが、クリスマスイベントとして一度行ってみようと出かけました。
d0065459_18334466.jpg

5時ごろ、イベントが始まる前。まだ閑散としています。

待ち合わせの5時半少し前にOさん&Rちゃんと合流。
少し早いですが、イベントは7時からなので、そのまま夕飯を食べに行きました。
向かったのはTanglin Mallの中の「スパゲッティーズ」。
子どもにはぬりえとクレヨンをくれ、子供用メニューもあるのでよく利用しています。味は普通ですが。

ナツとRちゃんは、1歳過ぎのころに習い事で一緒だったのですが、しばらくしてうちがやめてしまったので、昨日は2年ぶりの再会でした。
当然お互い覚えてはおらず、最初はちょっと馴染めなくて2人とも泣いたりしちゃいました。
それでも時間が早くてお店はすいていたので、ナツが飽きて頻繁にトイレーと騒いでも、落ち着かなく動いても大丈夫でした。

夕飯を食べ終え、少し時間があったので1階の木のおもちゃ屋さんを覗き(このおもちゃ屋さんはオススメです!)、7時ちょうどに雪だるまの前の広場に行きました。
外はまだそう暗くはなっていませんでしたが、すでにたくさんの子ども達が集まっていました。

最初に噴出し口から真っ白い泡が出て地面を白く埋めました。
子ども達はこれだけですでに興奮。泡をすくって大騒ぎでした。
私たちはこれが雪なのかと思い、これだけなの・・。期待外れだねーと思っていると、7時15分頃、突然広場に3箇所設置された吹き出し口から勢いよく雪が噴き出しました。
その勢いは想像以上に激しく、あたりはまるで本当に雪が降り出したかのよう。
ちょうど外も暗くなりかけて、ライトに当たった雪がとてもきれいでした。
d0065459_18341649.jpg

周りはみんな大興奮。
私たちも、「すごい~」、「ほんとの雪みたい~」とはしゃいでしまいました。
しかしナツとRちゃんは、かなり驚いたようで、喜ぶというよりはびっくりして固まってしまいました。
d0065459_1835127.jpg

母達だけが盛り上がり、子ども達が雪の中に突っ込んでいき、真っ白のビチョビチョになっている中、泣きそうでした。
d0065459_18355142.jpg
d0065459_18361720.jpg

しかし少し慣れてくると、不思議そうに空を見上げ、雪に見とれていました。
雪の正体は実は泡で、真っ白い泡が吹き出しているだけなのですが、空から舞う様は本当に雪のように見え、頭や方に落ちるのも軽くてふんわりしていて粉雪のようでした。

15分の間噴出し続けるので、周りの子ども達はますますヒートアップ。
雪にダイブして行き、全身泡まみれになっていました。
この隣の兄弟は完全に泡人間になってます。
d0065459_18364517.jpg

ナツも濡れちゃうかなと思って着替えを用意していたのですが、眺めているだけで充分満足そうでした。
まぁ、私もそのほうが助かりますけどね。
来年あたりは思いっきり突っ込んで行ったりするかなぁ?
全身アワアワの子ども達は、特設のシャワーもあったので、まるでお風呂に入っているように体を洗っていました。
シャワーのあとにはバスタオル1枚となっていて、雪の中で素っ裸というのもシンガポールらしい風景だなぁと思いました。

最後には積もった(?)雪に触ってみてました。
やはり落ちてしまうとどう見ても雪には見えませんね。泡の海です。
でもふわふわで気持ちよかったですよ。
しかしナツは、両手いっぱい泡だらけにしたおにいちゃんに近づいてこられ、髪の毛に泡を付けられて泣いていました。
d0065459_18372484.jpg
d0065459_18374980.jpg

ねぇ、これ雪~?
雪体験楽しかったね。
でも今度は本物の雪も見せてあげたいなぁ。

by mineyom | 2005-12-08 23:43 | シンガポール生活

あった~!

最近うちでなくなって大騒ぎしたもの。
それは家の鍵。
先週の日曜日、外から帰ってきて、玄関の棚の上に置いたのは確か。
それから誰も外に出なかったのに、次の日の朝見たら同じ場所にない!
十中八九ナツの仕業だと思って、必死で家中探したけれどみつかりません。
鍵がないと気付いた日の朝には、そのときすでに夫は自分の鍵をもって出勤してしまっていたし、ナツは幼稚園に送って行かなければならないということで、仕方なく家のドアの鍵を開けっ放しで、家と幼稚園を往復するという危ないことをしてしまいました。
急いで戻ったら誰も侵入した形跡はありませんでしたけれど。
うちの鍵はカードキーで、家のドアだけでなく、エレベータに乗るのにも必要なので、エレベーターのドアはセキュリティーのおじさんに開けてもらい、恥をさらしてしまいました。

1週間経っても鍵は出てこず、やはり鍵が1枚では何かと不便なので、再発行をお願いして、昨日28ドルを払って鍵をもう1枚もらいました。
そんな中、今日とんでもないところから鍵が出てきたではないですか!
なんとそこは冷蔵庫。
一番下の棚でひんやりと冷やされていました。
あああ~、今頃出てこられても!!
なくし物ってあきらめたころに不意に出てくることってありますよね。
昨日28ドル支払ったところだったのに~と脱力してしまいました。
まぁこの鍵は予備ということで大事にとっておくことにします。
しかしナツは冷蔵庫を開けたことは今までなかったんですけど、一体いつの間に入れたんだろう。
本当に油断ならないわ~。

更に最近のナツネタ。
一時期はまっていた「No~」が最近聞かれなくなり、嵐は去ったのねと思っていたら、3日前から突然何でも「いや~」と言うようになりました。
「No」のときはナツも面白がって言っているふうもあって、私もまだ余裕でいられたのですが、今度の「いや~」攻撃はかなり激しいです。
何をしてもいや、何をするものいや。
制服に着替えるのはいや、ご飯食べるのもいや、靴を履くものいやというふうで、特に忙しい朝はかなりイライラしてしまいます。

幼稚園に行っても中に入ろうとすると「いや~」で、先生が抱っこの手を出してくれても顔を背けて拒否しています。
今までは、幼稚園がいやでもどうしていいか分らず、されるがままだったのですが、「いや~」と反抗する術を知って、一生懸命抵抗しています。
先生も「とうとう来ましたか~」と言ってました。
何でも素直に聞いていたナツだったので、必死で抵抗するのが新鮮でした。

それでも先生に優しく声を掛けてもらい、抱っこされたら大人しく入っていきました。
行けば行ったで楽しくはなるようです。
やはり「いや~」攻撃は私に対するときが一番激しそうです。

ナツを送って行ったあと、今日はバレエレッスンに向かいました。
ナツが続けて週の真ん中に体調を崩したので、レッスンは2週間ぶりでした。
今日行ってみると、生徒さんがぐんと増えていました。
日本人主婦の中で、バレエがブームになっているのでしょうか?
私は久しぶりに体を動かしてちょっと体が痛いです・・・。

by mineyom | 2005-12-07 23:44 | ナツの毎日

サークル始動

昨日はだいぶ咳もおさまってきたので、ナツをようやく幼稚園に送り出すことが出来ました。
久しぶりの幼稚園で、病み上がりな事もあり、昨日はなんでもないことで涙が出てしまう場面もあったようですが、咳き込むこともなく過ごせたようでよかったです。

ナツが幼稚園にいっている間、私の方はとあるサークルの会合に参加していました。
まだ出来立てほやほやの、これから作り上げていく新しいサークルです。
はじまりは、メンバーのお一人のお母さんが、お子さんの障害のことで、幼稚園で大変な思いをしていらっしゃるというのを聞いて、同じクラスのお母さん達が、なんとか力になれたら、何か出来ることがあれば、と思われて立ち上がられたのがきっかけです。
1人で闘うことを余儀なくされていたお母さんの助けとなり、同じような想いの方と集って拠点を作れたらということでした。

親の会のような集まりだと、だいたいは障害を持つお子さんの保護者の方ばかりになることが多いのではないかと思うのですが、この会は、健常のお子さんをお持ちのお母さん方が呼びかけたということで、そこがすごいところだなぁと思いました。
私たちは何かあっても仕方ないとあきらめて、何か出来ないかと闘うという発想はなかったねぇ、とこのサークルに誘ってくれた友人と笑いあいました。

昨日はそのサークルの第2回目の会合。
口コミなどで集まり、現在メンバーは13名。お子さんを入れると倍以上の数になります。
今はまだ何をするのか手探り状態で、話し合いを持っている状態ですが、これから定期的に集まって情報交換したり、子ども達も交えて活動したり、行事の集まりをしたりといろいろ案は出ています。

そして私は、ブログをやっているというだけで、パソコンには全く詳しくなく、得意でもないのですが、情報管理の役目を仰せつかってしまいました。
わ~、もっとパソコンを勉強しなくては~!
責任重大だ!
将来的には、インターネットで情報発信もして行きたいと思っています。

というのも私自身、ナツが1歳6ヶ月検診でチェックを受け日本に帰って調べたときに、シンガポールに戻って果たして何が出来るのか、どういう場があるのか、一番欲しかったのが情報でした。
しかしあまり情報はなく、日本にいたほうがいいのではないかという不安を抱えたままシンガポールに戻りました。
同じ悩みを話せる仲間も見つからず、どう動いていいのかもわかりませんでした。
幸いその後、いい先生に恵まれて、いい環境におくことは出来ました。

しかし幼稚園選びに当たっては、いろいろ不安も浮上し、某幼稚園の面接を受けて、発達の遅れのため入園を断られたときには、本当にどうしようかと思いました。
その結果今の幼稚園にめぐり合え、ナツも楽しく過ごしているのでいいのですが、そのときは本当に行き場がないなぁと思いました。
日本人小学校や中学校にはチャレンジ学級があり、親の会もあると聞いたのですが、未就学児についてはどこにも居場所がないと強く感じたのです。
シンガポールの施設はあるのですが、対応は英語となります。
言葉にハンディのある子は日本語環境におきたいと思っても、行くところがありません。
今回集まったお母さん方も、大なり小なり同じ思いをされていた方が多かったようで、皆さん仲間に出会えただけでも、このサークルが作られて嬉しいとおっしゃっていました。

私はこれから情報部員として、シンガポールで誰にも言えず悩みを抱えているお母さん、シンガポールへの転勤が決まったものの、日本で不安を抱えているお母さん方に、こういう場があるよとお知らせできたらいいなと思います。
新しいことがはじまるとワクワクしますね。
どんなことが出来るか分かりませんが、第1期メンバーとして滑りだせることを幸運に思っています。

by mineyom | 2005-12-06 23:07 | 療育

クリニックへ

月曜日の朝、夜中の咳は止まったと思ったら、朝やっぱりをしている。
日曜日にゆっくり休養とったのに~と思いながら夫に「今日幼稚園行ってもいいと思う?」と聞くと、「別に無理に行かせることないんじゃない」という返事。
「そりゃそうだよねー」とあっさり月曜日もお休みが決定しました。
これでお休み3日目。土日も含めると5日間不調が続いています。
いい加減よくなって欲しいと思う母でした。

この日で先週木曜日にもらった咳止めがなくなってしまうので、幼稚園をお休みするなら午前中にさっさとクリニックに行こうと準備していると不動産屋さんから電話が。
前々からお願いしていたエアコンのメンテナンスが今日手配できるという話でした。
いきなり言われてもと思いましたが、エアコンから水漏れしているので早くして欲しいと言っているにもかかわらず、なかなか返事が来なかったので、これを逃したらまたしばらく出来ないかもと思い、OKしました。
11時という中途半端な時間に来るというので、クリニックに行っていたら間に合わないかもと思い、クリニックは午後行くことにしました。

エアコンメンテの業者さんはほぼ時間ぴったりに来て、1時間以上かけて丁寧に作業してくれました。
仕事ぶりには満足。
これで水漏れを気にすることなくエアコンを使えるわとほっとしました。

業者さんが帰ったあと、ナツにお昼ご飯を食べさせ、午後の診療は2時からなのでゆっくりと出かけました。
しかし外に出た途端空が真っ暗になり、雨が降りだしました。
雨はどんどん激しくなります。
もう家をでてしまっていたので、タクシーを拾ってparagonに向かいました。

クリニックに着くと、大雨のせいか待合室はガラーンとしてました。
いつもなら小児科は結構待たされるのですが、あっという間に名前が呼ばれました。
先生はナツを見ると、「午前中はインフルエンザの患者さんがいっぱいいたんですよ」とおっしゃいました。
流行っているらしいです。
ナツは1回目の予防接種は終わっているものの、打ってもかかる人はかかるということで、油断は出来ないそうです。

ナツは発熱が一番良くないので、先生に「ナツちゃん、セーフ!」と言われました。
ナツもまねして「せーふ、せーふ」言ってました。
でも本当に危なかった~。
エアコンメンテが午前中に入ってくれたおかげです。
インフルエンザの流行シーズンになると、病院に行くのにも慎重になってしまいますよね。

先生は咳が収まっていないのを見て、薬を増量してくれました。
木曜日に来たときはまだあまりひどくなかったので、最低量を処方してくれていたらしいです。
どうりで効かないわけだ・・。

咳のついでに足も診てもらいました。
ここ1週間ばかり、ナツが靴を脱いだあとやたらと足を痒がるのです。
いつも靴下をはかないで靴を履いているので、蒸れて水虫にでもなったのかと思いました。
しかし先生はナツの足をまじまじと見て「水虫はないねぇ」と言っていました。
これくらい小さい子どもはそんなに簡単に水虫にはならないそうです。
とりあえず痒み止めを出してくれました。
痒みの原因はなんだろう?

何はさておき、この薬で早く咳がおさまって欲しいものです。

by mineyom | 2005-12-05 23:17 | ナツの毎日

のんびり日曜日

少しずつ回復してはいるものの、ナツの咳はスッキリせず。
昨日は月曜日には登園できるように、家でゆっくりと過ごすことにしました。
といってもダラダラしていただけです~。

しかしそれではナツも飽きてしまうので、午後はまたまたおやつ作り。
炊飯器で作るおやつ第2弾です。
今回のお題は、「豆腐と黒みつのシフォンケーキ」。
果たして炊飯器でシフォンケーキが出来るのか?
今日はナツも参加。
d0065459_18303810.jpg

混ぜたり、こねたりするのは大好き~。
d0065459_18315975.jpg

出来上がりはこんなかんじ。
炊飯器だからか上手く膨らみませんが、食べてみると、これは確かにシフォンケーキだー!
豆腐入りでヘルシーで美味しかったです。
炊飯器でもしっとり感は出せるのですねぇ。

しかし今回はじめて日本から持ってきたものの、一度も使ったことがなかったハンドミキサーを使ったのですが、これものすごく便利ですね!って今更ですが。
固めのメレンゲという指示に焦りましたが、あっという間に出来てしまいました。
もう離せないハンドミキサー。
ナツもよく食べてくれて、今日も大満足です。
ただやっぱりケーキというものの、見かけが地味だなぁ。
今度はもうちょっと飾り付けの工夫なんかも研究しなくてはなりません。

そうそう、ナツは最近自分で洋服を選ぶようになりました。
今までは私がたんすから出したものを大人しく着ていたのですが、最近は自分も着いてきて、私が選んだものを「いやー」と言い、「こっちー」と違う服を引っ張り出してきます。
選ぶのはピンクや黄色の明るい色や、可愛いプリントのあるものが多いです。
やはり女の子なのね。

今日はパパが張り切って「これがいいよ」といって選んだ服を、「いや、こっち」の一言でキッパリ否定して、パパを悲しませていました。
パパはどちらかというと男の子っぽい、濃い色の服が好きなので、ナツの好みとは合わないようです。

今日ナツが選んだ、明るい黄緑色のシャツ。
もうママが選んだ服は着てくれないのかしら?
d0065459_18323964.jpg

by mineyom | 2005-12-04 23:09 | ナツの毎日

和食ビュッフェ

土曜日は和食のビュッフェに行ってきました。
久しぶりのビュッフェで、とっても楽しかったです。
最近、カロリーを取り過ぎないようにと注意していたのですが、ビュッフェ行きたい熱が燃え上がってしまい、ならば和食ならマシではと言って思い切って行ってしまいました。

うちの夫は大の寿司、刺身好き。
週末どこに行きたい?と訪ねると「寿司!」と答えることが多いです。
ただし、行くのは高級寿司店ではなくて、回転寿司ですよ。
よく行くのはノベナスクエアやグレートワールドシティにある「いちばんぼし」です。
そんな夫なので、「和食ビュッフェがあるんだって~」という話に飛びついてきました。

場所はニュートンMRT近くの「Sheraton Towers」1階のThe Dining Roomです。
Sheraton Towersは、外観は地味なかんじのホテルですが、中に入ると重厚で落ち着いた、立派なホテルです。
The Dining Roomは、天井が高く、大きな窓から美しい緑と滝が望める明るくて清々しい空間でした。
d0065459_11443756.jpg

d0065459_1145183.jpg

フロアーに並ぶのは、様々な日本食。
寿司、焼き鳥、てんぷら、豚肉と大根の煮物、茶そば、味噌汁などなど。
注文するとシェフがその場で魚をおろして綺麗に盛り付けてくれる刺身カウンターがよかったです。
このほかに鰻丼もありました。
味噌汁があるところはさすが和食ビュッフェで良かったのですが、スープ皿に入れ、スプーンで飲むので何だか不思議な感じでした。
やはり味噌汁はお椀とお箸でないと、雰囲気が出ないようです。
ナツは、海苔巻き、そば、味噌汁などを好んで食べてました。
ナツが食べられるものもいろいろあってよかったです。

デザートコーナーも充実していました。
さすがにデザートは洋風なのねと思ったら、よく見ると和風デザートもいろいろ置いてありました。
羊羹やわらびもち、梅ゼリーなど。
どれもそのままでは重過ぎるのか、軽い食感にアレンジされてました。
暑い国で、しかもビュッフェで食べるものなので、さっぱりめで良かったです。
d0065459_11453497.jpg

d0065459_11455573.jpg

ナツ、羊羹丸かじり。
私もちょっと食べたかったのに栗入り羊羹を全部食べられちゃいました。
やっぱり日本人ね。

あ、この和食ビュッフェ、やってるのは土曜日だけです。
時間は12時から16時までです。

by mineyom | 2005-12-03 23:50 | シンガポール グルメ

クレープのランチ

金曜日の朝、相変わらず熱はないものの、まだ咳はおさまらないナツ。
今日も幼稚園に行かせるか非常に悩む。
咳の具合よりも、昨日夜中咳のせいでよく眠れなかったので、寝不足気味で全日保育がもつのかの方が心配。
とても絶好調とは言えず、今日も幼稚園をお休みすることを決定。

午前中の日本人会の英会話はお休みすることにし、まだ眠そうなナツは、ベッドへ連れて行き2度寝させました。
今日はなんとか幼稚園に行って欲しかったのだけど・・・。
というのも、今日はみんなでランチに行く約束をしていたのでした。
ナツも週2回とはいえ全日保育となり、ゆっくりランチが出来る時間が出来たので、先日行ったクレープやさん、Duxton Rd.の「CREPERIE AR-MEN」に行こうとお誘いしたのです。

咳の出ているナツを幼稚園に行かせるわけにも行かず、だからと言って風邪引きのナツをランチに連れて行けば、みんなに迷惑がかかります。
しかし今回は、私が皆さんに声を掛けて集まっていただいたので、当日キャンセルは申し訳ない。
しかも12時に集合するメンバーは、みんなそれぞれ初対面の方ばかりだったので、せめてお引き合わせはしなければと、とりあえずナツを連れてお店に向かったのでした。

先日夜来たときは、薄暗くちょっと大人の雰囲気で、大人数、しかも子どもの数の多い予約は受けてもらえるのか、正直ちょっと心配でした。
しかし予約の電話をしてみると、なんにも問題ないよ~と軽くOKの返事がもらえました。
お店に着いてみると、窓際の2つの大きなテーブルが確保されており、お客さんは誰もいませんでした。
その後も、会社員らしき4人グループが来たのみで、子供連れでもあまり気にすることなく過ごせました。
このお店、美味しくて雰囲気がいいのに場所が分かりづらいところにあるせいか、空いているようです・・・。
子連れで行くにはありがたいけれど、もうちょっと人気が出るように応援してあげたいなぁ。

お店の前でこの日初対面だったmilfyさんと合流。
まだ6ヶ月のハルくんはとってもご機嫌で、すごく可愛かったです。
一緒にお店の2階に上がり、席に着きました。
咳をしているナツは隔離・・・、は出来ないので1番端の席に座らせました。
その後はせくみさん&Dragonくん、mieさんがやってきて、まずは1人ずつそば粉クレープを注文し、そのあとにデザートのクレープをみんなでシェアして注文しようということで、オーダーしました。
d0065459_1311106.jpg

私はみんなが集まったら子供たちに風邪をうつしてしまっては申し訳ないので、さっさと退散しようと思っていたのですが、みんなに合えば話もしたいし、帰るのは辛い。
お言葉に甘えて、そば粉クレープだけ食べて帰ることにし、うちはほうれん草のクレープとオレンジジュースを頼みました。
d0065459_13113270.jpg

ほうれん草とチーズがたっぷりでなかなか食べ応えがありました。
クレープがやはりバターがきいてて美味しかったです。
ナツはほうれん草部分だけ少し食べてました。
しかし注文したオレンジジュースが炭酸でナツの気に入らず、それがちょっと失敗でした。

まもなくして幼稚園を終えたnaokoさん&りゅうくん、sachieさん&アヤネちゃん、ダイチくん、kantaママさん&kantaくんがやってきて、大人7人子供7人の総勢14人が揃いました。
しかしナツは何度もトイレに行くといい、グズグズ言ってばかりでちっとも落ち着きません。
完全に迷惑な親子だったので、ナツの機嫌をとりながらそば粉クレープをなんとか食べきり、早めに撤収しました。
皆さんとゆっくりおしゃべりできなかったのが心残りです。
バタバタしてしまって申し訳ありませんでした。
本当にはナツのいぬ間にゆっくり食事を楽しむ予定だったのになぁ。
も~当初の予定とは大違いだよ~。

家に帰ってしばらくするとナツはお昼寝。
昼寝から覚めると元気を取り戻していました。
ナツはあまりお店で食べなかったのと、デザートのクレープが食べられなかったのが残念で、うちでもおやつを作ることにしました。
オーブンが壊れてからというものの、少し芽生えていたお菓子作りの情熱がすっかりしぼんでしまった私。
しかし本屋で「炊飯器でヘルシーおやつ」という本を発見し、ぱらぱらめくってみると、どれも美味しそうで簡単、楽チン!
これ私にぴったりだわ!と早速買ってきました。

今日はその本の中から「ヨーグルトとりんごジュースのケーキ」をセレクト。
これはすごく簡単で美味しかったです。
①ホットケーキミックス100g
 レーズン30g
 砂糖大1
 溶かしバター20g

②ヨーグルト大2
 100%りんごジュース大3
 卵1個

①、②それぞれ混ぜ合わせ、さらに①と②をあわせて混ぜて炊飯器に入れ、炊飯ボタンを押すだけ。
d0065459_13115666.jpg

出来上がりはちょっと上品な、ケーキみたいなホットケーキというかんじ。
炊飯器で作るとパサパサしそうなイメージがありますが、これはヨーグルトとジュースのおかげでしっとりしてました。
おもてなしには向かないかもしれないけど、子どもの3時のおやつには最適でした。
ナツはすごく気に入ってよく食べてくれました。
美味しいおやつで元気になるのだ~。
d0065459_13122626.jpg

by mineyom | 2005-12-02 23:42 | シンガポール グルメ

お休み

インフルエンザの予防接種は、ほとんど副反応がないということだったので、前日から出ていた咳がひどくなっただけだと思うのですが、夜中寝入りばなに、かなり咳き込みなかなか眠れない状態だったので、朝、幼稚園をお休みすることにしました。

熱はなく、症状は咳だけです。
しかも起きてるときはそれほど出ない。
こういうときは幼稚園をお休みするべきか、すごく悩んでしまいます。
私自身、子どもの頃から学校やバイトを休むことに関しては厳しく躾けられていて、滅多なことでは休んではいけないと刷り込まれています。
ズル休みはもちろん、なんとなくいやでは絶対許されません。
そういうふうに躾てもらったことはとても感謝しているのですが、ことナツに関してはそれを当てはめてよいのか迷うことがあります。

元気な子ならばそれくらいで休まない!大丈夫行ってらっしゃい!とも出来るのですが、ナツは疲れると発作がおきやすいし、熱を出すのはなるべく避けたい。
しかしあんまり過保護にしていてもいけないし、少しずつ体力を付けていって欲しい。
基本的に体は丈夫な子なので、今までは休みも少なく、あまり悩むことはなかったのですが、雨季に入った頃から涼しくなったせいか風邪も流行っていて、ナツも体調を崩すことが多くなっています。
ここのところ毎週お休みしています。

簡単に休んではいけないという私の刷り込みが、こんなんでいいの?と思ってしまうのです。
まだ完全な風邪なら、ハイお休み!と出来るのですが、ちょっと咳とか、なんか疲れぎみとか微妙な感じだからすっきりしないんですよね。
ここで無理させてひどくなったら困ると言うことだけなので。

しかしよく考えると、ナツはまだ3歳。
日本にいたらまだ年少前で、幼稚園にも行ってない年です。
そんな無理させる必要はないよね。
まぁ結局、気になるときはお休みさせちゃってます。
ただ判断が難しいです。
これは「母の勘」に頼るしかないですね。
大丈夫そうだなぁと送り出すと、やっぱり元気に戻ってきたりするので、それなりに勘も頼りにはなっていそうです。

今日は早めに完治させるため、クリニックに薬をもらいに行きました。
症状が咳だけなので、咳止めだけもらいました。
待合室で待ってると、ナツと同じクラスのKくんも来ていました。
やはりクラスでも流行っているそうです。
Kくんは、ナツのお気に入りの男の子。
K君の「しまじろう」の最新号を一緒に見せてもらい、シールも分けてもらって2人で貼っていました。

家に帰ると今日はのんびりすごすぞと決めたので、ま~ったり。
私は韓国ドラマの「ホテリアー」にはまって、一気に6話分も見てしまいました。何やってるの私~。
韓国ドラマは一時帰国のときに父が「冬のソナタ」にはまっていたので、それだけは見ていましたが、ほかのドラマは全然知りませんでした。
韓国ドラマなかなか面白いですねー。
ペ・ヨンジュンはやっぱりかっこいいです。あの優男ぶりがいいですね。

夜は9時ごろ寝ましたが、夜中12時ごろ、ナツが咳き込んで起きてしまいました。
すごく眠いのに、咳のせいで眠れないので、かなり辛いようで1時間以上泣き続けていました。
うとうとすると咳こんで起きてしまうのです。
私はずっと抱っこして寝付くのを待っていました。
最後には眠さが勝って2時間ほどしてやっと寝てくれました。

今日幼稚園をお休みすればよくなると思ったんだけどなぁ。
これは明日も幼稚園お休みか?
それはとっても困るのよー。
でもそうなりそうな予感です。

by mineyom | 2005-12-01 23:54 | ナツの毎日