母の日のプレゼント

もうだいぶ前になってしまいますが、母の日にナツから初めてプレゼントをもらいました。

母の日の数日前、保育園に迎えに行くと、お部屋の中には母の日のプレゼントであろう赤いカーネーションをかたどった工作が並んでいました。
今日、皆で母の日のプレゼントを作ったんだなぁ、ナツも一緒にやったのかしらと眺めていると、先生が嬉しそうに寄ってきて、「なっちゃんも参加してくれましたよー」と教えてくれました。

しかし先生が見せてくれたのは、カーネーションでなく、小さくちぎった赤い紙。
「なっちゃんもやる?と誘ったら、紙を半分ちぎってくれましたよ」とのことでした。
半分ちぎったところで、「もうやんない」と言ってやめてしまったそうです。
保育園では、作品を作ることが目的ではないので、気が乗らなければ無理にやらせることはありません。
またやりたくなったらやればいいという感じです。

今まで折り紙や塗り絵などの制作は、嫌がることが多く、ほとんど参加しなかったので、たとえ半分でも紙をちぎったということに少し驚きました。
少しずつみんなと一緒に取り組むという意欲が出てきたのかなと思います。
しかも「もうやんない」と先生に自分の意志をはっきり伝えたということがまた驚きでした。
集団の中でどうしていいか分らず、流され気味だったナツですが、言葉で自分の気持ちを表現できるようになってきているようです。

その後、その続きをやっている様子は見られなかったので、あのカーネーションはどうなったのかなぁと思っていたら、母の日の次の日、お迎えに行ったらナツが机に向って一生懸命作業していました。
先生が隣について、声を掛けてくれています。
それを眺めていると、先生が「糊を嫌がると思ったら、喜んで触っているので、紙を出してきたら熱心に貼っています」と報告してくれました。

ナツは糊のぬるぬるとした感触が好きなのです。
好きなため、糊をつけすぎてあちこちベタベタになってしまうのですが。
このときも手に糊をタップリとつけ、紙を貼るというよりは、糊を塗るという感じになっていました。
でも完全に糊で遊んでいるわけではなく、一応先生の声を受けて、紙を貼っていっています。

私が先生と話しているうち、いつの間にか作業しているナツの周りに女の子達が数人取り囲んで、「ここに貼って!」「もっとこっちも!」と口々に指示して、さぼりがちになる手を進めてくれていました。
それを後ろから見ていたら、その女の子達が、「なっちゃんのおかあさんはみちゃだめ!いまなっちゃん一生懸命つくってるから!」と言い、私の手を引いて外に連れ出し、ここで待ってて!と足止めされました。
部屋の中を見ると、周りでワイワイと指差しながら、にぎやかに作業が進んでいます。

ナツが何とか貼り終えると、助っ人隊の女の子達が、今度はナツの手を引いて連れてきて、「お母さんにありがとうって言って渡すんだよ」と教えてくれています。
ナツはそのまま素直に「ありがとう」と言って、出来上がったばかりのカーネーションをプレゼントしてくれました。
初めてもらった母の日のプレゼントです。
しかも「ありがとう」の言葉つきだなんて思ってもみなかったので、感動してしまいました。
頑張ったナツにも、手助けしてくれた先生とお友達にも感謝です。
家に帰ってリビングに飾ると、ナツはよほど作業が楽しかったのか、何度も「ぺったんはった」と言っていました。
そして、何度も手にとっては、私に「ありがとう」と言って渡してくれました。

その後、ナツはことあるごとに「ありがとう」という言葉を口にします。
何をしてあげたわけでもないのに、時々何の前触れもなく「まま、ありがとう」と言うのです。
最初は「何がありがとうなの?」と聞いていたのですが、今は「産んでくれてありがとう」「育ててくれてありがとう」かな、と勝手に思っています。
ここのところ感情表現が豊かになり、意志の疎通もスムーズになってきて、一緒にいるのがとても楽しく、ここまで育ててよかったなと思います。
ナツの「ありがとう」を聞くと、私も「生まれて来てくれてありがとう」と心から思います。
母の日に、とても幸せな気持ちになりました。
d0065459_6485627.jpg

by mineyom | 2007-05-28 05:37 | 保育園

ベルマークをさがせ

私、今年度の保育園の役員になってしまいました。
なってしまいましたと言っても、前役員の方に「もし役員される方がいないようでしたら私できますよ」と言ってあって、なかば立候補したようなものなのですが。
保育園には大変お世話になったので、恩返ししたいという思いがあったのと、これからも何かとご面倒をおかけすることもあるかと思って、少しでもお手伝いできればと考えてのことでした。
役員をすれば、先生とお話する機会も増えますし、まだまだお知り合いの少ない保育園でお友達ができればとも思っています。

役員といっても、幼稚園のときとは違い、想像していたよりは大変ではなさそうです。
やはり働くお母さんばかりなので、役員の仕事もするというのは大変なことです。
それをおして引き受けてくれたとうことからか、それほど負担がかからないようになっていました。
役員会は月一度の土曜日。
あとは夏祭りやバザーなどの行事ごとの準備もありますが、何回も保育園に通ってということはなさそうです。

先々週、初めての役員会がありました。
そのときに係りの分担を決めたのすが、私はベルマーク係となりました。
集計がかなり大変ということで、人気がなさそうだったのと、結構細かい作業が好きなので、意外にはまるかも~と思って立候補しました。
ベルマーク係さんは私を含めて5人。
そしてなんと、その中で私が責任者となってしまいました~。

係決めのあと、各係で集まって引き継ぎをしたのですが、最初は集計めんどうだね~なんて言っていたメンバーだったのですが、途中からなぜか俄然やる気になってきて、一致団結して頑張ろうと盛り上がってしまいました。
というのも、園では何年も前からベルマークを集めてプロジェクターと交換したいと考えていたそうなのですが、いまだ不達成。
毎年1年で集まるベルマークは1万点くらいなのだそうですが、昨年までの集計を見ると希望のプロジェクターまで、あと2万点ほどだということがわかったのです。
どうせ活動するならば、自分達の代で頑張って達成して、その成果を見たいと、メンバー全員が燃え出したのです。

話し合いでは、いかにしてお母さん達に告知して、たくさん集めてもらうかを考えました。
聞いてみるとどのメンバーも関心がなかったせいか、今までベルマークがいつ回収されていたのかも知らなかったとのこと。
これは告知の仕方が悪かったのではないかと、今までの看板やお便りも改良して大いに宣伝した方がいいのではないという意見も飛び出しました。
はっきりした目標を掲げるとやる気にもなりますよね。
みんな前向きなので、1年間、かなり楽しく活動できそうです。

とりあえずは出来るところからと、その日は家に帰って早速ベルマーク探しをしました。
保育園でベルマークを集めていると聞いて、まだベルマークってあったんだ!と思ってしまったくらいの私なので、今までベルマークは全く気にしていませんでした。
改めて家の中を探したら、意外にたくさん見つかるんじゃないかと軽く考えていたのですが全然ない!
うちは日用品も含め、買い物のほとんどを生協に頼っているので、そもそもベルマークのついている商品があまりないのでした・・・。
キッチンの引き出しを全部調べて、やっと見つけたのが、コンソメについた3点が一枚。
これはかなり前途多難かもしれません・・・。
これからはスーパーに行ったときは、ベルマークを確認しながら買い物してしまいそうです。
しばらくベルマークが頭から離れない生活になりそうです。

by mineyom | 2007-05-03 16:43 | 保育園