荷物出し完了

昨日、無事船便と航空便を出しました。
今回ナツがいたため、前日までにキッチリ仕分けをし、全部船便で出してくださいというふうにしておきました。
実際の作業中は、出すもののほとんどない寝室に、ナツと2人でこもっていました。
ただ、ナツはすぐに飽きてしまって外に出たがり、そのナツを抑えておくのに苦労しました。

引越し屋のお兄さんがおもちゃを梱包していると、寄って行って、おもちゃを出そうとしてしまいます。
ナツも名残惜しかったのかな。
でもまたすぐ遊べるからねと、納得させました。
遊べるようにおもちゃは少しよけておいたのですけどね~、使えないものの方が魅力に感じるらしいです。

午後3時半頃作業が終了し、ほっと一息つけました。
1つ大仕事が終わった感じです。

夕方、rayさんがyouくんと一緒にお別れに来てくれました。
寂しい気持ちになっていたのでとっても嬉しかったです。
なぜかyouくんはとってもハイテンションで、ずっと激しく動いていました。
ナツもそれに影響されたのか、一緒に走り回ってはしゃいでいました。
昼間欲求不満だったので、思い切り体を動かせてよかったようです。
とても楽しかったです。どうもありがとう。

昨晩は寝るだけなので、そのまま家で過ごし、今日ホテルに入ります。
ホテルで2泊し、次の日飛行機に乗る予定です。
今日からインターネットは使えなくなってしまうので、シンガポールからの記事はこれで最後です。
今まで読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。
シンガポールでこうしてブログが出来たこと、本当に良かったと思います。

ブログをはじめることによって、たくさんお友達も出来たし、シンガポール生活もより充実しました。
本当に楽しかったです。
次は日本からお送りしますので、また遊びに来てくださいね。
シンガポールの皆様、本当にお世話になりました。

by mineyom | 2006-03-30 12:10 | シンガポール生活

持ち寄りパーティー

月曜日は、私とナツの送別会でお友達が持ち寄りパーティーを企画して下さり、Sさん宅にお邪魔してきました。
ママ6人、子ども6人が集まり、とってもにぎやかに過ごしました。
ナツも最後にお友達と遊べて、とっても楽しそうでした。

持ち寄りパーティーということで、皆さんが様々なお料理を用意してくださっていて、どれもすごく美味しく、たくさんの種類があって食事も本当に楽しめました。
お宅をお借りしたので、子どもも伸び伸び遊べ、私もゆっくり皆さんとおしゃべりできてよかったです。

ナツは遊びつつも、お料理が気になるようで、フライング気味でたくさん食べていました。
普段私が作らないようなものもいろいろあったので、とても気に入ったようでした。
またこんなパーティーをしたいなぁと思ったので、これで最後というのが寂しかったです。
でも最後にみんなと遊べて、お別れできたので良かったです。

火曜日は、休息日&翌日の船便、航空便出しを控えて荷造り。
数日前から少しずつ片付けていたので、スムーズに終了しました。
ナツはずっと、「アンパンマン~、しまじろう~」と騒ぎ続けていました。
ケーブルテレビは解約し、ロクラクのレンタルも返却し、DVDプレーヤーもフリマで売ってしまって、ここ数日何も見るものがなくなってしまったのです。
プレーヤーがないのに、何度もDVDを出してきてしまって、「もう見れないんだよ」と言い続けるのに疲れてしまいました。

そして1つ驚いたこと。
私達はこちらに来るときに日本からマウンテンバイクを2台持ってきたのですが、こちらではほとんど乗ることなく、ずっと地下の駐車場に置きっぱなしになっていました。
いつの間にかサドルは盗まれ、ほこりをかぶってすっかり惨めな姿になっていました。
今回持って帰るか悩みましたが、元はいい自転車で、乗って上げられかったのがかわいそうだったので、日本に持って帰ってメンテナンスして乗ろうと、持って帰ることに決めました。

しかし船便出しのためにチェックに行くと、なぜかいつの間にか、新しいサドルが付けられ、見たことのない自転車と一緒に並んでチェーンでつながれていました。
もう廃棄されたんだと思った方が、知らぬ間に自分のものにしていたようです・・・。
実は船便の規定がギリギリで、自転車を持って帰ると規定を超えそうだねと心配していた私達。
このまま捨てておくのは可哀想だけど、誰か使ってくれる方がいるならば願ったりです。

新しいサドルがついた姿を見て、「いい人にもらわれて良かったね」と思いました。
これからシンガポールの街で活躍してくれるはずです。
そんなこんなありましたが、なんとか荷物の仕分けは出来ました。
後は船便出しを待つばかりです。

by mineyom | 2006-03-27 23:31 | シンガポール生活

週末の出来事

土曜日は、療育サークルの第2回目でした。
ナツの幼稚園で行われるので、昨日途中で帰ってきてしまったこともあり、最後に皆さんに挨拶だけでもと思い出掛けていきました。
ナツはやはり調子がいまいちで、ほとんど参加しませんでしたが、サークルの方たちと最後にお話でき、お別れが言えたのでよかったです。

園長先生と、先生方も数人いらしていたので、挨拶することができました。
先生方はみんな、ナツがシンガポールを去ることを惜しんでくれて、ナツの成長をもっと見ていたかったと言って下さいました。
私もお別れすることが、とても辛かったです。
またいつでも遊びに来てねと言われたので、いつか成長したナツと戻ってきたいなぁと思いました。
シンガポールにそういう場所があるのは嬉しいですね。

この日はサークルが終わってAさん一家とランチに行ってきました。
Aさんとはナツがまだハイハイのころに知り合い、ナツとTくんが誕生日一日違いということもあって、一緒に誕生日パーティーをしたり、母子旅行に行ったり、数家族でバーベキューパーティーをしたりと思い出がたくさんあります。
皆さん続々と帰国されて、残ったのはうちとAさん一家だけになってしまいました。
この日は2家族で「竹葉亭」へ。
もっとカジュアルなレストランにしようといったのですが、最後くらい豪勢に行きましょうと、うなぎとてんぷらのセットをご馳走になってしまいました。

お互い子どもがいるからということで、個室を用意してくださっていたのですが、この個室がとってもいいです。
眺めが良くて気持ちいいし、子どもがウロウロしてもまったく気になりません。
落ち着いて話をすることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
また日本で会いましょうと約束してお別れしました。


さて日曜日。
ナツは熱は出ないものの、咳と鼻水がおさまりません。
この日は私が前から行きたいと思っていたフォーシンズホテルの「江南春」のアラカルトビュッフェに行く予定でした。
前から気になっていたものの、メニューの品をどれでも頼み放題というビュッフェなので、家族だけで行くとあまり種類が食べらずもったいないなぁと思っていました。
帰国前に行ってみたいとお友達をお誘いすると、心良く話に乗ってくれ、4家族で行くことになっていました。

しかしナツはここでゆっくり休ませておかないと後で響きそうです。
さんざん考えた挙句、ナツにはお留守番していてもらうことにしました。
金曜日もナツを迎えに行って参加できなかったので、またどたキャンするのは申し訳ないと思っていたら、夫が俺がナツを見ててやるよと言ってくれたのです。
連日のハードワークで疲れていた夫は、出かけるよりもゆっくり寝たかったようです。

アラカルトビュッフェは、スープに始まり、点心、魚、肉、野菜料理、デザートまで全100種類。
それをどれだけ頼んでもいいのです。
やはり点心をいろいろ食べたいよねと、1ページ全部持ってきてとすごい頼み方をし、続々と運ばれてくるアツアツの点心に感動しました。
チョコチョコ頼むことはあっても、テーブルいっぱいの点心ははじめて。
お腹いっぱいになるまで食べました。
どれを食べても美味しかったです。

しかし後で頼んだ肉料理や魚料理が、量も程ほどで美味しかったので、点心以外の物ももっと頼めばよかったなぁと思いました。
1ページ全部という注文の仕方は気持ちよかったですが、点心だけでかなりお腹いっぱいになってしまったので・・・・。

最後にマンゴープリンとサゴを食べ、締めとなりました。
もうお腹いっぱいで、満足でした。
しかし食べてるときに、家にいる夫とナツが気になり、思い切り満喫することは出来なかったかなぁ。
しっかり食べましたけどね。
やはり美味しいものは家族一緒に食べたいですね。

家に帰ると、たっぷり睡眠をとった2人が、ご機嫌に迎えてくれました。
ほぼずっと寝ていたようです。
2人のお昼はうどん。
ナツは好物だから喜んだようですが、ママはちょっと心苦しかったです。
ママだけ美味しいもの食べてごめんね。

by mineyom | 2006-03-26 23:44 | グルメ

幼稚園最後の日

更新が滞っております・・・。
実はナツが、金曜日から風邪をひいて体調を崩し、いろいろ入っていた予定は変更&キャンセル、やらなければいけない雑事は思うように進まないと予定が狂いまくりです・・・。
まだ帰国1週間前でよかったですけどね。
今はだいぶ良くなったので、帰国までに完全復活して欲しいです。

さて金曜日のことです。
金曜日は、ナツの幼稚園最後の日でした。
お昼寝なしがきついようだったので、今、体調崩しても困るとナツだけは下のクラスの子達とお昼寝をさせてもらうことにし、万全だと思ったのですが、金曜日のお昼過ぎ、ナツの体調が悪いので迎えに来てくださいと幼稚園から電話が来てしまいました。

実はこのとき、私はお友達が送別会を企画してくださり、皆さんでマリオットホテルの「Wan Hao Restaurant」で円卓を囲み、まさに1品目がやってきたという、計ったか?!と言いたくなるほどの素晴らしいタイミングでした。
一瞬迷ってしまったひどい母ですが、泣いていて眠れないということだったので、仕方なくお迎えに行くことにしました。

私のために集まってくださった皆さんに本当に申し訳なく、私の方も泣きたくなってしまいました。
とりあえずナツを迎えに行って戻ってくると約束して、幼稚園に向かいました。
ナツは体調が悪いせいか、眠いのに上手く寝ることができず、グズグズと泣いていました。
タクシーで寝るかと思いきや、なぜそんなに泣くのと聞きたくなるほどの号泣ぶり。
ホテルの前についても当然泣いています。
これはもうダメだ~と諦め、とりあえず送別会を中座して来てしまったので、皆さんに挨拶だけでもしなければと、レストランに向かいました。

ナツは少し落ち着いていたのですが、レストランに入るとまた泣き出し、とても子供の泣き声が許される雰囲気ではないので、慌ててその場を去りました。
満足に挨拶も出来ず、皆さん本当に申し訳ありませんでした。
ホテルから家に帰ると、ナツは落ち着いたのか、やっと寝てくれました。
そのまま3時間ほど熟睡してました。

午後3時ごろ、ご近所のrayさんがまったく手が付けられなかったお料理を、ターパオして持ってきてくれました。
美味しいと噂のレストランだったこともあり、食べられなかったのが悲しかったので、本当に嬉しかったです。
夕飯がとっても豪華になりました。
皆さんお心遣い、本当にありがとうございます。
どれもとっても美味しかったです。

ナツは幼稚園最後の日だったのに、ちゃんとお別れできず途中で帰って来てしまい、私も楽しみにしていたお友達とのランチが出来ず、散々な日となってしまいました。
ちゃんとお別れできずにごめんなさい。
皆さん本当にお世話になりました。
日本にお越しの際は、ぜひ声を掛けてくださいね!
またお会いしましょう。

ナツはぐっすり寝てすっきりしたようでしたが、夜になって鼻水が出てきました。
疲れたのかと思ったら、風邪をひいたようです。
今流行っているのだそうです。
この日は1日ゆっくり休ませました。

by mineyom | 2006-03-24 23:25 | 幼稚園

赤ちゃん♪

数日前に出産されたお友達に、病院まで会いに行ってきました。
生まれたての赤ちゃんは、本当に小さくて可愛く、お顔を見ているだけで癒されてしましました。
シンガポール名物(?)のおくるみグルグル巻きで、本当に安心した様子ですやすやと眠っていました。
お腹がすいた時にだけ声をあげるという、とってもおりこうさんな赤ちゃんです。

ママのOさんも2人目の余裕もあって、出産すぐとは思えないほど、元気でゆったりと過ごしていました。
病室は広々とした個室で、まるでホテルのよう。
これなら寛げるだろうな~と、やっぱりもう1人シンガポールで産んで帰りたかった!と羨ましくなってしまいました。

Oさんは、シンガポールから他国へ異動されることがほぼ決定ということでしたが、今はインターネットがありブログがあるので、離れていてもお互いの様子が分かり合えていいですよね。
まだまだ交信しようねと約束すれば、お別れもそんなに寂しく感じなくてすみます。
しかも先の見えない駐在員同士は、お別れも付き物ですが、また将来どこかの国で会えるかもしれないねと明るい希望も持てます。
そんなふうに過ごすのも楽しいですね。

Oさんとは、ナツが1歳の頃に知り合って、仲良くしていただいていたので、最後に赤ちゃんにも会え、ちゃんとお別れできてよかったです。
お互い新天地で頑張りましょうね!

さて、3月に入ってからみんなに「忙しいんでしょう?」と心配そうに聞かれていた私、「それほどでもないのよ~」とのんきに答えておりました。
本当にあまりやることがなかったんです。
しかし今になって、俄然忙しくなってきました。
寸前にならないと解約できないものも多いし、ここへ来て問題が発生したりして、かなり慌しくなっています。
帰国までのスケジュールを作り、何とかこなす毎日です。

しかも、家の引渡しまで数日になって、お風呂のヒーターが壊れました・・・。
この家には、入居時から困らされ、あらゆるところを修理してきましたが、ヒーターにはあと1週間頑張って欲しかった・・・と思いました。
エアコンもあちこち水漏れしてきているし・・・。
うーん、この家には最後まで悩まされそうです。

by mineyom | 2006-03-23 23:03 | シンガポール生活

ボタニックガーデンで朝ご飯

火曜日はお友達とボタニックガーデンに行ってきました。
この日はナツが午前保育のため、ランチではなく、朝ご飯で設定していただきました。
ビジターセンターそばの「カフェレザミ」です。
ここは、とってもカジュアルなオープンエアのお店。
午前中でも、子供連れのママさんや、ワンちゃんのお散歩に来ている人など、思っていたよりにぎわっていました。
d0065459_1054283.jpg

メニューはローカルとウエスタンがあり、私はピータン入りポーク粥を注文。
ピータンはいまいちでしたが、お粥の味はなかなかでした。
大きなボールいっぱいに入っていてお腹はいっぱいになりますが、値段は高めです。
観光客値段なのかも?

この日は曇り空で涼しかったので、緑を見ながら食事をするのが気持ちよかったです。
最後にボタニックガーデンにも来れて嬉しかったです。
私達はカフェでずっとおしゃべりしていて、公園内は歩かなかったのですけどね・・・。
d0065459_1054306.jpg

しかしこの日のメンバーの中のSさんも、同じくこの3月で日本に帰国なのですが、年末にSさんに帰国を告げられたときには、まさか自分も日本に帰ることになるとは全く思っていませんでした。
「お別れするのが悲しいよ~」とか言っていたのに、1週間後の飛行機でSさんを追いかけることになろうとは、予想もしませんでした。
本当に人生どうなるか分かりません。

ナツのお迎えの時間になってしまったので、バタバタとタクシーで失礼しましたが、最後にゆっくりお話できてよかったです。
Sさん、日本でもお互い頑張りましょうね~!

さて、ナツは毎日幼稚園にバスで通っています。
ナツの乗るバスは、人数がそう多くないので、小さなバスです。
前に2列シートがあり、後ろは3人ずつ6人が向かい合わせに座れます。
今までナツは前の2列のどちらかに座っていたのですが、突然そこに座るのを拒否しだしました。
小さい子は前のほうに座ることが多いのですが、なぜか嫌になったようです。
そして後ろの席に座りたがるのです。

最初はアンティさんが前に座るように説得していたのですが、なんとその様子を見て、後ろに座っていたお姉ちゃん、お兄ちゃんが、「なっちゃん、こーこ!なっちゃん、こーこ!」と声を合わせて合唱しだしました。
ナツが隣に座ったって、お姉ちゃん達はあんまり面白くないと思うのですが、一生懸命呼んでくれるのです。
アンティさんは日本語は分からないのですが、皆が何を言っているのかはだいたい分ったようで、ナツは無事後ろの席に座れました。
お兄ちゃん、お姉ちゃんに挟まれて嬉しそうです。

ナツはバスの中でもとっても楽しく過ごしているようです。

by mineyom | 2006-03-21 23:32 | シンガポール生活

イタリアンのランチ

月曜日はお友達と「グランドコプトーンウォーターフロントホテル」の「PONTINI」に行ってきました。
店内が広々していて、明るくていい雰囲気と聞いたので前から行ってみたかったのです。
イタリアン好きの友人2人がお付き合いしてくれました。

開店と同時の12時に行ってみると、すでに入り口だけで子供は連れてこられないなぁという雰囲気。
天井が高く、気持ちのよいレストランでした。
ランチは3コースと4コースがあり、前菜、パスタorピザ、メイン、デザートです。
3コースの場合、パスタorピザかメインのどちらかを選びます。
私達は前菜をビュッフェにしたので、4コースは量が多すぎちゃうだろうと、3コースを選びました。
メインのお料理も食べてみたかったですが、やはりイタリアンに来たのだからパスタとピザを食べたい!ということで私はリングイネ、友人達はピザとクリームソースのパスタを頼みました。

前菜のビュッフェはこのカウンターから好きなものを取ります。
d0065459_11203350.jpg

生ハム、鴨、スモークサーモン、ローストビーフ、チーズ、サラダなどなど美味しそうな前菜が並び、嬉しくなります。
まだ後があるんだからと注意しつつ、美味しくて結構食べてしまいました。

続いてパスタの登場。
d0065459_1130674.jpg

d0065459_1131184.jpg

ピザ。
d0065459_11314625.jpg

赤々と燃える窯を見たときから期待していましたが、薄ピザでとっても美味しかったです。
パスタもどちらもしっかりとした味で満足できました。

デザートのティラミス。
d0065459_1132787.jpg

こってりしているけれど、しつこくない大人の味です。

幼稚園のお迎えギリギリまで食事とおしゃべりを楽しみ、とても楽しかったです。
お2人からは心のこもったプレゼントをいただいてしまい、感激するとともに、もうこうしてランチすることができないんだなぁと寂しくなってしまいました。

名残惜しくお別れして、歩いて家まで戻りました。
ナツのお迎え10分前に到着。
程なくしてやってきたバスを覗くと、ナツが寝てしまっています。
いつもは元気にご機嫌で帰ってくるのに、バスから降ろされる時に起きてグズグズと泣いてしまい、抱っこするとまたそのまま寝てしまいました。
家まで連れ帰っても起きず、ベッドに置くとその後1時間半ほど寝ていました。

実は今日から幼稚園ではお昼寝がなくなったのです。
4月から1学年上に進級すると、今まであったお昼寝タイムがなくなるので、今学期最後の週である今週は、来学期に向けての体慣らしのため、お昼寝タイムは静かに過ごす時間としているそうです。

ナツは幼稚園にいる間は、お昼寝タイムがなくなっても元気に過ごしているそうですが、やはり帰りのバスに揺られているうちに眠くなってしまうようです。
まだ完全にお昼寝なしは辛いようです。
休日などは、午後に15分から30分くらい寝ればすっきりしてしまうのですが、やはり幼稚園に行くと疲れるのでしょうね。
ナツも日本で幼稚園に入園したら、やはりお昼寝はないので、徐々に体を慣らしていかなければいけないなと思いました。

しかし夜。
まだお昼寝なしは無理だよねと、充分寝かせたのがあだになったのか、夜全く寝てくれません~!
幼稚園から帰ってから寝るので、夕方の遅い時間に寝てしまっているのが原因だと思います。
いつもは9時頃ベッドに入り、遅くとも10時前には寝るのですが、この日は10時を過ぎても目がランラン。
まだ遊ぶと言って聞きません。

ナツは好きなおもちゃを自分で持ってきてやるのですが、この日は何を思ったか、いつもはあまり見向きもしないおもちゃを持ってきました。
ナツにはまだ難しすぎて上手くできないのです。
5色の板を棒に通すのですが、1枚から5枚まであって、それぞれ1個から5個の穴が開いています。
d0065459_1135164.jpg

ナツは最近やっと色分けができるようになったくらいで、正直に言ってこの玩具が出来るようになるのはまだまだ先だろうなぁと思っていました。
しかし急にどうして気が向いたのか、熱心に取り組んでいます。
そしていつの間に覚えたのか、きちんと穴の数が同じところに入れていきます。
d0065459_1135271.jpg

これにはびっくり。
最近言葉なども成長著しいなと思っていましたが、子どもって急にできるようになっちゃうんですね。
停滞しているときは長く感じても、1つ出来るようになるとそれに引きずられて急にいろいろ分るようになるんだと思います。

出来るようになったのにもびっくりしましたが、その集中力にもまた驚きました。
もともと同じ事を黙々と繰り返して取り組むタイプではあったのですが、このときは怖いくらいの集中力を発揮してました。
完成すると「もういっかい!」と言って崩してまた入れ始めるのです。
d0065459_11355535.jpg

1回目、2回目は私が「こっちだよー」と教えたりしていたのですが、数を重ねるうち、どんどん正確になり、出来上がるスピードも上がっていきます。
瞬く間に習得してしまいました。
しかし10回を過ぎてもまた「もういっかい」とやろうとするので、もういい加減寝なくっちゃと、「また明日やろうね」とナツを説得し、ベッドに連れて行きました。

しばらくは脳が興奮しているのか、なかなか寝付けないようでしたが、さすがに疲れたのか11時過ぎには寝てくれました。
しかし子供は侮れません。
まだまだと思っていても、突然伸びるときがあるのですね。

by mineyom | 2006-03-20 23:27 | グルメ

プール遊び

土曜日は午前中、マウントエリザベスのクリニックへ行きました。
今まで診ていただいた先生に、帰国になったため日本の病院へ持っていくレポートを作ってもらいました。
日本との対応の違いに悩んだりと困ったこともありましたが、今はお世話になりましたという気持ちです。
また新たに日本で、1から治療に取り組んで行こうと思います。

午後はmieさんにお誘いいただいて、mieさんのコンドのプールで遊んできました。
プール大好きなナツですが、最近家のプールにはあまり入れてあげていませんでした。
日本に帰ればもうこんなに気軽にプールに入ることはできないし、最後の楽しみにと母子で出かけてきました。
mieさん宅のプールは、大きくて立派で有名なところです。
コンド探しのときに見に来て、広いプールに惹かれて入居しようかと思ったほどです。結局は夫の会社に遠いということでなしになりましたが・・・。

mieさんのコンドに着くと、すでにリコスケちゃんとkantaくんはプールに入っていたので、ナツもそのままプールサイドで水着に着替え、すぐさまプールにレッツゴー!
子どもプールは50センチの深さで、ナツでも充分入れます。
ただ、今まで私はナツをプールに入れる時は自分もいっしょに入り、1人で入れたことがありませんでした。
一度プール内で歩いているだけで転んでしまって危なかったので、1人で入れるのは不安でした。
ナツ自身も怖がるのではないかと思っていました。

しかし今回は、子供達はプールで遊ばせ、ママたちはプールサイドのテーブルについておしゃべりするというのが目的です。
確かにナツが1人で入ってくれるようになれば、私は見ているだけでいいから楽だろうなぁと、ずっと早く1人で入れるようにならないかなぁと思っていました。
今回もちょっと心配でしたが、ナツ1人で入れてみることにしました。
すると最初は私と手をつなぎたがり、私と手をつないだままプールの壁伝いに歩いていましたが、そのうち楽しくなってきたのか、手を離して1人でずんずん歩いていくようになりました。
d0065459_957382.jpg
d0065459_9581141.jpg

予想していたより怖がらず、とっても楽しそうです。
しかし慎重な性格なためか、プールの中央には行かずずっとプールの壁に沿って歩いていました。
いつ転ぶか分らないので、私はずっとナツの姿を目で追ったまま、時々おしゃべりに参加させてもらってました。

止めないとどんどん遠くまで歩いて行ってしまいます。
楽しめてよかったなぁと少し安心したころ、それを狙ったようにナツがこけました。
ザブンと顔から突っ込んでしまい、バタバタしています。
足がつくのですが、焦っているので立つことができません。
私はとうとうやった、とナツの元へ猛ダッシュし、足をつかんで引っ張りあげました。
引き上げた途端、ギャー!!と泣いたので心配ないとほっとしました。
しかしなかなか泣き止まないので、落ち着かせようと抱っこしてなだめました。
一瞬溺れたのが、かなりショックだったようです。
5分ほど号泣していました。
これはもう、プール嫌になっちゃっただろうなぁ、今日はもうおしまいかと思っていたら、さんざん泣いたら突然泣き止み、またプールに向かっていこうとします。
ええっ?!
プール好きとは思っていましたが、こんなに早く立ち直るとは思っていませんでした。
「危ないよー」と言っても、またプールに入ろうとします。
怖い思いしたのは、全くトラウマにはならなかったようです。

しかしやっぱり危ないので、mieさんがおうちにあった腕に付ける浮き輪を貸してくださり、再びご機嫌でプールで遊び始めました。
d0065459_9585176.jpg

ナツは以外にタフなようです。
最初は腕の浮き輪を痛いと嫌がりましたが、これをつけたら転ばないよと言ったら納得して、付けてまたプチ冒険に行ってました。
こんなに好きならもっといっぱいプールに入っておくんだったね。
結局1時間半ほど遊んで、満足して上がりました。

mieさん宅で3人一緒にお風呂に入れてもらい、ビデオを見ているとナツだけ傾いてる・・・。
疲れて眠くなってしまったようです。
寝る寸前のナツを抱えて家に帰りました。
素敵なプールに入って思いっきり遊んで、とっても楽しい週末でした。

by mineyom | 2006-03-18 23:02 | 育児

シンガポールらしいもの

金曜日は、同じ幼稚園のお友達がうちまで遊びに来てくれました。
子供達が幼稚園に行っている間です。
うちはすでに玄関からダイニングにかけてダンボールで占領されていて、落ち着かなく申し訳なかったですが・・・。
友人はうちの近所のバレエ教室に通っているので、レッスンの前に寄ってくれました。

このバレエ教室、私も通っていたところです。
帰国になったので続けられなくなり残念です。
せっかく体がほぐれてきたところだったのになぁ。
友人が参加しているのは、下のお子さんを連れての産後のリシェイプバレエ。
赤ちゃんを連れてバレエを習えるなんていいなぁと思いました。
私も妊娠してマタニティバレエ、そしてリシェイプバレエに通いたいなぁと思っていたのですけどね。
叶わぬまま帰国になってしまいました。

さて、最近あちこちのお店を覗いてシンガポールの思い出になるものをと探し歩いている私ですが、この間こんなものを買いました。
スターバックスで待ち合わせをしていて見つけたものです。
シンガポールオリジナルタンブラー。
d0065459_313346.jpg
d0065459_3131973.jpg

このデザインが新しいものなのか、どれくらいの頻度でデザインが変わるものなのかは分りませんが、これはとってもシンガポールらしいデザインだなぁと思いました。
中華系、マレー系、インド系、ユーラシアンの女性が4人輪になっています。
みんな踊りだしそうな愉快な絵です。
シンガポールは多民族国家。
4つの民族が協調し、仲良くやっていくことを目指しています。

このタンブラーを持ってスターバックスに行くことはあまりないかもしれませんが、飾っておくだけでもかわいいしと、思わず買ってしまいました。
特に立派なものでなくても、こんなさりげないものでシンガポールを感じられるのはいいなぁと思いました。

by mineyom | 2006-03-17 23:44 | シンガポール生活

マーケットへ

木曜日はナツを幼稚園へ送り出したあと、チョンバルのマーケットに行ってきました。
バスに乗らなければならないので、自分一人だと面倒で近くのスーパーへ行ってしまうことが多いのですが、お友達と連れ立って行くとなるとお買い物も楽しくなります。

朝からはりきって出かけました。
まずはホーカーで遅い朝食の腹ごしらえ。
今回はまだ食べたことのない物ということで「ローミー」を食べました。
ここでは同じ通りに3軒ローミー屋さんが軒を連ね、私は一番奥にあるお店を選んで注文しました。
2ドルと3ドルがあり、お腹がすいていた私は3ドルの方を頼みました。
3ドルのほうがトッピングが豪華です。
d0065459_20452161.jpg

ローミーはトロリとしたスープの、あんかけ麺という感じのものでした。
あんかけふうなので、いつまでも冷めずアツアツです。
濃厚なスープが麺にからみツルツルいけてしまう美味しい麺でした。
上に乗った魚のフリッターのようなものがまたこのスープによく合い、とっても美味しかったです。
ただあっさりスープ麺とは違って、お腹にたまり1杯で満腹になりました。
フライもちょっと多かったかな。2ドルでも充分満足できると思います。
腹持ちのよい麺でした。

お腹を満たしたあとは、マーケットでお買い物。
八百屋さんと果物屋さんを見て回りました。
やはりマーケットは新鮮で安く買えて嬉しいです。
にんじん1本、パプリカ1個とかバラで買えるのもいいですね。
マーケットで買い込むと、しばらく料理に気合が入ります。

お昼にナツを迎えに行き、午後はmilfyさん宅へお邪魔しました。
milfyさん宅はハルくんのためにベビーゲートで囲いをしているため、ハルくんスペースがおうちのようになっています。
ナツはドアを開け閉めして「お邪魔します、さようなら」を繰り返していました。
milfyさん宅はファブリックを素敵に使ったおうち。
ゆっくりお話できてよかったです。
しかし最後だからとお宅にお呼ばれすると、本当にお別れなんだなと寂しくなっちゃいますね。

ナツはといえば、milfyさんの出してくれたお菓子に目がなく、1人で食べまくっていました。恥ずかし~。
d0065459_20454960.jpg

by mineyom | 2006-03-16 23:17 | グルメ