カルタ大好き!

最近ナツがはまっている遊び・・・カルタです。
年長になってからクラスで流行りだし、よくやっていたようなのですが、ナツは輪に加わっても当然取れないので、途中でフラリとどこかへ行ってしまっていました。
それが急に興味を示しだしたのです。

それまでは、札を勝手につかんでしまい、何度も札を叩いて取るんだよと教えてもなかなか出来ずにいました。
それが突然、、「はい!」と威勢よく声をあげながら、札をパーンと叩いて取るようになったのです。
興味なさそうに見えても、ちゃんとお友達のことを見てたのねぇと感心しました。
私が何度教えてもわからなかったことが、お友達を見てあっという間に出来るようになっていました。

ここ3ヶ月くらいで、ぐっと成長したなぁと感じていたのですが、それはカルタ取りを見て、改めて強く感じました。
ナツはまだひらがなは読めません。
なので文字ではなく、絵を見て判断して取るのです。
それにはまず読み手の声に集中し、よく聞いて、内容を理解しなければなりません。そしてその内容を記憶したまま、札を探さなければいけません。
そのどれも、今までのナツには難しいものでした。

最初の頃は、何度か読み札を繰り返して読まないと取れなかったのですが、今は1回ですっと頭に入るようになりました。
ナツは短期記憶が苦手で、STでお買い物ゴッコをして、言われたものを取ってくるなどの課題をやっていたりしたのですが、なかなか進歩が見られませんでした。
好きなことだったら、知らず知らずに訓練されるのねぇと驚きました。

そして、自分が取った札を、大事そうに箱に入れます。
「なっちゃん、とれた~!」と嬉しそうに言いながら。
何事にもやる気に乏しかったナツは、今まで何かが出来たと喜ぶことはあまりありませんでした。
それが得意げな顔で札を取ります。
できたぁ、やったぁという感情を味わっているのかなと嬉しくなります。
d0065459_805378.jpg
ナツの大好きなノンタンのカルタを買いました。
どっぷりはまって、一日に何度もつき合わされます。
家でやるときは取る人はナツ1人なので、探すのがかなり大変ですけどね。

by mineyom | 2008-10-12 08:03 | ナツの毎日

笑顔の運動会

昨日は保育園の運動会でした。
お天気にも恵まれ、思い出に残る一日となりました。

ナツが出場したのは、リレー、大玉ころがし、親子競技の二人三脚、ダンスでした。
先生はずっとそばに付いてくれましたが、リレーで手を引いて走ってもらった以外は、先生の手を借りず、1人で参加することができていました。
去年のようなダラダラした姿は全く見られず、積極的に参加し、運動会を楽しんでいました。
とにかく皆で競技することが嬉しくて仕方ないようで、始終笑顔の運動会となりました。

まずはリレー。
ナツは赤組です。
5番走者で赤組リードでバトンを受け取りました。
先生に誘導されながら、懸命に走る。
d0065459_1345043.jpg
d0065459_13451472.jpg

残念ながらナツのところで追いつかれてしまいましたが、大きく離されることもなく次の走者にタッチ。
走り終わったナツは、やりとげたぁという満足げな笑みを浮かべていました。

続いて大玉ころがし。
この競技は年長さんと年少さんが2人ペアになって参加します。
私ははじめ、コンビを組む年少さんに申し訳ないなぁ、ちゃんと一緒に力を合わせて転がすことなんか出来るのかなと思っていました。
しかし練習では、年少さんが強く押して1人で行ってしまい、その姿に「私も転がしたかった~」とひっくり返って怒ったそうです。
やる気なく後から付いていくだけかなぁと思っていたので、それだけやる気あるなら大丈夫かもと密かに期待もしていました。
d0065459_13464035.jpg

当日はそれぞれが大玉の両脇について、順調にスタート。
置いていかれることもなく、懸命に押していました。
途中コースを脱線しそうにもなりましたが、なんとか態勢を整えて次のペアにタッチすることができました。

次に親子競技。
ナツはパパと参加。
スタートしてひもをくぐったら、ストッキングで八の字に作ったものを足に付けて二人三脚。
二人三脚のまま、輪をくぐってゴール。
二人三脚なんて出来るのか?と思っていましたが、戻ってきた夫は「ナツの歩くのに合わせたら大丈夫だった」とのこと。
スムーズにゴールで、ナツも嬉しそうでした。
d0065459_1347363.jpg
d0065459_13472267.jpg

そして最後に運動会のトリの年長さんのダンス。
去年は最後の方には疲れてきてしまって、先生におんぶされていたので、最後のプログラムで大丈夫か心配したのですが、ナツはいたって元気!
テンションも全く落ちず、待機場所に向いました。

ダンスは曲も長めで、動きも細かいので、ナツは振り付けを全部覚えられてはいませんでしたが、振り付けわかんない、間違っちゃったという不安な顔は一切なく、皆と踊れて嬉しいという想いが溢れていて、ナツらしく楽しく踊っていました。
d0065459_13475181.jpg
d0065459_13483438.jpg

曲の最初の方は嬉しくてたまらなくらしく、ピョンピョン跳ねたりしていましたが、途中から周りを見ながら踊りだし、半分くらいはちゃんと振り付け通りに踊っていたのにはびっくり。
最後まで大きく外れることなく、決めポーズもしっかり決めました。
感動で涙が溢れるかと思いましたが、とにかく楽しそうなナツの顔に、こちらも笑いがこぼれてしまいました。
楽しくできてよかったね。最後までよく頑張ったよ!
d0065459_13481035.jpg

閉会式もしっかり参加し、終わったあとも元気いっぱいでした。
体力ついたなぁ、さすが年長さん!と逞しく感じました。
運動会は和気藹々とした雰囲気で、温かい空気に包まれていました。
ナツもたくさんの先生に頑張ったね!と褒めてもらい、笑顔のまま運動会は終わりました。

by mineyom | 2008-10-05 13:51 | 保育園

北海道旅行 旭山動物園&美瑛編

3日目は、旭山動物園に行きました。
「何で北海道まで来て動物園に行かないといけないんだよ」とのたまった夫に「あの有名な旭山動物園だよ!しかもナツの喜ぶ場所を1つくらい入れてあげないと!」と説得し、たっぷりと時間をとりました。

園内は思っていたよりもこじんまりとしてアットホームな感じでしたが、動物の見せ方はさすが!の一言でした。
とにかく手が込んでいます。
1つの動物が様々な方向から見れるように工夫されており、動物園の方の、いろんな顔をじっくり見て欲しいという情熱をひしひしと感じました。

どこで写真を撮ってもアップになってしまうのだから驚いてしまいます。
動物園へ行っても、いまいち「どこ見てるの~?」という感じで、ポイントのずれている感じのするナツですが、さすがにここではバッチリ焦点が合ったらしく、まじまじと観察していました。
特に気に入ったアザラシ館。
天井から床まで通されたパイプ状の水槽の中をアザラシが通り抜けるのですが、何度も「もう行こうか」と誘っても、水槽に張り付いて「もっと見る!もっと見る!」と粘り、心ゆくまで堪能していました。
d0065459_34590.jpg
d0065459_341844.jpg
d0065459_343063.jpg
d0065459_344527.jpg
d0065459_345616.jpg

通常は考えられない近距離で見ることの出来る動物達。
大人でもかなり興奮します。
子どもも大人も楽しめる、素晴らしい動物園でした。

最終日。
飛行機の時間まで美瑛の風景を巡りながら過ごしました。
いろんな人に「本当に綺麗なところだよ」と聞いていた美瑛。
前から一度行ってみたいと思っていました。
しかしこういうのって、あんまり期待しすぎると意外に大したことないってなっちゃうからなぁと思って、テンションはあまり上げぬまま出発。

しかし期待は裏切られませんでした。
本当に美しいところです。
清々しく、心が洗われる想いでした。
d0065459_352347.jpg
d0065459_353635.jpg
d0065459_354786.jpg

思い出に残る、良い旅となりました。

by mineyom | 2008-10-04 03:10 | ナツの毎日

北海道旅行 富良野編

8月に出張続きで夏休みがとれなかった夫。
9月にようやく取れたので、連休を利用して少し遅めの夏休み旅行に行ってきました。
3泊4日で北海道です。

この旅行で感じたのは「本当に楽になったな~」でした。
毎年家族旅行には行っていますが、今年は格段に楽になってました。
毎回ナツに合わせてゆったり予定を組むのですが、それでも疲れてしまったり、嫌がってしまったりして予定の半分もこなせれば良いほうという感じでした。
それが今年は予定通りスイスイ物事が運ぶのです。
サクサク進みすぎて、「ちょっと早いけど、もうホテルに帰ろうか」なんて会話が出るほど。
ナツにかなり体力が付いてよく歩くようになったこと、いろんなことに興味がでて、何事にも楽しんで取り組めるようになったことが大きかったと思います。

1日目は夕方空港に着き、夕飯後すぐにホテルに入りました。
そして2日目、朝から富良野観光。ここでいろんな体験が出来ました。

まずはホテルで朝食を取った後、近くの牧場へ。
たくさんの馬を見て、「うま、のる~!」と大興奮。
やる気満々で馬に近づいていくので、1人でも大丈夫かもねーと話していたら、いざ目の前に行ってみると見上げる高さなのに驚いたのか腰が引けているので、結局私と一緒に乗りました。
d0065459_2573253.jpg

今までやったことのある曳き馬は、整備された馬場を1周するだけでしたが、さすが北海道、林の中の自然いっぱいのコースでした。
道もでこぼこなので、馬の振動が直に伝わってきて、なかなかの迫力。
ナツも歓声を上げて喜んでいました。
到着後、「もういっかい、のるー!」と動かなくなったナツに苦労したほどでしたが、楽しんでくれたのが本当に嬉しかったです。

次に「富田ファーム」へ。
本来富良野といえば一面のラベンダー畑が見もののわけですが、すでにラベンダーの季節は終わり。
果たして何が見れるのか・・・と心配していたのですが、ちゃんと花畑が見れました。
広いファームをぐるっと1周したのですが、ナツはよく歩きました。
空気もきれいで気持ちいいのか、先頭をどんどん歩いていくナツを追いかける形になりました。
d0065459_2575127.jpg

続いては「富良野チーズ工房」へ。
こちらでピザの昼食をとり、チーズを作る行程を見たり、買い物をしたり。
そしてここでチーズ作り体験をしました。
ナツも牛柄の子供用エプロンをして、やる気充分です。
d0065459_258917.jpg

「やりたい!やりたい!」というので、かき混ぜたり、水分を切ったりとほとんどの行程に挑戦。
以前は力の加減ができなくて、こぼしたり飛ばしたりとめちゃくちゃでしたが、今回はちょっと危なっかしいところはあるものの、慎重に取り組んでいて、思っていた以上に上手でした。
d0065459_31467.jpg

真剣な表情。
d0065459_259616.jpg

出来上がり。

これまで体験という名のつくものには、ほとんど参加しなかったナツ。
私は今まで様々な経験をさせたいといろいろ試みましたが、ナツは全然興味を示さず、いつも私の気持ちだけが空回りしていました。
そんなナツとチーズ作りを体験できただけで私はもう感激。
しかもやる気満々で、途中飽きることなく楽しく取り組んでいて、逞しささえ感じました。

ナツと作ったマスカルポーネチーズは、そのままだと味がないので、ママレードをのせて食べました。
ミルクの風味が豊かで、濃厚な美味しいチーズでした。
d0065459_2593935.jpg

夕方近くになってもナツは元気で昼寝する気配もなく、そのまま買い物へ。「ニングルテラス」という小さなログハウスがいくつも並ぶ、森の中のショッピングスポットです。
ナツはこの中の木で作った楽器のお店が気に入って、小鳥の笛を買いました。
お店のお姉さんが紐を付けて首からさげてくれ、旅行の間中気が付けば吹いてました。
d0065459_2595393.jpg

今までは旅行に行ってもナツは連れて来られているという感じで、いまいちお客さん状態だったのですが、今回はとても楽しんでくれたと思います。
生き生きとした顔がたくさん見れて、私も幸せでした。

by mineyom | 2008-10-02 03:01 | ナツの毎日