主治医からの衝撃的な提案

先週の土曜日、てんかんの定期検診でした。
今、タイ人の小児脳神経の先生に掛かっていて、この日は2回目の検診でした。
まず血液検査をして、数値の確認。
お薬の血中濃度は問題なしということで、薬もそのままの量で継続となりました。
結局、日本で飲んでいたのと全く同じ種類と量を飲んでいます。

さて、問診があり、日本語通訳のかたが付いてくれるので、やり取りはスムーズで、ナツの学校の様子などいくつか質問をされたあと、そう言えば、もう生理は来ましたか?と聞かれました。

実はナツは、タイに来てすぐに初潮を迎えました。
背はあまり高くありませんが、ややぽっちゃりで体重も結構あるので、いつ来てもおかしくはなかったのですが、正直私は、なるべくゆっくり来てくれ~と祈ってました。

私の思いに反して早めのスタートでしたが、それも、タイへ来て、大きく環境が変わったせいもあるかもしれません。

先生に「はい、4月から始まっています」と答えると、先生は「じゃあ、手術したほうがいいですね」とさらりと言われました。
手術。
わぁ、来た来た。本当に言われた!と思いました。

実はこの手術に関して、前もってお友達から聞かされていました。
彼女は在タイ年数も長く、障害のある子の状況もよくご存じです。
彼女が言うには、タイでは障害のある女の子は、生理がくると、手術をして、生理を来ないようにしてしまうそうです。
それが、割りと一般的にされているのだとか。

将来子どもを生むわけではないから、必要のないものと捉えられているようです。
生理の始末の苦労もしなくていいし、万が一暴行事件などに巻き込まれても、妊娠の心配もないと、メリットが多いと考えられているみたいです。

残念なことに、タイでは女の子を狙った暴行事件も少なくなく、特に障害のある子達は自分で身を守ることができない上、妊娠しても育てることができないから、自衛策だと考えられてもいるようです。

言っていることはわからないでもないですが、最初にこの話を聞いたときは、かなり驚きました。
日本ではそんな話聞いたことなかったし、それが普通に行われているということにびっくりしました。

しかし冷静に考えてみると、確かにナツは将来子どもを産む可能性はほとんどないだろうし、そうであれば毎月の生理は無駄。。。。
生理の始末は今、一生懸命教えているところですが、やはり覚えるのにも時間が掛かる。
面倒なだけのものに時間を掛け、これから何十年も意味のない苦労をさせるのか・・・と思ったのも確か。
しかし、じゃあ手術を受けさせよう!と割りきれないのも本当で。

本人が決めることは出来ないから、親が判断するしかないのですが、そんなこと勝手に私がやっちゃっていいのかなとも思います。
そんなふうにいろいろ考えたら、いっそ知らないほうが良かったな・・・と思ったりして。

しかし秘密裏でもなんでもなく、本当に病院の診察で普通に提案されるのには、やっぱり驚きました。
本当に当たり前のことになっているんだなぁ。

しかも、手術の説明で、「子宮を取る手術です」と事も無げに告げられて、二度びっくりしました。
子宮を取るって?!
そんなこと聞いてないよ!

お友達には、小さく穴を開けて、パチンパチンと切って、子宮を浮かべておくだけの手術だよと聞いていたので、つまり卵管を切るってこと?と思っていたのです。

簡単な手術ですよとそのあと言っていたので、通訳さんの日本語能力があまり高くなくて、単に間違えただけだのようですが、そこは正確に訳してもらわないと・・・。
いきなり子宮とりますとか怖いよ!

すぐに決めなくても、日本の先生と相談してもらってもいいですよと言われましたが、一体日本の先生は、この話を聞いて、なんて言うんだろう~。
とりあえずこの日は、わかりました~と言って帰ってきました。

家に帰って夫に話すと、夫も衝撃を受けてました。
そして、そんなこと絶対出来ない!と。
だって将来子どもを産む可能性がないなんて本当に言えるのか、ということらしいです。

夫はナツに対して夢を見ているところがあって、この障害がいつか治るかもと思っている節があります。
ナツの障害は、今のところ原因不明なのも一因かも。

ナツの障害が治る可能性はかなり低いと思うけど、私にも絶対治らないとは、確かに言えない。
将来驚異的に成長して、子どもが欲しいってなったときに、もう産めないって言えるのか、と言われたら、私だってそりゃそんなこと100%絶対ないよ~とは言えない。
一度手術しちゃったら戻せないことも、悩む原因ですな。

それと私は、手術することによって、他のところに影響は出ないのかということが気になりました。
特に成長期。
年齢と共に体が変化して、自然に生理が始まったものを、無理矢理止めるのは不自然なこと。
不自然なことをすれば、その影響がどこかに出てしまうのではないのかなと不安に感じます。

この手術って、世界的にも一般的なのでしょうか。
日本は生殖に関して、人の手を入れることは、全般的に消極的ですよね。
ナツを妊娠したときにシンガポールにいたので、その時も感じたんですが、当時シンガポールではトリプルマーカーテストが妊婦検診の一貫として当たり前に行われていて、羊水検査も推奨されていました。
そして検査で陽性なら堕胎しますと当然のように言われ、驚きました。
それを合理的という言葉で説明されていましたが、その時はわかったようなわからなかったようなモヤモヤとした思いだけが残りました。

日本にいるときは、日本って保守的だなあって思うこともいろいろありましたが、今思うのは、合理的という言葉だけでは片付けられないことはいろいろあるし、日本的な考え方も悪いものではないかなということです。
そう思うのって、やっぱり私が日本人だからなのかな。

とりあえず手術については、すぐにどうこうとは思っていません。
やらない可能性が高いですが、いろんな方向から考える機会にしようかなと思います。

by mineyom | 2014-10-13 10:56 | タイ生活 病院

中学校問題 その5 ショック

先日見学に行った、スペシャルニーズのインターナショナルスクール。
先生も親身になってくれて、いい感触だったのですが、今日ショックな話を聞いてしまいました。

見学時に校内を案内してくれて、話を聞いてくださったそのヘッドティーチャーが、学校を辞めてしまったそうです。
ぜひトライアルに来てね!って何度も言ってくれていたのに。
突然、そんなにあっさり辞めてしまうなんてびっくりです。
まぁ、もちろん他にも先生はたくさん残っているのですが。

しかし、トップの先生が急に辞めてしまうってどうなんでしょう。
後任のヘッドティーチャーがどんな方かわからないので、ちょっと不安です。
良い先生だったらいいのですが・・・。
トライアルはもちろん行くつもりでしたが、またしっかり話を聞いてこなくっちゃ。

スペシャルニーズの学校は、他にもいくつかあるようなので、そちらも見学に行きたいと思っています。
また、インターナショナルスクールだけでなくて、タイの特別支援学校のような学校もあります。
こちらは使用言語はタイ語で、絵を描いたり、染め物をしたりと作業中心だそうです。

日本語の上に生活の中でタイ語を耳にし、更に英語が入るのは負担が大きいかなとも思ったので、日本語とタイ語の2か国語に絞るのもいいかと思い、こちらの学校も候補にしていました。
しかし、日タイハーフのお子さんを通わせている方に聞いたところ、今は定員いっぱいで、空きがないそうです。
しかも入れるのならタイ人のお子さんが優先だそうで、外国人が入るのは難しそうです。
まぁそりゃそうですよね。
タイのお子さんのために作られた学校ですものね。

日本でも特別支援学校は満杯状態のところが多いですが、どこも希望者に対して、施設が間に合っていないのは同じですね。

しかも最近良い先生が辞めてしまって、いまいちな先生ばかりになってしまったそうです。
この点に関しても、どこも先生の定着率はあまり良くないんでしょうかねぇ。
まぁこちらは、日本人学校の先生でも、2~3年で日本へ帰国してしまって、次々と変わってしまいますからね。
継続的な教育というのは、なかなか難しいのかなぁ。

by mineyom | 2014-10-11 18:55 | タイ生活 就学(中学校)

できるもん!

今、ナツのクラスでは、理科の時間に実験をしていて、子ども達に大人気だそうです。

先日は卵を使った実験。
ゆで卵の実験だったようですが、最初に生卵と比べるために、実際に卵を割ってみようという流れになりました。

いつもは前のめりに実験に見入っているみんなの後ろで、控えめに眺めているナツ。
しかし卵を誰に割ってもらおうかなぁと先生が見回した瞬間、いつもにはない素早さで、スススっと前に進み出てきたのだそうです。
珍しいナツの様子に先生もびっくり。
なっちゃん割ってくれる?と聞くと、卵なら私に!とばかりに強く頷いたのだそうです。

そして卵は上手に割れ、ナツは非常に満足そうだったそう。
ほとんど前に出てくることがなく、クラスではこれやりたいという自己主張も薄いナツ。
卵割るのだけは、自信満々だったんだろうなぁ。
いつも家でやっているので、これは私得意だからと思っていたんだと思う。
この役目だけは誰にも譲れないと思ったのかな。

卵割りに気を良くしたのか、そのあと実験結果の発表もしたそうです。
発表自体は、先生に言葉を引き出してもらって言えただけですが、自分から発表しようと思ったことがすごい。

ナツは初めてのことが苦手で、自信がないことはやりたがらないことが多いです。
卵割りの話を聞いて、これなら私できる!ということを、もっともっと増やしてあげないといけないな思いました。
それが積極性にも繋がっていくんだと実感しました。

できることを増やすって、現実的に将来の役に立つというだけでなくて、自信をつけさせるという意味でも、非常に大切なことなんだな。

by mineyom | 2014-10-09 10:47 | タイ生活 学校

運動会の練習

来月、日本人学校の運動会があります。
練習もすでに始まっていて、ナツも交流級に混ざって練習をしています。

ナツが出る種目は、徒競走、騎馬戦、組体操の3つ。
組体操は、去年日本の学校で一応経験していますが、どれもハードルの高いものばかり。
果たしてどこまで参加できるのか?気になってました。

支援学級の先生は、なるべく交流級のみんなと一緒にやらせてあげたいと、ナツなりの参加の方法を考えてくれました。
しかし、6年生ともなれば、みんな体も大きいし、運動能力もナツとは雲泥の差で、なかなか一緒に参加するのは難しいです。

騎馬戦は、下に2人組んで、その上に1人乗るところに、ナツと担任の先生は、下2人の後ろに2人並んで立ち、4人の馬のような形になり、一緒に走るそうです。
馬としては全く役に立ってない上、きっとついて行けず、置いてけぼりにされそうな…。
先生と二人で、まって~と騎馬を追いかける姿が目に浮かぶようです。

組体操も、やはり担任の先生と2人組を組んで、やれるところだけチャレンジするそうです。
私的には、隅でポーズ取ってればいいですから~という心境なんですが、先生がなるべく参加できるようにと工夫してくださっているので、お任せしました。
支援学級のほかの5.6年生の子達は、交流級のお友達とペアを組むそうで、先生は、なっちゃんは私とですみませんと申し訳なさそうでしたが、ナツの運動能力的にそれは難しいし、しっかりやらないで相手のお子さんに怪我でもさせたら大変なので、一緒に参加できるだけで充分ですとお話ししました。

というか、返ってそれって先生が大変ですよね?
逆立ちの練習もしましたと言ってましたが、それってほとんど先生の腕力で持ち上げてますよね?ナツはすんごい重いですよね?
担任の先生は、若い女性の先生なので、体力はありそうですが、背はナツと変わらないくらいの可愛らしい先生です。
先生の負担が大きそうで、本当に申し訳ない・・・という感じです。
ナツも、自分で最大限がんばってね!!!

徒競走だけは、1年生のころから毎年やっているので何とかなりそうですが、そこは世界一のマンモス校の日本人学校。
徒競走もかなり壮絶だそうです。
どんどん進めないと、人数が多すぎていつまでたっても終わらないので、前のグループがゴールするのを待たずに、次から次へとどんどんスタートしてしまうのだそうです。
ナツ大丈夫か。。。

ナツはものすごく足が遅いので、そんな状態だったら、次の次の次くらいのグループにまで抜かされて、子どもたちに巻き込まれてどっかいっちゃいそう。

それではほかのお子さんの邪魔になって危ないし、ナツ自身も恐れをなして立ち止まって走れなくなってしまうかもしれません。
先生には、それじゃ一番端のコースにしたり、必要だったら伴走したりしますね、と言われました。

とにかく日本人学校の運動会は、どなたに聞いてもかなり過酷なようです。
ものすごく暑いうえ、保護者もいっぱい、子どももいっぱいで、応援に行っても全然見えないそうです。
子どもに目立つ色の靴下を履かせたりしても、そんなものは全く役に立たず、運動会見に行ったけど、結局自分の子がどこにいるかわからなかった~、写真も全然撮れなかった~という方が、結構いました。

当日はあまり暑くないといいんですが。
親も子も大変そうな運動会ですが、練習は今のところ楽しく参加してるみたいなので、最後までばてずに頑張ってほしいです。

by mineyom | 2014-10-08 12:39 | タイ生活 学校

ギンジェーに挑戦

タイへ来て、ちょうど半年が経ちました。
すっかりタイ生活にも慣れ、毎日を楽しめるようになって来ました。
そんなわけで、タイのイベントにも参加してみました。

今タイは、ジェー(菜食週間)です。
9月24日から、10月2日までの約10日、肉、魚介類、卵、乳製品、臭いのきつい野菜(にんにく、玉ねぎetc.)などを避け、食べません。
「ギン」は、タイ語で「食べる」の意で、「ギンジェー」は「ジェーを食べる」ですね。

タイの方みんながやっているわけではありませんが、この期間、コンビニやスーパーには「ジェーコーナー」が設置され、ジェーに則って作られたお弁当やお惣菜、パンやお菓子などが並びます。
ジェー商品には、こんな黄色いシールが貼ってあって、分かりやすくなっています。
これはタイ語ですが、漢字だと「齋」の字が書いてあります。
d0065459_18115882.jpg


私のタイ語の先生によると、ジェーは、菜食週間と訳されることが多いので、ベジタリアンだと思われるが、単純にそういうことではなく、根底にある考え方は「命のあるものを食べない」ということだそうです。
なのでこの期間、蚊や蟻も殺さないという人もいるそうです。

私もタイ語の先生に一緒にやってみない?と誘われ、面白そう~と挑戦することに。
せっかくタイにいるのだから、タイの習慣に浸るのも楽しいですよね。

もともと日本でマクロビをしていたので、あまり抵抗がなかったのもあります。
ここのところは、かなりいろんな物を食べてしまっていて、ゆるゆるマクロビになってましたが。
ただ玄米だけは続けていて、ここタイでもジャスミンライスの玄米を食べています。
ここ数年、バンコクではオーガニック製品が大流行で、無農薬の玄米が、わりと簡単に手に入ります。
話が逸れましたが、そんなわけで、久々に体のデトックス!とジェーに乗ってみました。

先日は、タイ語の先生にジェーのビュッフェがあるらしいから、一緒に行こうと誘われ、アリストンホテルのランチビュッフェに行ってみました。
行ってみたら、全てがジェーメニューではなかったのですが、ジェーコーナーは結構種類がありました。
ジェーをしている人もやっぱり多いのか、コーナーも賑わってました。
d0065459_1816396.jpg


ビュッフェのジェーコーナー。
d0065459_18183939.jpg

ただ肉魚を避けると、どうしても炭水化物メニューが多くなってしまうのか、意識して野菜を多めに食べないと太りそう。。。
実際、スーパーのジェー商品は、肉魚がないのを補うためか、油を多用したメニューが多くなっていて、ジェーで太る人も多いのだとか(^^;
一見ヘルシーそうだけど、意外な落とし穴。砂糖もOKだしね。
野菜と大豆製品中心で、家で作れば大丈夫なのでしょうが。

そして今日で終了の私の結果はと言えば。
完全に避けるのは難しかったですね~。
家族で一度ラーメン屋に行ってしまって、チャーシューは夫にあげたけど、スープはとんこつだし、麺にも卵入っているよね。
更に期間中に、タイ料理教室が入っていて、試食があったからこの1食だけは許して~と普通に食べちゃったし。
そして今日。
最終日で気が緩んだのか、スターバックスでカフェモカを頼んで、店員さんに「クリームいりますか?」と聞かれて、思わずはい!と言って、クリームたっぷり乗せてもらっちゃったよ。ダメダメだ~。

そんなこんなありましたが、トータルでは結構頑張ったと思います。
今年は暦の関係で、9月に閏月が入り、何と2回ジェーがあるらしいので、10月24日からの第2段、
また頑張ってみようかなぁと思います。
何だかお祭りみたいで楽しいしね。
今度は、野菜中心にヘルシーで行ってみよう。

by mineyom | 2014-10-02 18:10 | タイ生活 いろいろ