中学校問題 その7 どんでん返しなるか?

「中学校問題」の記事も、早や「その7」となりましたが・・・。
インターナショナルスクールに行こうという気持ちが大きくなっていっていましたが・・・。

どんでん返しなる?・・・かもしれません。
実はまだ、学校側からはっきり答えをもらっていなかったのです。

去年の1月、編入の相談に来たときに、現在中学部に支援学級はないので、1年しか通えませんよ。来年度も設置の予定はないです、とはっきり言われました。
なので、それについては納得ずくでタイにやってきたわけですが、せめて要望だけでもと思い、1学期の最後に、出来れば中学部に支援学級を作って欲しいと、先生に希望を伝えました。

その時は、今はまだなんとも言えない、でもここ以外の進路を考えておいた方がいいという雰囲気だったので、やっぱり望みは薄いんだな。。と思いました。
11月には来年度の編入要項がHPに出るから、その頃にはわかりますと言われ、それを待つことになりました。

そしてそのまま月日は流れ。
11月に入っても、一向に学校側から話がないので、やっぱりダメなんだとすっかり諦めて、インターナショナルスクールを真剣に考え始めていました。

しかし11月入ったのに、全く音沙汰なしはどうなんだろう?と思い、11月を数日過ぎた頃、担任の先生に「結局中学部の支援学級はどうなったんですかね?」と聞いてみました。
すると、実は私たちもまだわからないんですよねというお返事。

実は私は「11月にならないとわからない」というのは、言い訳だと思っていたんです。
支援学級を作る気はないけど、来年度の募集が始まる11月までは、言明してはいけないからはっきり言わないだけだと。
しかしまだ決まってないってことは、可能性はゼロではないってこと?
そこで始めて、よくわからない状況になってきたぞ、と思いました。

決まったらすぐお話しますからと言われたので、更に待つこと1ヶ月。
さすがにもう結果出たよねと、2学期の終わりにもう一度聞いてみたところ、「実はまだわかりません」と・・・。
結局、来年度の編入生の数がある程度確定しないと、学級編成を決められないということのようです。

2学期の終わりに、正式に結果が出るのは1月かあるいは2月になるかもと言われました。
2月って、卒業式は3月はじめだから、もう本当にギリギリなんですけど。

まぁ、インターナショナルスクールの方は空きがあるし、いつでも入れる状態だからいいんですが。
でもこの宙ぶらりんの状態、出来れば早くはっきりして欲しい~。

ここまで引っ張られると、もしかして本当に希望あるの?と思ったり、反対に散々期待させておいて、あっさり出来ませんでした!と言われるんじゃないかと思ったり。
今現在答えは出てないので、どうなるかわかりません。
う~んでも、そもそも支援学級を作る気がないなら、もっと早くあっさり出来ませんよ!って言うよね?

先生方もはっきり言えないのはわかるのですが、可能性はあるのか、実は全く可能性なんてないのか、そこが全然わからないので、本当に予想がつきません。
来年度に支援学級に入る生徒の数によるということならば、もう祈って静かに結果を待つしかありません。

しかしこんなに引っ張られるとは思わなかったなぁ。
結局、やっぱりダメですと言われるんだろうなと思いながらのモヤモヤした2ヶ月。
でもやっぱり、ナツにとっては、このまま日本人学校にいる方が楽だろうしね。
どんでん返し起こるものなら起こって欲しいです。
果たしてどっちに転ぶのか、結果はもうしばらくお待ち下さい。

by mineyom | 2015-01-08 11:15 | タイ生活 就学(中学校)

新学期、快調にスタート

昨日から3学期が始まりました。
2週間ちょっとの冬休みの間に、学校の流れを忘れちゃっているのではないかな?と、少し心配していましたが、お迎えに行ったときに先生からは「後戻りしているどころか、進歩してました!」とのお言葉がもらえました。
なっちゃん、初日から快調だったようです。

支援学級では、交流も兼ねて、自分の交流学級へ、時々お便りをもらいに行きます。
ナツも4月から時折その任務を受け、交流学級に行っていましたが、世界一のマンモス校である、バンコク日本人学校、校内もとても広いのです。
しかも6年生の校舎は奥にあるため、支援学級の教室から一番遠い。
私自身も、面談で交流学級に行ったときに、見事に迷った過去があるほどです。
校舎がいくつもあるので、分かりにくいんですよね~。

ナツもずっと先生と一緒に行っていて、2学期の途中からは、先生が途中まで送っていって、最後は自分で行くということを繰り返し、2学期の終わりに、初めて1人で行って帰ってくることが出来ました。
え~!?本当に~!?と最初は信じられなかった私。
結構ハードル高いと思っていたので。
方向音痴の私は、今でも自信ない。。。

そんな中、新学期初日に挑戦したナツは。

先生も送り出したあと、久しぶりだしとちょっと心配で、少し時間をおいてから、様子を見に行ったそうです。
すると前方からやって来るナツが。
わからなくて戻ってきちゃったかなと一瞬思ったそうですが、ナツの手には6年生の学年便りが!
おお~!やったぁと思いつつ、「先生に言った?」と聞いたそうです。

実は今回、お手紙をもらってくるのともう1つ、ミッションがあったそうで。
それは交流学級の担任の先生に、新年の挨拶をしてくること。
「あけましておめでとうございます」と書いたメモを握って出掛けたそうです。

ナツは「いった!」と元気にお返事。
「なんて言ったの?」
「あけましておめでとうございます!」
「すごい、ちゃんと言えたね!」
と、見事にミッションをやり遂げたかに見えます。

ナツが実際、交流学級の先生の前で、自分からちゃんと挨拶できたかは怪しいなぁと思いますが、今日はこの挨拶をするんだということはわかっていたようです。
朝クラスで、みんなと一緒に
「あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。」
って練習してたもんね。

それでも家に帰ってから繰り返していたのは、
「あけましておめでとうございます!
ことしも おめでとうございます!
とっても おめでとうございます!」
という、なんか惜しい~!というものでしたが。

どちらにしても、スムーズに交流学級に行って帰ってきたのは偉かった。
このまま調子よく行ってほしいな。

小学校生活最後の学期、いよいよスタートです。

by mineyom | 2015-01-07 17:45 | タイ生活 学校

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
2015年がスタートしましたね。
2週間ちょっとあった冬休みも今日で終わり、明日から新学期が始まります。

昨年はタイへ引っ越しすることが決まり、このブログも2年もの沈黙を破り、再開させていただきました。
そもそもこのブログは10年前、シンガポールでの生活の様子を、日本の家族や友達に伝えるため、2歳のナツを主人公に始めました。

そして再び、海外で暮らすことになり、離れている人達に向けて、ナツは元気ですよと伝えるツールとして復活しました。
初心にかえって、引き続き更新がんばりたいと思います。

しかしこのブログ、役立ちそうな生活情報やグルメ情報はほとんどありません。
シンガポールの時は、まだグルメ記事も結構あったんですけどね。

今回このブログは、「障害のある子を海外で育てるとこんなことが起きる」というのをテーマにしているので、今後もタイお役立ち情報はあまりないかもしれませんが、これからもナツを主人公に、タイならではの出来事を綴っていきたいと思います。

しかし、昨年は怒濤の一年でした。
この年になって、また初めてのことだらけの生活になるとは思いませんでした。
いいように翻弄された一年でしたが、それもようやく落ち着いてきましたので、今年はもう少し余裕をもって生活できるのではないかと思います。

今年も親子で、まったり楽しく過ごしていきますので、2015年もどうぞよろしくお願い致します。

by mineyom | 2015-01-05 17:44 | タイ生活 いろいろ