就学する地域の決定

6月初め、就学活動を始めた頃、私はこのように就学する地域で悩んでいたわけですが・・・。
ようやく就学する地域が決定しました。

いろんな方の話を聞いて、徐々に気持ちが固まっていったという感じですが、園長先生との面談で言われた「親も子も楽に過ごせる場所が一番ですよ」という言葉も大きかったです。
それまでナツにとって一番いい学校と、それだけを闇雲に思ってきたのですが、学校に行っている時間だけが全てではないし、それ以外の生活する場ということで考えると、おのずと答えが出てきました。

隣県の地元に戻ることにしました。
生まれ育った場所で馴染みがあり、実家も近くにあります。
今住んでいるところは、特別支援教育が特に進んでいるというわけではなく、それが気にはなっていたこともありますが、やはり都内ではあるので、私の地元に比べると支援学級も先生の数も多いし、設備も整っていました。
それが気になって、東京都から離れがたい気持ちもあったのですが、その反面、ここに入れたい!と強く思える学校に出会えなかったのも大きかったかも・・・。

そして転居予定のN市は、小さな市で決して財源は豊かではないのですが、昔から特別支援教育に力を入れているということで、あのあたりの地域では評判が高いのです。
それも安心材料になりました。

そして生活の場としての安心感。
ナツは保育園ではお友達によくしてもらっていますが、降園後、休みの日など園のお友達と遊ぼうと約束することはありません。
どうしても親子だけで動くことが多くなってしまいます。
しかし地元に行けば、実家があり、いとこが近くに住んでいて、昔からの友人も数多くいます。
保育園に通っている今よりもずっと長くなる放課後が、充実していろんな刺激を受けて過ごせそうだなと思いました。

実家の両親も、出来る限りの協力はすると申し出てくれて、これから毎日の学校への送り迎えが始まる中で、心強い助っ人がいてくれるのは、非常にありがたいことだと思いました。
そして夫の両親も、「心穏やかに過ごせるところで生活するのが一番で、私達も安心できるから」と快く賛成してくれたのが、あと一歩のところで悩んでいた私の背中を押してくれ、とても感謝しています。

現在住んでいる地域で就学判定はしてもらいましたが、初回面談のときから、まだこちらで就学するかはっきり決めていないということをお話してあったので、隣県で就学することを伝えたときも、スムーズに手続きしてくださいました。
就学先に決めたN市でも、今の地域で就学相談を受けたなら、その結果を持って来てもらえればいいということで、二度手間になることもなく、本当に助かりました。
希望地域に知的の支援学級があるのは3校。
その中から学校を決定したいと思います。
就学活動もいよいよ大詰めです。

by mineyom | 2008-09-29 09:12 | 就学

運動会の工夫

今日は運動会の予行練習でした。
体操着で登園して、本番さながら競技をするのですが、ナツはかなり楽しく参加できたもよう。
それには先生方が知恵をしぼって取り組んでくださった、ナツのための工夫が不可欠だったと思います。

ナツの年長さんの参加する競技は、ダンス、リレー、大玉ころがし、それに親子競技があります。
どれもナツには難しい・・・と思っていたもの。

ダンスは「花輪」という、毎年年長さんが踊る、保育園の伝統になっているダンス。
花をいくつも付けた棒を両手で持ち、半円形の形を作って踊る、隊列の変化や花輪を上下左右に動かす動きが美しい踊りです。
果たしてナツにこの振り付けが覚えられるのか・・・。
そもそも花輪を持って最後まで踊ることが出来るのか。

ナツなりにナツの出来るように参加すればいいと思っていましたが、先生方は、なるべくみんなと同じように参加できるようにといろいろ考えてくださっていました。
その気持ちは、ある朝先生に呼ばれて見せてもらった、ナツの花輪に表れていました。

ナツ専用の花輪が用意されていたのです。
ナツの花輪は、持ち手の右と左に透明のテグス糸をかけて、すでに半円の形になっていました。
これだと格段に持ちやすく、もし途中で片手を離してしまっても、すぐに持ち直すことができます。
通常の花輪だと、ナツが最後まで両手はなさずに持って踊るのは難しいな、途中手が離れてしまっても、1人では持ち直せないだろうと思っていました。
「こんなふうにしてみたんですが・・・」と遠慮がちに、ナツ専用花輪を見せる先生に、「素晴らしいアイデアです!」と叫んでしまいました。
ナツの弱いところ、支援すべきところがよくわかっているなぁと感心しました。

ナツの花輪を見たクラスのお友達は、「これなっちゃんの?」「なんで糸ついてるの~?」と。
「持ちやすいようにね」と答えると、「なっちゃんだけズル~イ」という反応が返ってくるかなと思ったのですが、みんな口々に、「これならなっちゃん手離しちゃっても大丈夫だね!」「すぐ持てるもんね」と言ってくれたのです。
これにもまた感心。

リレーでは、やはり1人で走るのは難しいので、お友達か、それが無理そうだったら先生が一緒に走るということでした。
予行の今日は、先生と手をつないで走ったそうです。
手を引きながら一生懸命走ってくれる先生の横で、ナツはバトンを振りながら、みんなに愛想を振りまいていたそうです。
それはそれは嬉しそうだったと。

楽しそうでなによりと私は思ったのですが、先生は私が一緒に走りましたと申し訳なさそうに言うのです。
花輪のときも、「これでいいでしょうか」と聞かれました。

それはもちろん、ナツがみんなと同じように1人でできればそれに越したことはありません。
でも練習時間は限りがあるし、みんなと同じ練習時間で、ナツがみんなと同じところまで到達するのは無理です。

実はナツはリレーには参加できないんじゃないかと思っていました。
遅いというレベルを超えているのでナツと同じチームの子に申し訳ないし、そもそも私はナツが3メートル以上走っているところを見たことがありません(すぐに止まるか歩くかしてしまう)。
なので、先生がどうすれば参加できるかを考えてくださって、ナツなりの形で参加できるのが嬉しいのです。
先生にもその気持ちはしっかり伝えました。

今日の予行では、全種目機嫌よく参加していたそうです。
昨年の運動会では、ほとんど先生に抱っこされ、まともに参加できなかったと話すと、先生はそのイメージでいると、今年はきっとびっくりしますよ~とそれはそれは嬉しそうに笑っていらっしゃいました。
運動会が俄然楽しみになってきました。
ナツが楽しく参加してくれればそれだけで万万歳ですから。

by mineyom | 2008-09-27 01:38 | 保育園

【就学相談】判定

就学相談も終盤に差し掛かりました。
とうとう判定の日です。

判定は面談、知能検査、体験入学の様子、そしてこの日に行われた行動観察の結果を総合して、就学委員会の先生方の話し合いによって出されます。
行動観察は、数組の親子が参加し、集団での指示が聞けるか、適切な行動か出来るかなどを見るものでした。
当日ナツは保育園を休ませて連れて行ったのですが、時間がちょうどお昼寝時間に当っており、機嫌はいまいち。
何とか気分を盛り上げながら会場に向いました。

会場には6つテーブルが用意されており、その日はナツを入れて6人の子どもが参加していました。
各テーブルには、絵本、画用紙とクレヨン、はさみ、のりなどが用意されて、時間まで自由に遊んでいてくださいということでした。
絵本はナツの好きな「ノンタン」ときむらゆういちさんの「ごあいさつあそび」。
そして大好きなハサミがあったので、ナツは嬉々として用意されていた画用紙をジョキジョキ切り出しました。
これなら大丈夫そう~♪と思ったとき、外でざわざわとした気配。
教育センターの方の「先生方がいらっしゃいました」の声とともに、いきなりたくさんの大人がドドドッと部屋に入ってきました。

子ども1人に付き3人の先生が付くそうで、20人近くの先生が急に、そう広くもない部屋に入ってきたのです。
予想もしていなかったナツは、完全に動きが止まり、私にへばりついてしまいました。
ここのところ、就学関係でいろんなところに出向いていたので、また何かいつもと違うことをさせられる!と緊張してしまったんだと思います。

ナツの担当の先生は女性の優しそうな先生でしたが、先生が「何しようか?」と聞いた途端、ウワァと泣き出してしまいました。
それまで機嫌よく遊んでいたのに、どう誘われても何もしようとせず・・・。
急にたくさんの人がわぁっと入ってきて囲まれたら、そりゃ驚きますよね。

ナツは小さい頃から、どこへ連れて行っても、誰に会わせても全く抵抗のない子でした。
初めての場所でも、連れて行けばそこで素直に過ごしていました。
それがかなり楽だったりしたのですが、ただ単によくわかっていなかっただけだったようです。
最近は状況が多少なりとも理解できるようになったので、実は思っていたよりも繊細な子だったんだと気付きました。

この子どもの様子を観察する時間、親は面談となっていたので、泣いているナツに後ろ髪引かれながらも、私は面談室に向いました。
面談では普段の様子と親の希望を聞かれ、特別支援学級希望であること、子供同士の関わりを大事にしたいこと、自分から働きかけるタイプではないので、刺激を与えてくれる環境に入れたいことなどをお話しました。

面談を終えて部屋に戻ると、ナツは先生とお絵描きしていました。
私が行ってしばらくすると泣き止んだそうです。
積極的に活動はしなかったようですが・・・。
課題の1つになっていたお着替えもしていませんでした。
これは周りを見ると着替えていたのは半分で、後のお子さんは嫌がって着替えなかったということだったのでホッとしました。
私の顔を見ると、また一瞬泣きべそになりましたが、何とか持ちこたえていました。

次にみんなで隣の部屋に移動して体操です。
うわぁ、移動なんて大丈夫かなぁと思ったのですが、担当の先生がフラフープを6つつなげた物を持ってきて、「この電車に乗ってお隣の部屋に行くよ~。みんな乗って~」と言うと、ナツの目がキラキラ。
これはいける!と思って背中を押すと、喜んで電車ごっこの中に入りました。
ニコニコと隣の部屋に消えて行き、ここでようやく完全に気持ちを立て直したようです。

体操をしている間は、他のお母さん方は後ろの扉から覗く中、私は顔を見せたらまた崩れてしまうと、1人物陰に隠れてこっそり見ていました。
角度的によく見えませんでしたが、楽しそうに先生を見てはいましたが、全く動けていなかった模様。
これは元々、初めての活動ではじっくり見るという時間が長く、ある程度覚えるまではなかなか体を動かせない子なので、仕方なし。
輪の中にはちゃんと入っていたので、まぁいいかなという感じです。

その後おもちゃ遊びとなったのですが、ここでとうとう本領発揮。
大好きなままごと遊びをやっていて、先生相手に楽しくやり取りしながら遊んでいました。
最後に自分の荷物を持ってお帰りとなったのですが、ナツのお着替えが入ったバッグを手にした先生に「これは誰の?」と聞かれて、元気よく「なっちゃんの!」と即答したのにはびっくり。
部屋の出口まで見送ってもらい、私は体験入学のときの、校長先生の前で「できない!」と靴を投げた悪夢がよみがえってドキドキしたのですが、ナツは先生の視線が集まる中、鼻歌まじりでご機嫌に靴を履いて立ち上がったのでした。

何だかよくわからぬまま、あっという間に行動観察は終了し、帰宅となりました。
このあと先生方で話し合い、2~3時間後に判定結果を電話でお知らせしますと言われ、家で待機です。
今回の行動観察は果たして判断材料になったのか?疑問に感じながらも、家で待つこと2時間。
区の学務課の方から電話がありました。

いきなり本題に入り、「判定の結果、特別支援学級が適当であると判定されました」とのお言葉。
正直、ああ良かったと力が抜けました。
希望どうりではない場合、更に話し合いを重ね、判定を覆すのはかなり大変だと先輩ママに聞いていたので。
これで学校選びが出来ると思いました。

判定の根拠としては、「自分の慣れたよくわかっている活動では、集団の中にも入っていけるし、動くことができるが、新しいことには消極的。小集団での指導の中で、力を伸ばしていけると判断されました」とのことです。
学務課の方に、「この判定で異議はありませんか」と聞かれました。
何となく、普通学級判定ではありませんが・・・というニュアンスだったので、そんなこと全く考えていませんでした!という勢いで「全く問題ありません!」と力強く答えてしまいました。

判定の結果的には良かったですが、判定自体にはこれでいいの?という思いが残りました。
これで本当にナツのことがわかったのかなぁ?と。
障害のあるお子さんをたくさん見ている先生方ですから、ある程度は就学後の姿を予想できるのかもしれませんが、こういうタイプの子はここ、というようなある程度決まった枠の中で判定している印象を受けました。
就学相談と言っても、実際は1人の子をじっくりと見て、相談を重ねながら就学先を決めていくというものではなく、本当にただ子どもの様子を見て、行き先を決めてもらうというだけのものなので、やはりある程度親が、しっかりと自分の中で確信を持って希望を出さないといけないなと思いました。そうでなければ不安なまま終わりそう。
その確信がなければ、就学後、判定に従ったからこんなことに・・・となりそうな気もしました。

闇雲に自分の思いだけ通してもいけませんが、判定は重要な判断基準だと認識しつつ、親もじっくり考えなければいけないと思います。
最後に決めるのは親だというのはそういうことかなと思いました。

by mineyom | 2008-09-26 11:01 | 就学

園長先生との面談

保育園の担任の先生に、就学先について悩んでいると相談すると、園長先生と面談できるよう、取り計らってくれました。
ナツの通う保育園は、障害児保育には歴史があり、現在も数人の障害のあるお子さんが通われている、非常に障害に理解のある保育園です。
そのため、障害のあるお子さんがこちらの保育園を何人も巣立っているので、その後の就学先での様子、その後の進路など、いろいろな情報も持っていらっしゃいます。

子ども達は小さいときから、そういう子ども達と一緒に育っているため、障害のある子も自然に受け入れています。
またお母さん方も、当たり前になっているせいか、他の子と変わらぬ目で見てくれるので非常に居心地がいいです。
もしこの保育園に小学部があったら絶対に入れるのにね~という話が出るほど。
本当はこのまま居心地のよい場所にいたい、しんどい就学活動はやめて、知らん顔していたら来年も保育園にいられないかなぁなんて、思うときもありますが、そんな訳にもいきません。

先生には、家とは違う、集団の中でナツがどのように過ごしているのか、実際の様子を聞いてみたくて、面談をお願いしました。
私は普段クラスの中にいるナツを見ているわけではないので、先生から見て、特別支援学級でやって行けそうかを聞いてみたかったのです。

夕方、ナツは延長保育にしてもらって、2時間たっぷり時間をとってお話してくださいました。
実はこの面談、心配事も1つありました。
卒園されたお母さんの話ということで聞いたことだったのですが、園長先生は、特別支援学校に入れることは反対で、普通学級を勧めるというのです。
統合保育を実践されている先生だからこそ、普通の子達と一緒に育つのが良いという考えなのだと。
確かに保育園ではとても上手く行っていると思うが、学校となるとまた話が違うしなぁと、普通学級は考えていない私は、勧められたらなんて言おうかなぁと考えていました。

しかし実際に話を進めてみると、園長先生は能力的なこともあるけれど、それプラス性格的なことも大きいという考え方でした。
その子の性格をよく理解して、居場所を見つけてあげないといけないと。
確かに卒園生には、障害があっても普通学級を選択したお子さんが何人かいたそうです。
そのお子さん達は、それほど大きな問題もなく過ごせたそうですが、それはやはり、同じ保育園から小学校に上がった、クラスメイト達の力が大きかったということです。
困ったことがおきても「こうしたかったんだよね」と気持ちを代弁してくれたり、いじめられたら「〇〇くんは、ぼく達の仲間なんだからいじめるな」と庇ってくれたりして、なんとか過ごせたそうです。

そうでなければ、やはり普通学級でがんばるのはしんどいと・・・。
みんなと一緒に普通学級にと入学させても、やはり問題はいろいろ出てきて、かなりの覚悟がないと、お母さんにかかる心労がものすごいという話でした。
なっちゃんの性格的にも、無理をさせたくない。楽しく過ごせる場所がいい。
なっちゃんもお母さんも、楽にいられるところが一番ですよと言われました。
お母さんが安心して落ち着ける場所でなきゃ、子どもにも影響が出る。
今のなっちゃんのほんわかした、素直なところ、そのいいところを潰さないようにして欲しい。
それには支援学級が一番合っていると思いますよ、というお話でした。

私が考えていたのと同じ、支援学級がいいというところに話が落ち着いてホッとしました。
かなり迷って揺れてばかりだったのですが、先生のお話で確信が持て、少し楽になりました。
特に、「なっちゃんもお母さんも、楽にいられるところが一番」というのが、それまで「ナツが一番伸びる場所は」と闇雲にそればかり考えて、ガチガチに力が入っていた肩から、だいぶ力が抜けました。

学校生活、それ自体もすごく大切だけど、ナツが育つ場所はそこだけではないし、もう少し楽になってもいいのかなぁと。
それがわかっただけでも、とても有意義な面談となりました。
やはりこちらの保育園にはお世話になりっぱなしです。
保育園もあと残り半年、行事も目白押しなので、ナツと楽しんで思い出を作りたいと思います。

最後に園長先生が、これから運動会の練習が始まりますが、その後の成長を見てやって欲しいおっしゃいました。
運動会は、当日よりも、練習に意義があるのだそうです。
みんなで力を合わせること、頑張って練習すること、それをやり遂げることで大きな力が付くのだと。
それも、当日から1ヶ月経った頃が、ちょうどその効果が発揮されてくる時期なのだそうです。
なっちゃんもググッと成長しますよ。
その成果が現れる、11月頃、その姿を見て、就学先を最終決定して欲しいとのことでした。

本当にそんなに変化があるかなぁとも思いますが、2ヵ月後がとても楽しみでもあります。

by mineyom | 2008-09-25 16:45 | 就学

6歳の誕生日

お久しぶりです。
かなり間が開いてしまいました。もう秋ですね。
8月から仕事が忙しくなり、そのほか諸々重なり、私自身の余裕がなく、パソコンに向えない日々でした。
就学相談も終盤に差し掛かり、少し余裕もできましたので、また就学についても書いて行きたいと思います。

ナツは元気です。
今は毎日運動会の練習に頑張っています。
2ヶ月お休みしている間に、6歳のお誕生日を迎えました。

バタバタしていたので、ほとんど誕生日の準備もできなかったのですが、当日は実家にてケーキを囲み、たくさんの人にお祝いしてもらいました。
もう6歳なのねと感慨深い思いとともに、とうとう就学の年を迎えてしまったなぁ、このままのんびりしていたいけど、新しい世界に向って準備して行かないとと、気持ちを新たにしました。

私達からの誕生日プレゼントは、ピアノです。
ピアノか自転車か迷ったのですが、今の家の周りは車が多く、子どもが自転車で走れるところがないので、今年はピアノにしました。
実はこのピアノ、保育士試験を受ける私の練習用でもあります。
夫はこれを買うとき、「本当に使うの~?すぐに荷物置き場になっちゃうんじゃないの~?」とかなり渋い顔をしていたのですが、もともと音楽好きなナツ。

保育園でも、先生がピアノを弾くときは自ら椅子を持ってきて、一番前に陣取って嬉しそうに歌っていると聞いていたので、きっと気に入るだろうと思ったのです。
上手く弾けるようになって欲しいわけではなく、好きな音楽を楽しんで欲しいと思ったので、いつでも音を奏でられる環境を用意してあげたいと思いました。

実際に購入してみると、プレゼントは大当たり!
毎日暇さえあればピアノを弾いています。
元々歌が好きなので、レパートリーはかなりあるのですが、それを歌いながら、両手で鍵盤をたたいています。
もちろん弾けないので、鍵盤をたたいてリズムを取りながら、それに合わせて歌うのですが、とても楽しそうです。
d0065459_1336854.jpg

そして、1曲弾き歌いが終わるたびに、手を止めて後ろを振り返り、「みなさ~ん♪」と言うのがおかしいです。先生の真似?
「うたいましょう~」と言いながら弾いてみたり、憧れの先生になりきっています。
d0065459_13362891.jpg

熱心さはナツのほうが上なので、負けないように私も練習しなきゃ~と思います。
私はたどたどしく楽譜を追いながら、ナツは快調に、自由に鍵盤をたたきながら、連弾するのが楽しい毎日です。

by mineyom | 2008-09-25 13:39 | 育児